「石の上にも3年」を会社で実践しても、クソの役にも立たない

「石の上にも3年」を会社で実践しても、クソの役にも立たない

 

「石の上にも3年」

 

耳にタコができるほど、聞かされつづけてきたであろうフレーズ。

 

「冷たい石の上にも3年座り続けていれば、しだいに暖まってくる」

ことから、

「辛抱づよく我慢していれば、成功への道が開ける」

という意味でつかわれます。

 

しかし会社でこれを実行しても、
たいして得るものがなかったという体験談です。

 

 

石の上にも13年・・・されど成功への道は開けず(クソが! )

僕の場合、石の上に“3年”どころではありません。

 

「若くして役職者になってやろう!」

 

そんな野望を抱き、石をしこしこと暖めつづけ、 13年が経過。

 

それだけ暖めていれば、
溶岩みたくアツアツになってもおかしくない!

 

ところが、座った石は冷たいままでした。

 

つまりは、出世できませんでした。

 

そして気づけば、
“若くして”とは言ってられない年齢になっていました。 (当時33歳)

 

石の上にも13年座りつづけていても、成功への道は開けなかったのです。

 

なぜなら僕がつとめている会社は、
典型的な年功序列の企業だったからです。

 

「会社のために」

と輝かしいほどの社畜ぶりを発揮し、昇進を狙う僕を尻目に、

「別に昇進したくない」

とまわりに触れまわっていた先輩が、
上からプッシュされ、昇進していきましたとさ。

 

そもそも、“(人生の)成功”の定義を、
「昇進」にすえたことが間違いでした・・・

 

 

ちなみに“3年”というのは「長い期間」のたとえらしいので、
3年という数字そのものに具体性があるわけではありません。

 

なので、よくある「3年続けたら〜」という解釈はあやまりです。

 

石の上に3年いたら、転職に有利か?

とは言ったものの、
石の上にも3年という言葉が浸透しすぎたからなのか、
転職市場においても、“3年”という勤続年数が、

「前の会社でちゃんとキャリアを積んだか?」

を判断するひとつの基準になっています。

 

「じゃあ3年以上経ったら転職し放題か?」

というと、そうではありませんでした。

 

頑張れば頑張っただけ報われる。

 

そう信じていた入社1年目の気持ちが、
氷の解けたカルピスのように薄まってしまった頃のこと。

 

たしか、動続6年か7年目くらいのときです。

 

「もっと努力が報われる、(給料の良い)会社に行きたい!」

 

そんな気持ちを胸に、転職活動をしていた時期がありました。

 

しかし、

「自分には市場価値がない…」

そうおもわされるほど、結果はさんざんなものでした。

 

「残念ながら今回は、採用を見送らせていただきます」

そんな通知ばかりが届きました。

 

転職支援サービスを利用していたので、不採用の理由を確認できたのですが、
その理由は耳を覆いたくなるものばかり。

 

「実力がちょっと・・・」

「精神的に弱そう・・・」

 

社内ではわりとデキるほうという自負があった僕。

 

それらの理由は、僕の伸びた鼻を折るにはじゅうぶんなものでした。

 

このとき、ようやく僕は気づいたのです。

 

「ただ勤続年数を増やしても意味がない!」

と。

 

社内で実績をあげたり、同僚や上司から認められたりすると、

「さぞ自分は市場価値のある人間なんだ!」

とおもってしまいます。

 

しかしそれは、社内だけの話。

 

一歩会社の外へ出れば、

「相手が求めるスキル・能力を何も持っていない」

なんてことがよくあります。

 

同業界に転職しようとしてもその状況。

 

たとえひとつの会社に10年動続していようと、
そんなものはただの数字でしかありません。

 

他業界に行こうとするなら、ならさらです!

 

何のために石に座りつづけるのか、その目的が大事!

僕は、

「今よりも給料の良い会社に行きたい!」

という欲望だけで、衝動的に転職活動をしました。

 

もしそれが目的だとするなら、僕は、

「転職したい会社(業界)から求められるスキルは何なのか?」

を真剣に考え、スキル習得のために戦略的・計画的に動く必要があったのです。

 

しかし転職活動に失敗した当時は、
その答えが見えず、更なる遠回りをすることになります。

 

「今の会社で真剣に頑張る!」

これがつぎの目的(目標)になったからです。

 

転職活動に失敗したのは、

「今の会社で真剣に頑張ってなかったからだ!」

そう結論づけたからです。

 

一見すると、意識の高い、良い目的に見えます。

 

しかし肝心の、「何のために」がすっかり抜け落ちているので、
そもそも目的にすらなってません。

 

「目的もなく、ただただ、石に座りつづける」

という愚かな行為を、僕は2度もくり返してしまいました。

 

真剣に頑張る過程で、

「同期たちより早く昇進する」

という目的を見つけはしましたが、
よく考えれは結果はわかっていたはずです。

もちろん、石は冷たいままでした。
(年功序列だからです)

 

では僕はどうすべきだったのか?

 

「何のために働くのか?」

 

ここまで目的を深堀りして、座る石を決めるべきでした。

 

「家族としあわせな人生(時間)を過ごす」

 

社会に出て紆余曲折15年。

 

ようやく僕は、座るべき“正しい石(人生の目的)”を見つけることができました。

 

石を暖める手段として、僕は「起業」を選んだわけですが、
ここでまたしても僕はあやまちをおかします。

 

ざっくり言うと、

 

「起業すること自体、
つまりはお金を稼ぐことが目的になって、家族を置き去りにした」

というサイテーなあやまちです。
(くわしくは以下の記事で書いてます)

「会社を辞める=人生を左右する」というトンデモナイ勘違い

「会社を辞める=人生を左右する」というトンデモナイ勘違い

2020年12月20日

 

「手段と目的が入れ替わってしまった」

というやつです。

 

こういう類いのあやまちは、
気をつけないとしばしば起こります。

 

「どの石が、座るべき石なのか?」

 

それは、置かれている環境だったり、

「どう生きたいか?」

という人生観により、人それぞれです。

 

しかし僕のように、
決して暖まることのないキンキンに冷えた石を、
2度も選んでしまわないよう、
座る石は慎重に選んでほしいとおもいます。

 

暖まりそうにない石なら、
すぐさま別の石を探すのも一考です。

 

ではでは(`・ω・´)ゞ

あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です