【教えて!】副業のメリット・デメリット【経験者が丁寧に解説】

 

「副業やりたいけど、メリット・デメリットがよく分からないなぁ・・・」

 

副業をやったことがないひとにとって、

副業のメリット・デメリットってよく分からないですよね。

そこで、僕が1年と2ヶ月副業に取り組んできた経験をもとに、

メリット・デメリットを洗いざらい紹介したいとおもいます。

 

あらかじめ言っておくと、副業をやる最大のデメリットは、

「副業禁止の会社で副業がバレる」

これです。

 

これが許容できるなら副業やったほうがいいし、

許容できないなら、

副業はやらないほうがいいということになりますね。

 

まぁでも、持論は、

会社が倒産するリスク > 会社に副業がバレるリスク

なので、ずーかま的に言うと、

副業やる以外の選択肢はありません(笑)

 

倒産のリスクのほうが高そうだから、

バレるリスクは許容して副業やったほうが、

会社の倒産に備えられるってことですね。

 

さてさて、前置きはこれくらいにして、

メリット・デメリットを確認していきましょう!

 

 

 

 

副業をやるメリット

ではまず、いいほうから説明していきますね。

 

人生の目標ができる

副業ってお小遣い程度とおもうかもしれませんが、

とんでもない。

真剣にやれば、起業だって目指せます。

 

僕も真剣に副業に取り組むうちに、

「自分のこどもに起業を教える」

という、思ってもみなかった人生の目標ができました。

 

こどもに僕らみたいなつらく苦しい労働、

させたくないとおもうようになったからです。

 

僕みたいに「起業」を目指さなかったとしても、

「月〇万稼ごう!」みたいな目標ができます。

 

やっぱり目標があると、生きる活力が湧いてきます。

同じ毎日をだらだらと惰性で続けるより、

人生が充実するのは間違いないです。

 

馬車馬のように働かされている現代で、

人生の目標を持っているひとのほうが少ないでしょう。

 

また、人事制度が不透明な会社では、

どれだけ頑張ったらどれだけ評価されるのかが、

まったく見えません。

努力しても報われないから、努力しなくなります。

 

そこに、月〇万みたいな小さな目標でもあれば、

そこに向かって頑張ることができます。

あなたがいま、からっぽの抜け殻になっているのなら、

月1万でも稼ぐ目標を立ててみるといいですよ^^

 

 

自分で稼げるという感覚が身につく

過去の僕を含め、多くのひとが会社に依存して生きています。

そんななか、1円でも自分で稼ぐことができれば、

大きな自信につながります。

 

副業を続けていれば、

会社に雇われずとも食っていけるという実感もでてきます。

でも家庭を持っていると、

今すぐクビになったりしたらさすがに困りますけどね。(当たり前か)

 

会社が社員の将来を約束できないこの時代に、

自分で稼げるという実感を持つことは、とても大事。

会社やあなたに万が一のことが起こっても、

すぐに行動できるからです。

 

とはいえ、もはや万が一でもなくなってきています。

日本の景気は、これからもよくなりません。

クビうんぬんの前に、

会社が倒産するリスクが日に日に高まっています。

 

 

会社がいざというときにも収入源が残る

「会社が倒産したら・・・」

が現実になったとき、

副業で数万でも稼げていれば、急場はしのげます。

 

しかし収入源が本業だけだと、そうはいきません。

株式投資などでも、リスク分散が大事ですよね。

 

あなたの収入も同じで、収入源がひとつしかないと、

それがなくなったとき大変なおもいをするかもしれません。

収入源が複数あるというのは、明日の安心につながります。

 

副業歴が長くなるほど、コツがつかめてきます。

いざというとき、副業を本業にして、

生計を立てられる可能性が十分にあります。

備えあれば憂いなし。

 

年収が増える

これは単純なメリットですね。

副業収入は単純に本業収入に上乗せなので、年収が増えます。

ほしいものを買ったり、旅行に行ったりできます。

 

・・・と言いたいところですが、

できれば副業収入は、全額自分へ投資したほうがいいです。

 

しばらくは欲しいものや旅行は我慢しなければいけません。

でも会社と違って、頑張れば頑張っただけ、我慢したらしただけ、

あとから返ってくるのが副業というもの。

 

入ったら入っただけ使っていたら、

いつまでたっても小金持ち止まり。

自由な時間も増えません。

 

 

起業できる

真剣に副業に取り組めば、

副業収入が本業収入を上回ることもめずらしい話ではありません。

もちろん相応の努力は必要。

でもそこまでいけば、会社をやめて起業できます。

 

また、会社をやめずに2足のわらじでいくこともできます。

近頃では、

「サラリーマン起業家」なんてニュータイプの存在も。

 

会社の看板を使えて、ビジネスがしやすいメリットがあるなら、

こういう道もアリでしょう。

 

でも僕はそんなの絶対いやです。

自由な時間が欲しいし、つまらない仕事はもうムリ!

