【悪習慣を断ち切る!】マイナス事実で合理的判断【今日からできる】

ずーかま

こんにちは、ずーかま(datsusalaryman)です!

 

先日、こういったツイートをしました。

 

 

・昼まで断食
・ジュース飲むのやめる
・夜10時以降は水のみ

これだけは厳守して、HIITと呼ばれる高強度インターバルトレーニングを1日4分だけやってって生活を2週間続けたら、2kg痩せた。

ジュースはマジで無駄だと悟った。

原価激安でただの砂糖水。
人間の体に不要だしお金もムダになる。

 

僕にしてはダントツで反響が大きかったので、この内容について深堀り。
「悪習慣をやめる・断ち切る方法」について書いていきます。

 

ちなみに「HIIT(ヒット)」とは、High Intensity Interval Training の略。
日本語に訳すと「高強度インターバルトレーニング」です。

 

スクワットや腕立てなどの高強度の運動を、「20秒間続けて10秒休憩」というインターバルで行うトレーニング。
30秒を8セット:4分(または16セット:8分)やると、脂肪燃焼効率があがるとウワサ。

 

僕は「その場でダッシュ、略して ”その場ダッシュ”」をしてます。
しかし近所迷惑なので、足は膝蹴りする感じであげつつ、腕はおもいっきり振る感じで。

 

その場ダッシュが高強度と呼べるかは、はなはだ疑問ですが、事実として上半身が引き締まりました。
HIIT の詳しいやり方を知りたい方はググってみてください(/・ω・)/

 

では、本題にうつりますね。

 

 

悪習慣を断ち切る方法:マイナス事実をならべて合理的に判断する

断ち切りたい悪習慣について、できるだけたくさんのマイナスの・・・・・事実を集め、やめたほうがいいという合理的判断に持っていく。

 

これが悪習慣を断ち切るための方法です。

 

実際にこの方法で、タバコ・ジュースの悪習慣断ちに成功しました。
禁煙歴は3年ほど。
ただ、3ヶ月~半年に1回たまーに吸います。

 

それじゃあ禁煙と呼ばない!

 

という意見は却下させていただくとして・・・
もはや吸わないのが通常運転なので、そういった意味では習慣は断ててます。

(ハイ、完全に言い訳です。自覚アリ)

 

それはさておき、この方法のカナメは、イメージじゃなくて「事実」を集めること!

 

マイナス事実を否定する事実がないのなら、その習慣はやめるべきだという合理的な判断ができるからです。

 

「わかっているけどやめられない」って、本当にわかってる?

カラダに悪いのは「わかってる」けどやめられない。

 

この「わかってる」がクセモノ。
具体的にどうカラダに悪いかがわかってないから、やめるという判断ができません。

 

なので、具体的な事実を確認する作業から始めます。
たとえばジュース(コーラ)の場合。

 

  • WHOによると、1日の砂糖摂取量目安は、平均的な成人で25グラム(ティースプーン6杯分)程度 [事実]
  • コーラ500mlあたりの糖質は56.5グラムで、角砂糖14個分 [事実]

→よって、コーラを一本飲むと、WHOが推奨する砂糖の摂取量の2倍を摂取することになり、健康を害する可能性が高い [事実から導いた結論]

 

コーラたった1本で角砂糖14個分って、ちょっと衝撃ですよね(;´・ω・)

 

このように事実を集めると、なんとなくじゃなくて、本当にカラダに悪いことが理解できますよね?
この調子で、別の角度からの事実も集めてみます。

 

  • ジュース(ペットボトル)の原価は販売価格の10%ほどで、150円なら、135円は形のないものにお金を払ってる [事実]
  • ペットボトルのゴミは海洋汚染の原因になっている [自分が捨てているかどうかはさておき、事実]

→よって、ジュースを買うことによって、自ら進んでお金をドブに捨て、カラダや地球を汚している [事実から導いた結論]

 

これだけ事実を集めてみると、あなたが「ヤダな~」っておもえる事実が2~3個は出てくるはず。
そうなるとさすがに、「今日はジュース飲むのやめよう・・・」ってなりませんか?

 

あとはジュースを飲みたくなったとき、毎回コレを思い出すだけ。
その考えが定着したとき、悪習慣とはサヨナラできてます。

 

「置き換え」は実はあまり効果がない?

何か別の「モノ」に置き換えるといいって話、聞きませんか?

