【マジムリ!】定年まで働きたくない!→そんなに働かなくていいって

 

【今回のお悩み】

定年まで働きたくないっ!

定年まで働く必要、あるの?

 

いやぁ~、いい悩みですね。

あと一歩で人生変わりますよ。

 

「定年まで働く必要、あるの?」への答え

そんなにあくせく働かなくていいよ!

サラリーマンっていう仕組みは、いずれ崩壊するだろうし。

定年までサラリーマンやらなくても、生きていける道を探ろう!

あらかじめ答えを言っておくと、その道とは「起業」です。

 

 

サラリーマンという異常なルーチンワーク

「あと2、30年もこの仕事を続けるのか・・・」

って考えたら、絶望しません?

日本人の大半は、やらなくてもいい仕事を一生懸命やってます。

これは異常なこと。

 

だからみんな心を病んだり、日々イライラ・殺伐としてますよね?

家庭内のいさかいも絶えません。

そういう生活を、15年近く送ってきたからこそわかるのですが、やっぱり異常。

 

ましてや定年までずっと同じことを続けるなんて狂気の沙汰。

たしかに高度経済成長期の頃なら、給料がどんどんあがっていって楽しみもあったかもしれません。

でもいまや、奴隷のように低賃金で長時間働かされているひとばかり。

この異常な日常をいち早く認識しましょう!

 

「定年まで働きたくない!」

っていう悩みは、この異常な日常に気づく前兆。

あなたの心と体が発するサインです。

 

どうか気づいてください!

無視して我慢すればいずれ心か体、あるいは両方をむしばんでしまいます。

 

 

異常な日常をつくった原因

ところであなたは、なりたくてサラリーマンになりましたか?

そんなひとは少ないでしょう。

それではなぜ僕たちは、この人生を選んでしまったのでしょう?

 

それは、国がそうするように仕向けてきたからです。

知らず知らずのうちに、サラリーマンという選択肢しか選べないようコントロールされていたのです。

ただ、戦後はそれでよかった。

日本を立て直す必要がありましたからね。

 

経済の復興を急ピッチで進めるため、命令に何の疑問も持たない、言いなり人間を育てなければいけなかったからです。

結果として、世界から称賛されるほどの復活劇を見せられた。

ここまではよしとしましょう。

 

でも戦後70年以上たった今でも、バカの一つ覚えのように同じ教育を繰り返しているのは、かなり異常です。

世界から見たらとんでもなく異常で、「狂気」とさえ言えます。

アメリカではGoogleなどのIT分野の企業がトップ企業なのに、日本はいつまでも自動車製造業が日本のトップ。

 

これでは世界に遅れを取ってしまっても仕方がありません。

理由は教育がいつまでも古臭いからです。

子どものころから言いなりになるように教育しちゃったら、よほどの反骨精神がない限り、そりゃ言いなりになるよね。

 

そんな日本の狂気を感じ取ったのか、はたまた街で見かけるサラリーマンたちの目がことごとく死んでる様子を見て、あぁはなりたくないとおもったのか。

洗脳済みの大人たちの言うことに、聞く耳を持たない子どもたち(学生起業したりする子たち)が増えてますね。

これは本当に良い変化だとおもいます。

 

とはいえ、大人からしたら学生起業なんて異質に見えることでしょう。

でもさぁ、目を覚ますべきなのは明らかにおとな・・・

 

足を引きずり合う出世競争。

どちらにもいい顔しすぎて、表情筋がブッこわれた中間管理職。

今の時代にそぐわない、古臭い価値観を伝えるための人材教育。

そんなもん全部意味なくないですか?

 

『このままいったらどうなるか?』

これをイメージしたり考えたりすることを、放棄してる大人ばかり。

それでは飽き足らず、終身雇用という過去の栄光にひたって薄ら笑いを浮かべながら、将来を考えて果敢に行動した子どもを、異端者扱いしてネット上でフルボッコ。

 

Youtuberだってあながち無くはないとおもいますよ?

ただ、ちゃんとビジネスを教えられるひとが周りにいないってだけ。

だから答えは「そんなのやめときなさい」の一辺倒になってしまう。

別にYoutuberで稼げなくたって、挑戦を潰す権利は親にもないとおもう。

 

まぁそれよりも考えないといけないのは、自分の将来についてですね。

今と同じ生活を30年も続けられますか?

心や体を病むだけじゃないですか?

そもそもオワコン産業ばかりのここ日本で、会社が30年続くとはおもえません。

 

テレビやゲームからは、現実や将来は見えません。

あなたの見せたい世界を見せてるだけですからね。

スマホも何の目的もなくイジってるだけじゃ、見たい世界しか見れません。

 

その手のひらのなかに、無限の広がりを持つ世界があるのに。

それを将来のためにつかいませんか?

 

 

異常な日常に気づけば人生が変わる

人生を変えたいとおもってるあなた、チャンス到来ですよ!

異常な日常に気づいたとき、今までの常識が一変します。

見える景色が変わるんです。

まるで冬から一気に夏になったかのように。

 

「会社に頼らずに生きていける」

そういう世界が見えちゃうと、もうそこに向かうしかなくなるのです。

人生を変えたいのなら、まずはそういう世界を知りましょう。

その世界とは、「起業」です。

⇒僕が起業の世界をのぞいたツール

 

発狂しそうになりならが出社するという、サイコパスになるのはもうやめましょう。

そう、やめていいんですよ。

 

 

まとめ

今回のまとめです。

 

  • あくせく働かなくていい道もある
  • 今の日常は異常である
  • 人生を変えるには現状を受け止めることから

 

気づきましょう、異常な日常に!

受け止めましょう、異常な日常を!

そして気づいちゃったら、これはもう伝えていくしかないとおもうのです。

自分のまわりから。

(だから僕はブログやってます)

 

働きやすい世の中は、きっと僕らでつくっていけます。

気づいたひとから、広めていきましょう。

 

さぁ、視界は良好。

あとは飛び込むだけです。

未曾有の不景気を乗り切るには、マーケティングスキルが必要です。

転職するもよし、フリーランスになるもよし、起業するもよし。

それらすべてに役立つのが、マーケティングスキルです。

マーケティングスキルとは何か?

『お客さんを集め、モノやサービスを売ることができるスキル』のことです。

近ごろネットビジネスが盛んですが、何もネットビジネスだけじゃありません。

どんなビジネスでも、『お客さんを集め、モノやサービスを売る』という部分は共通です。

これを身につけることができたら、わりと無敵だと思いませんか?

ではマーケティングスキルはどう身につけるのか?

/このご時世なんで、もちろん無料です\

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむアラフォー目前の社畜。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。