会社をやめたすぎて鬱・・・

 

それはおいといて、副業禁止の会社なら、

副業収入が本業収入を上回った時点で、

とっととやめるべきでしょうね^^

 

 

時間に対する意識が高まる

とうぜんのことながら、本業があるので、

限られた時間のなかで副業をやらなければいけません。

となると、必然的に時間に対する意識が高まります。

 

僕も副業やるまでは、

「ムダだとおもうことでも我慢する」

ということが結構ありました。

 

でも副業始めてからは、

嫌々参加してた飲み会などは断るようになりました。

周りからしたら、つれないとおもわれてるかもしれません^^;

でも愚痴会に参加して得るものはないのでムダです。

 

ただあまりに時間に対する意識を高めすぎると、

友人や家族とギクシャクするかも?(;´・ω・)

 

 

副業やるデメリット

さて、今度はわるいほうです。

 

時間が限られている

とうぜんのことながら、副業なので本業があります。

(あれ?デジャブ?)

本業が終わってからしか、時間を確保できません。

つまり、テレビを見たり、友人と飲みに行ったりという時間を、

「意図的に」削らなければいけません。

 

コツがつかめてきてルーチンワークになれば、

ある程度余裕ができますが、それまでは全力です。

しかし、これができないひとがほとんど。

早ければ1ヶ月、もって数か月でやめてしまいます。

 

もっと少ない時間でできるのは、アンケートとかですが、

ハッキリ言って儲かりません。

時給100円もいかないです。

普通にアルバイトしたほうがマシ。

 

基本的にかけた時間の長さと収入は比例するので、

時間をかければかけただけ、稼げる可能性が高まります。

稼ぎたければ、時間をつくるしかないです。

 

 

副業禁止だとバレたら最悪クビ

厚生労働省の「副業解禁」のお触れがあってから、

だいぶ日が経ちました。

それでも世の大半の会社は、まだまだ副業禁止ですよね。

 

安い給料しか払えないクセに、

副業やりたくてもやらせてもらえないなんて、ある種の拷問。

じっくりと処刑のときを待たされているに等しいです。

 

だからと言って副業をやれば、

バレて最悪クビになるリスクがあります。

でもバレるほど稼げる頃には、たぶん起業できます(笑)

 

なので、とりあえずやっちゃえばいいと思います。

経験として。

本気出すかどうかはやってみて考えましょう。

 

会社に不利益をあたえていないのなら、

滅多なことではクビにはならないとおもいます。

 

 

税金が増える場合がある

副業収入は本業収入との合算になるので、

稼いだ額によっては、税金が増える場合があります。

合計で330万以上、900万以上になる人は要注意!

所得税率が10%も上がってしまいます。

 

330と900の間の境目は695万ですが、

ここでは3%しか上がらないので、

気にするほどではないでしょう。

 

330万の境目は置いといて、本業で900万付近の年収があるひとが、

そもそも副業やるとは思えません。

 

高収入サラリーマンがぬるま湯につかっているうちに、

ブチぬいてやりましょうぜ(`・ω・´)

副業やってるヤツが、勝つ時代が来るよ。

 

 

不良在庫を抱えるかもしれない

これは「物販」やる場合の特有のデメリット。

物販は取り組みやすいです。

なぜなら、「安く仕入れて高く売る」という、

とても分かりやすいビジネスだから。

 

でも、仕入れにはとうぜんお金がかかります。

売れなければ、不良在庫に。

仕入れ分まるっと損します。

 

また、クレジットカードで仕入れた場合、

仕入れ代が払えず借金するリスクもあります。

(そうならないよう管理すればいいだけですが)

 

在庫を持たない「無在庫転売」という方法もありますが、

国内で転売OKなのは輸入品だけなので、

輸入のノウハウは必須。

輸入となると、一気に難易度が上がりますね。

 

また、中古品転売はなかなかのグレーゾーン。

本来「古物商」という資格がいることは覚えておきましょう。

(新品や自分のものはOK)

 

資格を持っていないひとが大半だとおもいます。

大きく稼いだ場合などは調査が入ることもあるみたい。

小遣い稼ぎ程度なら心配は無用とおもいますが、

物販に取り組むなら、気をつけてくださいね。

 

 

お小遣いレベルを脱するには勉強が必須

副業とはいえ、ビジネスはビジネス。

初心者が片手間にやってすぐに稼げるものではないです。

我流や無料情報だけでやろうとすると、

めちゃくちゃ時間がかかります。

 

しかし残念ながら、有料情報を手に入れてたとしても、

めちゃくちゃ時間がかかります(笑)

 

だからこそ、月5千からでもビジネス本や有料情報に投資して、

ビジネスの知識を学ぶことをオススメします。

そうすれば、挫折を回避できたり、

稼げるまでの期間を大幅に短縮できますよ。

 

 

まとめ

最初にも言いましたが、副業がバレるリスク。

これさえ許容できるなら、すぐにでも副業をやりましょう。

 

会社はもう、僕らの明日を保証できません。

終身雇用がいまだに実在するとおもっているのなら、

それは大きな間違いです。

 

自分で稼がなければ生活の質が落ちてしまう時代が、

スグそばまでせまってきています。

手遅れにならないよう、今のうちからコツコツやりましょう!

 

副業で稼げるようになるには、コツコツ頑張るしかないです。

コツコツ真剣に取り組めば、4年以内に月100万いけます!

(ただし、ビジネスの知識があること前提)

 


あなたにふさわしいのは、どんな人生?

 

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

 

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむアラフォー目前の社畜。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。