アフィリエイト1本で生活するために知っておくべきたった1つのこと

 

正直なところ、

報酬単価の低い商品をちまちまアフィリエイトしていても、あまり稼げません。

もちろん稼いでいる人もいますが、相当量の作業が必要になります。

時間の限られた副業では難しいでしょう。

 

アフィリエイト初心者には、「グーグルアドセンス」が人気。

広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生するからです。

しかしこれがまさに、報酬単価の低い商品です。

 

取り組みやすいからという理由だけで選んでしまうと、

稼げなくてあとあと後悔します。

アドセンスがどれくらい稼げるかと言うと、

10万アクセス集めたら、平均3万円 くらい。

 

でもこれだと、

現職をやめて生活していけるだけのお金(20万)を稼ぐとなると、

約60万アクセス が必要になってきます。

 

60万アクセス集めるのがどれだけ大変か知ってますか?

なんだか達成できそうな気がしたら、それは間違いです。

相当厳しいです。(というかほぼムリ)

 

一昔前のブログ人口が少なかった頃ならまだしも、

今やブログビジネスは激戦区。

個人が莫大なアクセスを集めるのはムリがあります。

 

10万アクセスでさえ、限られた人のみがたどり着ける境地。

60万アクセス なんて夢のまた夢。

 

しかも60万アクセス集めたところで、20万円程度の収入。

これで生活していけるかといったら、家庭を持ってる人は厳しいですよね。

なにより、アドセンスはビジネスとして不安定です。

 

大量のアクセスを集めるには、

ブログ記事にトレンド(流行)を取り入れることが必要不可欠。

 

しかし、トレンドは諸刃のつるぎ。

大量のアクセスが得られる可能性がある代わりに、

情報の旬が過ぎればアクセスは激減。

 

アクセスを減らさないためには、記事を書き続けなければいけません。

ひとたび手を止めてしまえば、

「いつ収入が減るだろうか・・・」

という恐怖におそわれます。

これでは精神的にもよくありませんね。

 

それに、最近では企業もネットに進出し始めています。

企業は資金が豊富です。

金にものを言わせてアクセスをもぎ取っていきます。

この戦いに、個人が勝てるわけがありません。

負け戦もいいところ。

 

なので個人は、

少ないアクセスでも稼げるビジネスモデルを目指すべき。

つまり、

「報酬単価の高い商品を選べ!」

ということです。

 

報酬単価が高ければ、少ないアクセスでも十分な利益が見込めます。

アドセンスが 60万アクセスで 20万円 だったのに対し、

報酬単価の高い商品をアフィリエイトすれば、

1万アクセスで 20万 稼ぐことも十分可能です。

 

その差なんと、60倍!!

 

作業量の差も、それくらいあると見るべきでしょう。

つまり、アドセンスで高額報酬の商品と同じだけ稼ごうすると、

めちゃくちゃ作業する必要があるということです。

 

アドセンスで大きく稼ぐには外注化(組織化)が必要。

と言われる理由がここにあります。

個人で大きく稼ぎたい場合、

どういう方向性で行くべきかはもう明白ですね。

 

ところであなたは、「情報商材」というものを知っていますか?

情報商材は、その名のとおり情報が商品です。

動画だったり、レポートだったり、

オンラインでの対面コンサルがついている商品もあります。

この情報商材こそ、報酬単価の高い商品の代表格です。

 

情報商材をアフィリエイトすると、

1件につき、1万円前後の報酬

がもらえることもめずらしくありません。

その報酬の高さから、怪しさを感じる人も多いでしょう。

しかし、報酬が高いのにはちゃんとした理由があります。

 

なぜこれほどの報酬単価を実現できるのか?

それは、開発コストがほぼゼロだからです。

もちろん、つくるのに時間はかかります。

でも必要なのは、時間だけです。

 

しかし、つくり終えてしまえば、

形あるモノのように、工場などで生産する必要がありません。

何度でも使いまわせます。(コピペ)

 

つまり、

コストゼロで商品を大量生産しているのと同じこと。

そして売上げは丸々利益になります。

売れば売るほど利益が膨らんでいきます。

 

販売者がアフィリエイターに商品紹介を依頼するメリット?

それは、商品をたくさん売ろうとしたとき、

自分だけで売っていたのでは限界があるからです。

たくさんお客さんを効率的に集めるには、

アフィリエイトが適しているのです。

 

たとえば販売者が、3万円の情報商材を売るとします。

1つ商品が売れれば、3万円の利益になりますよね?

この中から1万円を報酬として渡すことを条件に、

商品紹介してもらっても、手元に2万円の利益が残ります。

 

つまり、アフィリエイターに1万円払ってでも紹介してもらい、

お客さんもたくさん集めたほうが、結果的に儲かるということです。

これが情報商材の報酬が高い理由です。

報酬の高さに怪しさを覚える必要はありません。

 

とはいえ、あなたはまだ「情報商材」という言葉になじみがないし、

きっとまだ怪しいと感じてますよね。

僕もそうでしたし。

 

これはもう、実際に体験してみるしかないです(笑)

体験したことのない商品はアフィリエイトすべきではない

という理由もあります。

 

商品の中身をよく知らずにアフィリエイトするとします。

その商品がもし品質の悪い商品だった場合、

あなたの信用が失われてしまうからです。

 

いい商品だと確信できてはじめて、スタートラインに立てます。

しかし、これはあくまでスタートラインに立っただけのこと。

葛藤はまだまだ続きます。

 

もともとは自分ですら怪しいと感じていた商品です。

他人に売っていいのかどうか、

なかなか決心がつかないのが普通です。

 

僕の場合、売ることにまったく抵抗がなくなったのは、

アフィリエイトを始めてから半年も経った頃でした。

しかしそこからは真剣に紹介するようになり、

ポツポツと売れるようになりました。

 

このように情報商材を扱う場合、

売ることへの心理的ハードルが高くなる

ことは理解しておきましょう。

 

それでもなお、情報商材に抵抗があるのなら、

他にも報酬単価の高い商品はあります。

 

「月額制の商品」です。

無料で試してもらえれば契約してもらう自信のある商品や、

契約期間にしばりのある商品などがこれに当たります。

 

これらの商品も情報商材と同じく、

高額の報酬を支払っても、元が取れるビジネスモデルになっています。

いわゆる、「損して得を取る」タイプのビジネスモデルですね。

こういった商品をアフィリエイトするのもひとつの手でしょう。

 

まとめると、

資金力の低い(広告にお金をかけられない)個人は、

報酬単価の高い商品をアフィリエイトし、

少ないアクセスでも稼げるビジネスモデルを目指そう!

ということでした。

参考にしてみてください^^

 

 


あなたにふさわしいのは、どんな人生?

 

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

 

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむアラフォー目前の社畜。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。