【ムリゲー・・・】働いても働いても生活が楽にならないサラリーマン

ずーかま

こんにちは、ずーかま(datsusalaryman)です!

 

【今回のお悩み】

働いても働いても生活が楽にならない!

 

一生懸命働いてもちっとも生活が楽にならない。

まるで、出口の見えない暗いトンネルの中にいるみたいな感覚ですよね。

 

この記事を読むメリット

働いても働いても楽にならない理由がわかり、「これからどうすべきか?」が見えてきます!(/・ω・)/

 

「働いても働いても楽にならない」の解決策

結論から言うと、自分で稼ぐという発想を持つ!

つまり、副業から始めて起業することです。

生活を楽にする答えは、ここにあります。

 

でもなぜ自分で稼がないと生活が楽にならないのか?

それには次の3つの理由があります。

 

  1. 給料が少なすぎる
  2. モノが高すぎる
  3. お金の価値が下がっている

 

順番に確認していきましょう!

 

 

①給料が少なすぎる

身を粉にして働いたところで、ちょっとでも贅沢しようものなら即座に家計が厳しくなってしまいますよね?

ハッキリ言って、給料が少なすぎるのです。

子どもを大学へ進学させようものなら、自分たちの老後の暮らしと引き換え。

家計費をいくら見直したところで、この結果は変わりません。

 

転職に希望を託そうにも、こういう事実に気づき始める頃には転職適齢期を過ぎてしまっています。

残された道は、定年を過ぎても働き続けること。

これでは夢も希望もありませんが、日本の未来はこうなる可能性が高い。

僕も家を買ったときには、「65歳まで働かないといけないなぁ」なんて覚悟したものです。

 

 

②モノが高すぎる

知らず知らずのうちに、モノの値段が上がってませんか?

ところがジワジワと上がるので、みんな感覚がマヒしちゃってます。

でも軽自動車なんて、いつの間にか200万が普通になってる。

 

・・・買えるかっ!

ちょっと前まで、100万円で買えた気がするんだけど。

ではその分給料上がってるかと言うと、もちろん上がってません。

 

つまり(世界的な)物価の上昇に、(日本の)給料の上昇がまったく追いついていない!

地方なので移動に車が必須で、今車が壊れたらどうしようといつも不安です。

 

食材もお菓子も気づけば倍くらいの値段に。

年を追うごとに、確実に生活は厳しくなっていってます。

毎年昇給はするのに、なぜだか貯金はたまりません。

終わりのない旅をさせられてるような気分。

 

それでも大企業であれば、一気に基本給が上がるタイミングがあるみたいですが、中小企業にはそんなオイシイ話はない。

出世しても見返りはわずかで、やらなきゃいけないことが増えるだけ。

我慢して10年耐え忍んでも、ちっとも豊かになった気がしません。

家なんか買った日には、自分の将来と引き換えです。

 

 

③お金の価値が下がっている

モノの値段があがってるということは、お金の価値が下がっているとも言えます。

世界的な金融緩和が行われ、各国ともお金を刷り過ぎた影響で物価が吊り上げられ、お金の価値はどんどん下がっています。

日本のサラリーマンは給料があがりにくいので、さらに生活は厳しくなっていきます。

 

さらにさらに、デジタル通貨の登場によって、法定通貨の存在意義が問われ始めています。

今の紙幣の価値は、みんなが「5千円は5千円分の価値がある」と認識しているからこそ、成り立っています。

これがもし、「5千円には千円の価値しかない」という認識になったとします。

 

すると、今までの5千円は千円の価値しか持たなくなります。

こういう事態が実際に起ころうとしています。

(いつ起こるかは予測できませんが)

 

コレ、実はあなたの身近にもあって、ポイントを使った買い物がまさにそう。

「1ポイント」なんていう実態のないものが、実際に1円硬貨と同じように使えるのはなぜでしょう?

「1ポイント=1円」という共通認識があるからこそです。

 

つまり、何らかの価値を交換するのに、必ずしも紙幣である必要はないってことになります。

この認識が強まると、「紙幣って価値ねーな」と言う日が来るかもしれません。

 

今後価値が減少していく通貨のために身を粉にして働くのは、リスクがあるとおもいませんか?

必死こいて貯金したお金の価値が、将来的に減るかもしれないのです。

 

 

これから必要な考え方

  • 満足に給料がもらえない
  • 物価が上がり続けている
  • お金の価値が下がるかもしれない

 

これらを踏まえると、これから必要になってくる考え方は、自分で稼ぐという発想だとおもいませんか?

会社の給料をもらい続けても、いつまでも生活が楽にならないのは明白。

 

さいわいインターネットの普及によって、ビジネスが個人にとってより身近なものになっています。

このチャンスを活かさない手はありません。

情報化社会では、情報をお金に替えることができます。

自分の発信する情報や、あなた自身にさえ価値を持たせることができるのです。

 

 

たとえば「自分で稼ぐ方法」を、あなたが誰かに教えられるとしましょう。

自分で稼ぐ方法が分からないひとにとって、それってすごく価値のあることですよね。

とうぜん、教えて欲しい人はお金を払います。

お金の価値は下がっていくかもしれませんが、あなたが発信する情報の価値は下がりません。

 

どういうことかと言うと、あなたの情報が今は10万円だとして、もしお金の価値が10万から5万に下がったときは、20万円にすればいいということです。

こうすれば実質的な収入は減りません。

もちろん値上げすればお客さんは減りますが、マーケティングでどうとでもなります。

 

しかし会社の給料はこうはいきません。

100万円が50万円の価値になったとき、今30万円の給料が、60万円になるか?

いやぁ、ならないでしょう?(´・ω・`)

自分で稼ぐという考えをもっていないと今後厳しい状況になっていきそうな気がしませんか?

 

働かなくてもお金がもらえる、「ベーシックインカム」という仕組みが将来的に実現される可能性はあります。

夢のような話ですが、導入へのハードルは高いし、必ずしも実現されるとは限りません。

これを待つのは得策とは言えないでしょうね。

出口の見えないトンネルから抜け出すために、やれることはやってみましょう!

現在35歳、
人生に行き詰まりを感じているあなたへ

そんなあなたにぜひ見てほしい、
無料の動画があります。

35~40歳は、今後の人生を左右する大事な時期。

大事な時期であるにもかかわらず、行動できないひとは大勢います。

「稼がなければ」とおもいつつも、稼ぐプランが見当たらない。

「このまま行ったらどうなるか」が見えているのに、具体的なアクションが取れない。

「いまはなんとかなってるけど、子どもを大学に通わせるにはどうしたらいいか・・・」
目先のことに集中し、考えることから逃げてしまう。

この全24時間の無料の動画は、
そんなあなたの人生の行き詰まりを解消し
行き先を示してくれるでしょう。

だからこそ言わせていただきます。
人生を変えたいとおもっているひと以外は見ないでください。
動画を見る時間がムダになるからです。

テレビでもゲームでも、好きなことをやっていたほうが有意義な時間を過ごせます。

でもあなたが本気で人生を変えたいなら、
必ずやあなたの力になってくれる。

そんな内容になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむ34歳サラリーマン。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。