【本当に?】教育の本質は洗脳。サラリーマンは洗脳され飼われている

ずーかま

こんにちは、ずーかま(datsusalaryman)です!

 

僕の知り合いが勤めている某有名企業では、新入社員研修で、

まるで軍隊のような訓練

をさせられるそうです。

 

毎日声が枯れるまで叫ばされ、ろくに食事も睡眠時間も取れない。

こんな状態が、1ヶ月だか2ヶ月続くらしいです。

これ、人間にすることですか?(笑)

 

まぁたしかに、

新社会人の学生気分が抜けきらないのは否定しません。

僕も入社した当時は、学生気分でぬる~い仕事をしてましたからね。

しかしこの訓練のように、

個人としての尊厳を奪うような扱いはいかがなものでしょうか?

 

訓練に適合できない人は、

精神を病んでしまうか、自らやめていくのでしょうね。

せっかく就職できたのに・・・(いや、辞めれてよかったのかも?)

 

こんなことをして生まれるのは、

個性の死にたえた、会社の言いなり人形。

会社からしたらそれが目的なのでしょう。

 

こういった訓練がある会社は、極端な例かもしれません。

しかし、どの会社もやってることは似たようなものです。

人材教育という大義名分のもと、

長い時間をかけてじっくりと会社好みの人間に洗脳していくからです。

 

「遅くまで残業したヤツが偉い」

「頑張っても報われないのは仕方ない」

「まだうちの会社は恵まれているほうだ」

 

入社したときには疑っていたこれらの常識も、

次第に受け入れるようになっていきます。

それがゆがんだ常識とも知らずに。

 

実は僕も、そのように会社に洗脳されてきたうちのひとり。

長い時間かけて刷り込まれた考え方は、

なかなか変えることができませんでした。

 

ふとしたときに、

「何か行動を起こさなきゃ!」

と思うことはあっても、すぐに

「ムリだ・・・」

と思ってしまうのです。

 

ひとたび「ムリ」と暗示をかけてしまえば、

今後もしばらく行動せずに終わることが確定します。

またしばらくして行動を起こしたい衝動が起きても、

その度に自分で「ムリだ」とかき消します。

そんなことを、何年も繰り返します。

 

それでも、唯一取れた行動があります。

「転職活動」です。

結果は・・・無念(笑)

 

その結果を受けて僕が導き出した結論は、

「今の会社での頑張りが足りないんだ!」

 

転職に逃げようとして失敗し、

なぜか結果的に、より会社のために頑張る人材に・・・。

完全に頑張る方向を間違えました。

頑張っても頑張っても報われないことを、知っていたはずなのに。

 

まぁ結果として、仕事はできるようになりました。

周りから一目置かれるようにもなりました。

褒められることは、うれしい。

でも、ただそれだけ。

 

たしかに「頑張りが認められた」という意味では、

報われたと言えるのかもしれません。

しかし、本当に求めているのはソレじゃない。

 

「本当に得たいのは、金銭的・時間的な自由だ!」

 

この欲求に気づいたのは、

入社してから10年以上が経過してからでした。

 

そのときようやく、洗脳が解けました。

よくよく考えてみれば、

あのとき転職できていたとしても、洗脳する側の人が変わるだけ。

転職先の会社の考えに、新たに書き換えられるだけのことです。

 

ただ、洗脳が悪いとは思いません。

教育とは、洗脳のなせる業だからです。

なので、何かしら考えや価値観を変えたいときには、

自ら洗脳されにいくのもアリ。

 

しかしサラリーマン社会の教育は、

あなたの人生をよりよくするための洗脳ではありません。

あなたを、会社の奴隷にするための洗脳です。

 

中でも「サラリーマンは安定」というやつは、

日本国民の9割以上がかかっている深刻な洗脳です。

 

物心ついたときから、この洗脳は始まります。

先生や親から言われ続けるので、なかなか解くことができません。

僕が転職という行動に出てしまったのも、このせいでしょう。

 

残念なことに、この洗脳を解くカギはあなたの中にしかありません。

僕にできることは、

せいぜいあなたがこの洗脳を解くきっかけをつくることだけ。

あとは、あなたが気づくか気づかないかにかかっています。

 

僕はサラリーマンを続けることが、

あなたの人生をよりよくすることはあり得ないと確信しています。

 

会社の文句ばかり言いながら、

嫌々サラリーマンやってる先輩たちを見れば分かります。

 

文句を聞くフリして、

「仕方がない」と受け流す上司たちを見れば分かります。

 

僕はそのどちらにもなりたくありません。

 

「仕事に主体性を持て!」とよく言われます。

しかし、真に主体性を持つべきなのは、

 

「自分の人生」

 

ではないでしょうか?

あなたは、どのような人生を歩みたいですか?

 

あわせて読みたい

 

現在35歳、
人生に行き詰まりを感じているあなたへ

そんなあなたにぜひ見てほしい、
無料の動画があります。

35~40歳は、今後の人生を左右する大事な時期。

大事な時期であるにもかかわらず、行動できないひとは大勢います。

「稼がなければ」とおもいつつも、稼ぐプランが見当たらない。

「このまま行ったらどうなるか」が見えているのに、具体的なアクションが取れない。

「いまはなんとかなってるけど、子どもを大学に通わせるにはどうしたらいいか・・・」
目先のことに集中し、考えることから逃げてしまう。

この全24時間の無料の動画は、
そんなあなたの人生の行き詰まりを解消し
行き先を示してくれるでしょう。

だからこそ言わせていただきます。
人生を変えたいとおもっているひと以外は見ないでください。
動画を見る時間がムダになるからです。

テレビでもゲームでも、好きなことをやっていたほうが有意義な時間を過ごせます。

でもあなたが本気で人生を変えたいなら、
必ずやあなたの力になってくれる。

そんな内容になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむ34歳サラリーマン。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。