【納得!】「個人で稼ぐ時代が来た」と言われる3つの理由

 

【今回のお悩み】

個人で稼ぐ時代が来たってどういうこと?

 

インターネットが普及したから?

それだけが理由じゃありません。

 

この記事を読むメリット

個人で稼ぐ時代が来たと言われる理由が分かります!(/・ω・)/

 

 

個人で稼ぐ時代が来たと言える3つの理由

その理由とは次の3つ!

 

  1. マーケティングがマスからダイレクトへ
  2. 個人が活躍できるフィールドが増えた
  3. 資金ゼロでビジネスを始められる

 

マーケティング?何それ?

それはあとで説明するので、今はとりあえずスルーでOKです(/・ω・)/

本題に入るまえに、「よくある重大な勘違い」についてお伝えしておかなければいけません。

 

 

勘違い:個人で稼ぐ時代=稼ぐのがラク

よくある勘違いとは、個人で稼ぐ時代になった=稼ぐのがラクになったという勘違い。

これはホントによくある勘違い。

たしかに仕組みをつくったら、あとで楽に稼げるようになります。

でもそれまでの道のりが楽なわけじゃない。

 

たとえばブログビジネスの場合、約9割が1年で「0円 ~ 1万円」しか稼げません!(僕も1年で月1万程度)

そもそも1年続けられずにやめる人がほどんど。

自分で稼ぐのって思いのほか時間がかかるんです。

でも、苦しい時期を乗り越えられれば、月収100万も普通に目指せる世界。

 

さて、前置きはこのくらいにして、ここからは「個人で稼ぐ時代が来たと言える3つの理由」について解説していきます(/・ω・)/

 

①マーケティングがマスからダイレクトへ

これこそが、個人で稼ぐ時代が来たと言われる一番大きな理由。

 

マーケティングとかマスとか、ダイレクトとか全部よくわからん!

 

というあなたのために、ひとつずつ簡単に説明していきますね。

 

マーケティングとは?

まずマーケティングというのは、「商品が売れる仕組みをつくること」を言います。

 

いや、それだけじゃ何が何だか・・・

 

では、お店で商品が売れるまでの流れを考えてみることにしましょう。

 

商品購入までの流れ

 

え、全部マーケティングなの?!

 

そのとおり!

商品開発からアフターフォローに至るまで、すべてがマーケティング!

 

  • 何を売るか?
  • どういうお客さんに売るのか?
  • もっと売るためにはどうするか?

 

こういうことを考えて戦略を練ったり、売上げを改善することさえも、ぜんぶマーケティング!

 

 

マスマーケティングとダイレクトマーケティング

マーケティングについての概要はOKですね?

次は、「マスマーケティング」と「ダイレクトマーケティング」との違いを解説していきます!

 

まず「マス」とは大衆、つまりお客さん全員のこと。

そして「ダイレクト」は個別、ひとりひとりのお客さんのこと。

ここまではいいですか?

ではこの2つの違いをもっと具体的に。

 

マスマーケティングは、チラシを配ったり、テレビCMで宣伝したり、多額のお金を投資して不特定多数のお客さんにアプローチする手法。

昔はこれが一般的でした。

 

しかしそこへ、インターネットが登場!

情報技術が発達したことにより、特定のお客さん(個人)だけを狙って集められるように!

これが、ダイレクトマーケティング。(「ダイレクトレスポンスマーケティング」とも言います)

 

どうやって特定のお客さんを集めるか?

ブログやホームページからです。

あなたはが何か商品を買おうとしたときどうしますか?

まずインターネットをつかってキーワードを検索しますよね?

 

ということは、お客さんが検索するであろうキーワードをブログ記事やホームページに含めておけば、お客さんのほうからこちらへやってくることになります。

このことが何を意味するか?

「コストゼロ」でお客さんを集められるようになりました。

つまり、「個人でビジネスを開始すること」のハードルが大幅に下がったということです。

 

 

②個人が活躍できるフィールドが増えた

次は2つ目の理由。

この話をするのに、「ニーズの多様化・細分化」について理解しておく必要があります。

 

今や僕たちの生活に足りないモノ、つまり「これがなきゃ困る!」って商品がお店に並んでないことはないですよね?

