【断言】副業やるべき?→やるべきです!【何でもいいからやろう】

 

【今回のお悩み】

  • 定年まで会社が存続するかな?
  • 何となく将来が不安だな
  • お小遣いもうちょっとほしいな

 

このような悩みを解決してくれそうなもの。

それが「副業」ですよね?

 

やっぱり副業やるべきなのかな?

 

「副業やるべきか?」への答え

「やるべき!」だと断言します。

アンケートでも、中古品転売でも、

ブログでも、内職でも・・・

 

何でもいいです!

1時間でも30分でもいいから、

まず何かやりましょう!

 

 

 

 

なぜ副業をやるべきなのか?

 

  • 少子高齢化による人手不足
  • 日本産業の成熟・衰退

 

この2つがおもな原因となって、

会社が雇用を維持できないからです。

「ひとつの会社につとめていれば安心!」

なんてヌルイ時代は、もう終わりました。

 

これからはあなたが、

「あなた自身や家族を守る必要がある」

ということ。

 

「ちょっとお小遣い増やしたいなぁ」

とおもっていただけのあなたも、

真剣に副業をやるべきときがきます。

 

 

何でもOKの理由は?

さきほど、

何でもいいからやりましょうと言いました。

そう言った理由は何だとおもいますか?

それは、行動するクセをつけるためです。

 

あなたが一番さけなければいけないのは、

「やるか? やらないか?」

と悩んだすえに行動しないで、

悩んだことすら忘れて日常に戻ることです。

(僕も何度繰り返したことか・・・)

 

なぜなら、

もはや労働者の寿命(約40年)よりも、

会社の寿命(10年未満)のほうが、

圧倒的に短いからです。

 

とはいえ、あまり実感がないですよね?

たしかに大手が倒産したというニュースは、

いまだに聞いたことがないですね。

 

だからこそ、

「何ごともないかのように見える」

のがこわいところです。

 

でも、永遠に続く産業なんてありえません。

日本の産業は確実に衰退していってるので、

大手にぶら下がった末端の末端の企業まで、

食わせていけるだけの体力は残ってないはず。

 

それなのに、

現状維持は不自然だとおもいませんか?

 

コレ、食わせる量を減らして、

「少量で我慢させている」

だけです。

 

このことは、

「物価ばかりあがって、賃金があがらない」

という悲惨な現状がすべてを語っています。

 

それでも、大手は生き延びるかもしれません。

でも全員が満足する分の食料(=給料)が、

行き渡ってない状況です。

 

生き延びるためには、

かなり大がかりな構造改革が必要でしょうね。

 

そのとき、

とても大きな痛みをともなうことは明らか。

 

その痛みというのが、

「リストラ・賃金カット」

であることは誰もがおもい至るでしょう。

 

というわけで、

そろそろ本気にならないとヤバイですよ?

 

 

成功体験を得ればまた行動できる

何でもいいので何か行動すれば、

「行動した!」

という成功体験が得られます。

 

これってバカにできませんよ?

成果が出なくたってお構いなし。

とにかく何かやる。

そして小さな成功体験を得る。

 

このようにして一度成功を経験すると、

また成功したくなるのが人間って生きもの。

 

子どもが、

「褒められてうれしいからまた褒められたい」

とおもうのと、同じ理屈です。

一度行動してしまえば、

 

「あぁ。ここがマズかったのかな?」

「別の副業のが稼ぎやすそうだな」

 

などと、

頼んでもないのに脳が勝手に試行錯誤を始めます。

 

そうなればしめたもの。

一度動き出した歯車は、

そう簡単には止まりません。

僕の場合も、

 

⇒投資信託に10万ツッコんでみる

⇒投資のメルマガに登録

⇒メルマガ内でポイントサイトの存在を知る

⇒ポイントゲットしてみる

⇒デジタル通貨に投資してみる

ビジネスセミナーを見てみる

⇒起業を目指す(ブログやる)

 

というように、

行動という小さな成功体験を積み重ねたら、

気づけば起業目指してブログやってました。

 

一番最初から、

「起業するぞっ! ブログやるぞっ!」

には、間違ってもならなかったでしょうね。

 

そもそも、

ブログで起業できるなんて信じてなかったし、

投資信託なんて、副業ですらないですからね。

でも最初の行動が、すべてを変えました。

 

そうなんです。

副業じゃなくてもいいんですよ。

とにかく行動することが大事。

 

何か行動すればそれは必ず、

次の何かしらの行動につながります。

 

その「次」がスグなのか、

1年後になるのかはひとそれぞれ。

でも行動しなければ、

歯車は一生回ることはありません。

 

 

ターニングポイントは待つものじゃない

経験上はっきりと言えることですが、

待ってても、

人生のターニングポイントはきません!

 

「何か起こらないからなぁ?」

 

絶望的・・・ に起こりません!

 

よく、

「あの出来事がターニングポイントだった・・」

などと、外的な要因によって、

「強制的に」変わったかのように言われます。

 

でもそれは、そのおおきな出来事が、

「きっかけ」になっただけにすぎません。

あくまで行動したのはそのひとの意志。

 

追い詰められても夏休みの宿題をやらず、

そのまま学校へ行く子がいたように、

クビになっても行動しないひとはしないです。

 

そもそも、

クビとか倒産をきっかけとして待つことほど、

バカバカしいことはないですけどね。

 

 

まとめ

あなたはこの記事で、

 

  • 副業は「やるべき!」
  • というか、やらないとヤバイ!
  • 何でもいいからやってみる
  • 行動すればまた行動できる
  • ターニングポイントを待つべきじゃない

 

ということを理解しました。

あ、それで、もしあなたが副業やるときは、

「どんな副業がオススメか?」

は気にしなくていいです。

 

副業にも、

「合う・合わない」

がありますからね。

 

でも、

それすらもやってみなきゃわかりません。

だからとにかくやりましょう。

 

今回の記事のテーマは、

「行動すること」

でした。

 

何かきっかけをつかめましたか?

今この記事を読んでくれてるこの瞬間だって、

「きっかけ」とおもってくれていいんですよ?

 

むしろ僕はいつもあなたに、

そういう「きっかけ」を得て欲しくて、

いろいろ記事を書いてます。

 

でも僕がいくら記事を書いたところで、

「きっかけ」だとおもうかどうかは、

あなた次第。

 

なにせ僕の人生じゃなくて、

あなたの人生ですからね^^


あなたにふさわしいのは、どんな人生?

 

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

 

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむアラフォー目前の社畜。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。