30代になると急に働きたくなくなる理由は、コレしかない

30代になると急に働きたくなくなる理由は、コレしかない

 

仕事が楽しいってわけじゃないけど、
世間一般で言えば給料は悪くない。
職場の人間関係も悪くないし、
まぁいいかなぁ…って感じ。

 

の20代を過ぎ、

30代になり、家族ができ、家も買い、
この上なく充実した生活になるはずが・・・

 

次第に仕事が苦痛になり、
働きたくなくなってくるのはなぜでしょうか?

 

そんなあなたのモヤモヤを解消します。

 

 

30代になると、働きたくなくなる理由とは?

  • 残業が多いから
  • 仕事内容に飽きてきたから
  • 給料が低いから
  • 頑張りが報われないから
  • 人間関係が悪い/煩わしいから
  • 1日の自由時間が少ないから

 

働きたくない理由をあげればキリがありません。

 

しかしこれらは別に、
年代を限定せずとも出てきそうな理由です。

 

では、30代(以降)ならではの理由は何なのでしょう?

 

こういう視点で考えてみると、

「“時間”のたいせつさ(重み)の変化」

が理由かもしれない。

 

という答えが見えてきます。

 

20代でも、10代でも、
っていうか生まれたその瞬間から、時間は有限で、
誰にとってもたいせつなものです。

 

ところが、30代に入るまでは、
その「たいせつさ・重み」に気づけません。

 

なぜなら20代までは、
「若さ」が目をくもらせるからです。

 

体力がありあまっていて、

たとえ夜遅くまで働いたとしても、
夜遊びして翌日出社・・・

みたいなことがラクにできてしまいますよね?

 

まるで、

「オレは無敵だ!」

と言わんばかりに、
時間や若さが無限かのようにおもえるのです。

 

しかし、30代ともなると、
劇的とは言わないまでも、確実に体力の衰えを感じめます。

 

「翌日にひびくから・・・」

と、しだいに夜更かし・夜遊びをしなくなっていきます。
(本当はしたいのに!!)

 

20代まではラクにできていたことが、
30代でだんだんとツラくなってきて、
はじめて、

「あぁ、オレは無敵じゃなかったんだ・・・」

もとい、

「あぁ、時間って有限なんだ・・・」

と気づきます。

 

こういう体力的な面でももちろん、
精神的な面でも時間のたいせつさに気づく人は多いはずです。

 

30代で「家族を持つ(結婚・出産)」という、
人生の大きな目標を達成する人が、
それなりの人数いるとおもうからです。

 

  • 家族と過ごす時間
  • パートナーと2人きりで過ごす時間
  • 自分の趣味に打ち込む時間

 

こういう貴重な時間たちが、
1日のなかであまりにも少ないことに落胆したことでしょう。

 

これらのような、

「時間に対する価値感の変化」

が、僕ら30代に、
「働きたくない!」という不満を植えつけたのです。

 

僕らの時間を奪っているのは・・・

そんな貴重な時間を僕らから奪っているのは・・・

もちろん、『会社』です。

 

こう言うと、

「労働の対価として給料もらってるだろ!」

と、どこからか反論されそうです。

 

でも、そもそもその給料が少なすぎるし、
会社にはいろいろムダが多いとはおもいませんか?

 

オフィスへの通勤時間をはじめ、
仕事が終わってるのに帰れないとか、
必要のない会議に参加させられるとか、
飲み会に強制参加させられるとか(これは論外ですが)・・・

 

こういうのは、僕らの時間を奪う行為にほかなりません。

 

コロナによって在宅勤務となった職場では、
通勤時間のムダは自然とカイゼンされたかもしれませんが、
基本的にこれらのムダは、
自分の意思でカイゼンすることはできません。

 

少しでも苦言を呈そうものなら、

「今まではそうやってきた」
「ルールだから守れ」

などと、頭の堅いGGたちに一蹴され、
ヘタしたら昇給やボーナス査定を下げられかねません。

 

GGたちが気持ちよくなるためだけのムダな時間を、
僕らは無抵抗で差し出さなければならないのです。

 

昨今の●●ハラスメントブームに乗っかるなら、

「タイムハラスメント」

とでも言いましょうか。

 

世にも無慈悲な時間の搾取です。

 

時間の搾取から抜け出すために・・・

そんな現場の状は見て見ぬフリ。
ご存じのように、会社は何もしてくれません。

 

このまま会社に居続けても、
時間を奪われるいっぽうです。

 

時間の持取から抜け出し、
もっと自由な時間を手に入れたいなら、
「起業」するしかありません。

 

  • 失敗したら借金を負うんじゃ?
  • サラリーマンのような安定収入は得られないんじゃ?
  • ビジネスのアイデアがない・・・
  • 従業員雇うのムリ・・・

 

起業というと、
このような不安が先行するかとおもいます。

 

しかし、これらの不安を否定するデータもあります。

 

 

必要以上に、起業をおそれなくてもいい時代です。

 

起業すれば、自分で仕事をコントロールできるので、

平日に子どもや家族と遠出し、
人混みの少ないなか、ゆったりと過ごすことができるし、

翌日のことを気にせず、
子どもが寝たあとにパートナーと存分に楽しめるし、
(何を?は、おのおののイメージしたもので・・・)

集中して早く仕事を終わらせ、
たっぷりと自分の趣味に集中したりできます。

 

このような日常をゲットしている起業家たちを、
指をくわえてうらやましがるだけ・・・

 

で、いいはずがないですよね?

 

僕らも上記のような日常を手にするために、
「起業の準備」をはじめましょう!

 

具体的に何をすればいいかは、
以下の記事で確認できます。

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ

 


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です