これをニーズが満たされた状態と言います。

 

チョコレートの例で説明しましょう。

チョコレートがあまり出回っていない時代は、チョコレートを食べられないひとがたくさんいました。

そこには、「チョコレートを食べたい!」というニーズがあったんです。

 

でもいまはチョコレートを食べられないひとはいない。

つまり、「チョコレートを食べたい!」というニーズは満たされたのです。

 

ニーズが満たされた状態になると、先ほど言った「ニーズの多様化・細分化」が起こります。

一番わかりやすいところで言えば、味。

ストロベリーとか抹茶とか、いろいろな味のチョコレートが出てきましたよね?

最近ではカカオ〇%という健康に訴求した商品まで出てきました。

 

これがニーズの細分化・多様化。

それで、ニーズの多様化・細分化が進むとどうなるか?

 

商品が多くなりすぎて、企業だけでは対応しきれなくなります。

そこに、「個人が活躍できるスペースが現れた」ということです。

 

具体的な例をあげるなら、Amazonマーケットプレイス。

Amazonでは、膨大な数の商品が販売されていますよね?

ところがその膨大な数の商品を、Amazonが独自に仕入れているわけではありません。

そんなことをしようとしたら、とてもAmazonの社員だけでは対応できません。

 

Amazonは発送業務や在庫管理といった業務に特化し、商品の仕入れは個人や法人に任せることで、膨大な数の商品を取り扱えるようになったというわけです。

これによって、ネットショップを立ち上げなくても、個人が仕入れて販売するということがとても容易になりました。

大手企業のシステムにぶら下がって「個人がビジネスをする」ということがごく当たり前になってきています。

 

もちろんそういうシステムに頼らずとも、ブログなどの個人メディアを使って、「独自のコンテンツやサービス」を開発・販売していくこともできます。

インターネットが普及したことによって、信じられないくらい個人が稼げるフィールドが増えたのです。

 

 

③資金ゼロでビジネスを始められる

最後、3つ目の理由。

パソコン1台とネット環境さえあれば、お店を構えなくてもビジネスが始められます。

従来の実店舗経営に必要だった、「開店資金」が不要となりました。

 

これはかなり大きなメリット!

「経営に失敗して多額の借金を抱える」というリスクは、実質ゼロになりました。

金銭的に失敗する恐れがなければ、ビジネスに失敗したところで痛くも痒くもありません。

何度でもチャレンジすることが可能!

 

「成功とは、成功するまでやめないこと」なので、チャレンジし続けていたらいつかは成功します。

リスクがないのなら、チャレンジしない手はないですよね?

 

 

情報革命の波に乗っかれ!

個人で稼ぐ時代と言われる3つの理由をおさらいしておきましょう。

 

  1. マーケティングがマスからダイレクトへ
  2. 個人が活躍できるフィールドが増えた
  3. 資金ゼロでビジネスを始められる

 

このすべての背景にあるのは、「情報革命」です。

人類は、資源を集めて文化を生み出したり、技術を発達させたりしてきました。

 

その資源とは、「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つ。

これまで、ヒト・モノ(カネ)の順に「農業革命」、「工業革命」ときて、今は「情報革命」の真っただなか。

「情報」という資源を集めて、発達させている最中なのです。

 

農業革命の時代は「ヒト」に価値があり、工業革命の時代は「モノ」に価値がありました。

ということはいまは「情報」が、もっとも価値があって、流通量も多いんです!

もっと簡単に言うと、「稼ぎやすい」ということです。

ブログを始めたり、せどりを始めたり、こういうひとが年々増えているのは、それが今儲かりやすい産業だからです。

 

 

あなたも、情報革命という時代の波に乗り遅れないようにしましょう!(/・ω・)/


あなたにふさわしいのは、どんな人生?

 

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

 

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむアラフォー目前の社畜。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。