組織・人の下で働きたくない人がやってはいけないたった1つのこと

ずーかま

こんにちは、ずーかま(datsusalaryman)です!

 

【今回のお悩み】

組織で働いたり、人の下で働くのって向いてないかも?

 

組織や人の下で働きたくないとおもったなら、起業しよう!

と言って終わらせたいところですが、組織や人の下で働きたくないとおもってしまうひとには2パターンいるとおもいます。

 

  1. 組織や人の下で働くのが本当に向いていない
  2. いろいろ我慢しているからそうおもってしまってるだけ

 

もちろん①の場合には起業をオススメしたいのですが、問題は②の場合。

起業に向いてないひとに起業をすすめても、それはそれで我慢を強いることになってしまうかもしれません。

だから極力我慢する場面を減らそうよ、という話です。

(とはいえ僕としてはやっぱり起業が一番の解決策とおもっていますけどね)

 

 

もう我慢するのはやめよう

これから日本の景気は悪くなるばかり。

給料があがることもなければ、定年まで会社が存命している保証もない。

退職金や年金だってもらえないかもしれない。

我慢を続けてたって、これから先いいことなんてないんです。

 

もう、我慢するのはやめましょう。

極力我慢しないサラリーマンライフを送りましょう。

 

  • 管理職にはならない
  • 適当に(怒られない程度に)仕事をこなす
  • 残業はしない
  • 飲み会には出ない

 

会社ではこれでOKです。

良くも悪くも労働基準法がかなり強いので、会社に大きな損害を与えないかぎり、結構手を抜いてもクビになることは滅多にありません。

(アメリカは居眠りしてたら即クビになるそうですが)

なので会社での立ち振る舞いを気にするよりも、我慢のしすぎや他人への気のつかいすぎで心や体をむしばまれないようにすることにこそ、気をつかいましょう。

 

 

我慢するとよくないよ

クソみたいに当たり前で言うのも恥ずかしいくらいですが、我慢すると心にも体にもよくないです。

もちろん、ムカついたからひとを殴るなんてことは我慢するべきで、人間として最低限必要な我慢はしなければいけません。

とはいえ、基本的に我慢はストレスへとつながります。

ストレスがたまると本来の能力を発揮できなくなったり、理性的な判断ができなくなったり、最悪心が病んでしまうこともあります。

 

余計な我慢なんてしないほうが、人生楽しいに決まってます。

ところが、会社勤めはさまざまな我慢を強いられます。

 

 

毎日決まった時間に会社に行くという我慢

ほとんどの会社が、朝8~9時の間に出社しなければならないとおもいます。

ということは毎日決まった時間(たいていの場合は朝早く)に起きなければならず、寝不足でも我慢して会社にいかなければいけません。

10年も勤め人やってると、当たり前すぎて我慢してるのも忘れますが、コレ相当な苦痛ですよね。

 

夜更かしせずちゃんと寝ろよって声も聞こえてきそうですが、夜型と朝方は遺伝子で決まるって話もあります。

夜に仕事のパフォーマンスがあがるなら、夜働けばいいとおもうのですが、組織に属しているとなかなかそうもいきません。

 

そして通勤。

電車のひとは満員電車、車のひとは渋滞でイライラを我慢する機会が訪れます。

会社につくまえですら、我慢しなければいけないことが2つもあります。

 

 

就業時間中の我慢

そしてひとたび会社についたら、もう我慢の連続!

 

  • 上司の命令
  • たいして会社の利益につながらない目標管理
  • 重複した帳票類
  • お客さんのわがまま
  • 答えの出ない会議
  • 意味のない残業
  • 外部セミナーの受講

 

さらにはオプションで休日出勤なんてのもあります。

やらなくていいこともたくさん!

そのどれもが会社の利益につながっていないという悲劇。

やらなくてもいいことをやらされるなんて、我慢以外のなにものでもありません。

 

 

就業時間後の我慢

就業時間外にも我慢する機会があります。

ひとつは通勤でしたが、もうひとつは飲み会や親睦会。

 

完全に否定はしないですけど、お酒もあまり飲めず人付き合いの苦手な僕にとっては、これらは我慢の対象。

ただでさえ通勤時間もあわせたら1日12時間くらい会社に奪われるというのに、それに加えて飲み会なんてあった日には、帰ったら寝るだけになってしまいます。

親睦会が休日になってしまった日なんか最悪。

 

 

会社ではいかに我慢しないかが心を健康に保つカギ

これだけ我慢が続いてたら、そりゃ精神おかしくなるって。

心を病んだひとは、ある意味自分に正直になったと言えなくもない。

その他大勢のひとは、心を病んでないように ”見える” だけで、苦痛などの感情を押し殺して生きてます。

いつ緊張の糸が切れたっておかしくありません。

 

我慢してストレスを溜め込まないように、会社での立ち振る舞いをコントロールしましょう。

ちなみに僕は会社の飲み会や親睦会に参加することは、いっさいやめました。

仕事も極力ひとに任せるようにしてます。

罪悪感を感じたら負けです。

 

 

とはいえやはり起業をオススメしたい

でもいまの日本の働き方だと、今後会社の利益的に厳しくなってくるので、よりムダを省いた効率的な働き方になっていくとはおもいます。

(テキトーに働いてて給料もらえるのがそもそもおかしいですからね。)

しかし、そうなるのはおそらくまだまだ先の話だし、変化できずに倒れていく会社のほうが多いでしょう。

 

なので一応、起業を目指すことをオススメさせてください。

僕もいろいろ我慢して「組織・人の下で働きたくない」という感情を押し殺し、14年も組織に所属していました。

理由は世間体が気になるっていうのもあったし、他にやりたいことがあるわけでもなかったし、特殊なスキルがあるわけでもなかったし、転職する勇気もなかったしいろいろ。

でも、ネットビジネス(ブログ・アフィリエイト)で起業という選択肢を見つけたので、そこに向けて頑張ることにしました。

 

「ひとりでお金を稼ぐ」という道を選ぶのもひとつの手ですよ。

頑張ればサラリーマンより稼げます。

起業はリスクが高いというイメージも、もう古いです。

⇒ノーリスク起業法について無料で学ぶ

現在35歳、
人生に行き詰まりを感じているあなたへ

そんなあなたにぜひ見てほしい、
無料の動画があります。

35~40歳は、今後の人生を左右する大事な時期。

大事な時期であるにもかかわらず、行動できないひとは大勢います。

「稼がなければ」とおもいつつも、稼ぐプランが見当たらない。

「このまま行ったらどうなるか」が見えているのに、具体的なアクションが取れない。

「いまはなんとかなってるけど、子どもを大学に通わせるにはどうしたらいいか・・・」
目先のことに集中し、考えることから逃げてしまう。

この全24時間の無料の動画は、
そんなあなたの人生の行き詰まりを解消し
行き先を示してくれるでしょう。

だからこそ言わせていただきます。
人生を変えたいとおもっているひと以外は見ないでください。
動画を見る時間がムダになるからです。

テレビでもゲームでも、好きなことをやっていたほうが有意義な時間を過ごせます。

でもあなたが本気で人生を変えたいなら、
必ずやあなたの力になってくれる。

そんな内容になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむ34歳サラリーマン。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。