【手を抜け!】真面目に仕事すると損する4つの理由【解決策あり】

 

【今回のお悩み】

真面目に仕事すると損かも?

 

するどい!そのとおり!

真面目に仕事すると損します。

 

真面目に仕事して損しないための方法

会社では手を抜いたほがいいです、ハイ。

余力は副業に回すとなお良しです。

 

ところで、

なぜ真面目に仕事をすると、

損してしまうのでしょうか?

理由は4つあります。

 

  1. 頑張っても評価されない
  2. 成長が遅い
  3. 出世は意味ない
  4. 稼げる可能性を捨てている

 

 

①頑張っても評価されない

「何をどう頑張ったらいいのか?」

これが不透明な会社の多いこと!

 

本来ならば、

利益につながる行動に集中すべきところ。

そのほうが会社の利益にもなるはず。

 

しかし現実には、

「何もかも頑張れ!」

と言います。

 

だから評価されたくて、

何もかも頑張ろうとしてしまう。

 

ところが頑張ったあげく、

「満足に評価されない」

なんてことがザラにあります。

 

それどころか評価基準が、

「どれだけ遅くまで残っているか?」

なんて会社(上司?)もあります。

 

日本では、

「頑張ったヤツがエラい」

という謎の風習があるからです。

 

「効率悪いだけじゃないの?」

「結果がすべてじゃないの?」

 

と不満を口にしてみたところで、

そういう考えの会社(上司?)は、

ほとんどないと言っていいでしょうね。

 

結局のところ、サラリーマンは我慢選手権。

「どれだけ理不尽なことを我慢できるか?」

その我慢度合で、評価や出世が決まります。

決して能力では判断されません。

 

 

②成長が遅い

10年たっても、

使えるスキルは手元にありません。

 

「使いまわしがきかない」

という意味で、です。

身につくのは、

業界固有の使い回しがきかないスキルばかり。

 

一歩外へ出れば、

「自分はいったい何をしてきたのか?」

というむなしさに襲われることになります。

 

実際僕も、副業に取り組むようになって、

「今までの10数年は何だったのか?」

と絶望しました。

 

ホント、全然使えるスキルがないんですよ。

あきれるほどに、ビジネスに無知。

 

「自分の頭で考え仕事をしてきた」

という自負はありました。

 

でも結局はビジネスの流れのほんの一部、

ごく狭い領域のなかだけでのことでした。

全体をまったく把握できていなかった。

 

現代では、仕事の効率化を求めるあまり、

ひとりひとりの仕事がブツ切りにされてます。

全体を見る力というものが失われている。

これを痛感しました。

 

結果として、会社にいた10年数年より、

副業やった1年のほうが、

よほど学びがありました。

 

 

③出世は意味ない

管理職という役職は、今後不要となります。

入社してから役職つくまでって、

ふつう、10年くらいかかりますよね?

 

ところが!

事業が10年続かなくなってきています!

 

たしかに30年とか50年続く事業であれば、

管理する人を配置し、

たくさんのひとを管理する必要がありました。

でもそんな事業は、もはや過去の遺産。

 

  • 少人数で事業を立ち上げ
  • 利益を出したらさっさと撤退
  • すぐに次の事業を立ち上げる

 

というような戦いかたが、

スタンダードになっていきます。

 

そのような時代に、

10年かけて就く役職などムダなのです。

そんな意味のないポジションを、

あなたは目指したいですか?

 

10年後には、

会社がないかもしれないんですよ?

 

断言します。

出世は意味ないです。

 

 

④稼げる可能性を捨てている

10年会社につとめるとします。

でも会社に入らず、2年死ぬ気で頑張ったら、

月100万稼げる時代です。

 

理由はインターネットが登場したから。

個人でもビジネスがしやすくなったのです。

 

10年会社で頑張ったら、

「年収400~600万」

くらいといったところでしょうか?

ここでは年収500万としておきましょう。

 

  • 10年頑張って年収500万
  • 2年頑張って年収1,000万超え

 

あなたはどっちを選びたいですか?

これもう、後者しかないとおもうんですが!

でも悲しいかな、

前者を選んでいるひとがほとんどです。

(副業始めるまえの僕を含め)

 

これって、めちゃくちゃ損してます。

自分の可能性を捨てているも同然です。

ざっくり計算すると、

 

  • 10年×500万=5,000万
  • 8年×1,000万=8,000万
    (最初の2年は0円として、残り8年)

 

前者のほうが、

10年で3,000万も損することに!

しかも年数を重ねるごとに、

この差はどんどん広がっていきます。

 

将来的な収入を考えたら、

今すぐ行動するべきだとおもいませんか?

 

 

真面目に仕事して損しないための解決策

真面目に仕事をするといかに損をするか、

もうお分かりいただけたかとおもいます。

ではどうすれば損しないのか?

その方法を2つお教えします。

 

解決策その①:適当にやりすごす

ひとつ目の解決策は、ズバリ手を抜くこと。

仕事は怒られない範囲で、

要領よくやるのが賢いやりかた。

 

部下がいるひとなら、

仕事はどんどん部下に振りましょう。

 

そうやって自分は暇になりましょう。

そしてこれまた怒られない範囲で、

自分の好きなことしてればいいです。

 

コレ、勘のいいひとには気づかれます。

でもそんなひとはあまり会社にいません。

 

頑張りに報いてくれない会社に、

あなたが報いる必要はないのです。

あなたの貴重な時間と労力をムダにしないで!

 

報われないけど頑張る。

そんな美徳は、

とっととブチ壊してしまいましょう。

 

そもそも、

ビジネスは WIN-WIN が基本。

サラリーマンだってある種ビジネスです。

 

頑張ることがあなたのメリットにはならない。

それじゃあ浮いた頑張り分は、

会社の養分になるだけですよ?

うまく立ち回りましょう。

 

 

解決策その②:自分で稼いでみる

僕はこちらをオススメしたい。

解決策①はどちらかと言えば、

「会社やめるまでの応急処置」

的なもの。

 

これを続けていると、

ただただ惰性で人生過ごすことになります。

 

惰性で過ごすのって、

ヘタしたらサラリーマン頑張るよりも、

人生的には損だとおもいます。

 

何の目標もない人生はつまらないです。

自分でビジネスを始めてみましょう。

 

僕が取り組んでいるのはネットビジネス。

副業でもMAX4年くらい頑張ったら、

月100万稼げそうな世界。

 

あなたもその世界を見てみませんか?

ビジネス知識・経験ゼロでも問題なし!

 

  • ネットビジネスで食べていくには?

【朗報!】ネットビジネスで生活するには毎月10人集めれば大丈夫!

2019年6月11日

 


あなたにふさわしいのは、どんな人生?

 

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

 

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむアラフォー目前の社畜。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。