 

しかし僕の場合、置き換えに失敗してきた過去しかありません。
なので、「モノ」の置き換えは反対派。

 

▼過去の置き換え失敗例▼

  • タバコ → 禁煙パイポ

→結局ホンモノが吸いたくなってもとに戻る

  • お菓子 → 煮干し

→それほどおいしくないし、飽きてもとに戻る

 

でもなぜ戻ってしまうのか?
たとえばお菓子の場合、間食をするという習慣自体が変わってないからです。

 

間食という行為がトリガーとなって、結局お菓子を食べてしまうという結末に。

 

つまり、トリガーとなっている行動を変えないかぎり、置き換えてももとに戻ってしまうということ。
脳は気持ちいいことが大好きなので、快感を求める力に理性が簡単に負けます。

 

コカコーラ → コカコーラゼロ くらいの置き換えはいいかもしれません。
ただこれも合理的に考えると、「ゼロなら余計に摂取する必要なくね?」ってなります。

 

なので結局のところ、トリガーとなる行動そのものを取り除くことが、悪習慣を断つための近道です。

 

そうは言っても、簡単にはいかないですよね?
その場合にオススメしたいのが、まったく別の習慣に置き換えるという方法です。

 

たとえば、トリガーとなる行動(喫煙・間食など)をしたくなったら・・・
歯を磨く・筋トレする・ウォーキングするなど。

 

要は、習慣自体を置き換えてしまうんですね。
メンタリストDaiGoがYouTubeで言ってたので、科学的にも効果の実証された方法だとおもいます。

 

どうしてもムリならご褒美制にするのもアリ

ここまで上げた方法でもどうしもやめられないなら、ご褒美制にするという手があります。

 

しかし僕はこれも、成功した試しがありません。
たとえば以下。

 

  • 1日に1本はタバコを吸ってもいい

→1日に2本になり、3本になり、もとに戻る

  • 週1は好きなだけ食べていい

→週2になり、週3になり、もとに戻る

 

ご褒美制だと、どんどんご褒美の回数が増えてくの、僕だけですか?(´・ω・`)
ご褒美のハードルを下げすぎると、自分を甘やかすキッカケをつくりがち。

 

とはいえ、ご褒美まったくなしもキツいですよね?
ご褒美を出すにしろ、ハードルはできるだけ高いほうがいいかもしれません。

 

飲み会のときだけタバコを吸うとか、外食のときだけ好きなだけ食べるとか。

 

ただし、週1の飲み会があったり、週1で外食するとかだと、機会が多いので抑止力が効きません。

 

結論:やっぱりスパッとやめたほうがいい

一番いいのはやっぱり、スパッとやめてしまうことです。

 

ご褒美制にしてみるのもいいですが、ご褒美の瞬間以外がすべて「我慢」の時間になってしまい、結構ストレスですよね?

 

マイナス事実をならべて合理的に判断する

 

この方法をうまくつかって、悪習慣を根絶しましょう!

 

でも、不要なものをあまりにストイックに排除してしまうと、人生が無味乾燥したものになってしまうかも。
何ごともやりすぎには注意です。

現在35歳、
人生に行き詰まりを感じているあなたへ

そんなあなたにぜひ見てほしい、
無料の動画があります。

35~40歳は、今後の人生を左右する大事な時期。

大事な時期であるにもかかわらず、行動できないひとは大勢います。

「稼がなければ」とおもいつつも、稼ぐプランが見当たらない。

「このまま行ったらどうなるか」が見えているのに、具体的なアクションが取れない。

「いまはなんとかなってるけど、子どもを大学に通わせるにはどうしたらいいか・・・」
目先のことに集中し、考えることから逃げてしまう。

この全24時間の無料の動画は、
そんなあなたの人生の行き詰まりを解消し
行き先を示してくれるでしょう。

だからこそ言わせていただきます。
人生を変えたいとおもっているひと以外は見ないでください。
動画を見る時間がムダになるからです。

テレビでもゲームでも、好きなことをやっていたほうが有意義な時間を過ごせます。

でもあなたが本気で人生を変えたいなら、
必ずやあなたの力になってくれる。

そんな内容になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ずーかま

オリンピックイヤーに脱サラをもくろむ34歳サラリーマン。 (なぜならオリンピック後の日本の景気はヤバいから) 妻子持ち。内弁慶のクセに目立ちたがり屋。 ブログは結構楽しみつつ、わりと本気で取り組んでます。