布マスク2枚の日本…コロナ後の世界に向けていまやるべきことは?

アベノマスク

 

世をにぎわせている新型コロナウィルス。
以下のいくつかの情報から判断するに、しばらく収束する気配はないでしょう。

 

・感染力が高い
・潜伏期間が長い
・暖かくなっても死滅しない
・大規模な開離措置を取っていない
・正確な感染者数を確認する仕組みがない
・ワクチンが実用化されるまでには約1年半かかる

 

おお…
僕たちは、しばらくはコロナと共存していくほかなさそうです。

 

さいわいにして、僕ら若者の致死率は0.2%ほどらしいので、コロナウィルスに殺される可能性は、インフルエンザとおなじか、それ以下でしょう。
(ワクチンがないのが懸念ではありますが)

 

しかし、ウィルスに殺されなくても、不景気に殺される可能性大。
まず影響が出始めたのは、サービス業ですね。

 

そりゃそうだ、ひとと接する仕事ですからね。
外出自粛で客足は途絶え、廃業が相次いでいます。

 

つぎに影響が出るのはというと・・・これもう、日本のほとんどの産業に影響が出ちゃうとおもうんですよ。
ただでさえ不景気だったのに、より消費欲を奪うような出来事が起こってしまいましたからね。

 

休日は家に引きこもっているひとも多いのではないでしょうか?
そんな状況下で、儲かる会社はごくわずかです。

 

感染拡大にともなって、ますます引きこもり人口は増えていくでしょう。
そして職場で誰かが(もしくは自分が!)コロナを発症しようものなら、即休業。

 

リモートワークができればいい?

 

先日おこなわれたLINEアンケートの結果によると、リモートワークを実施している企業は、たったの5%程度だったらしいです。
大半の企業がこの社会の変化についていけてないということです。

 

そんな企業が行き着く先は・・・?

 

もはや、倒れるほかありません。
企業につとめているひとも、共倒れです。

 

まわりの企業も同じような状況だと予想されるので、再就職先もそうそう見つからないとおもわれます。
そのようにして、強制的に引きこもりとなった人々が考えるのはコレでしょう。

 

「なにかインターネットで稼げる仕事はないか?」

 

というわけで、コロナ後の世界で主流となりそうなのは、インターネットビジネス。

 

まず間違いなく、この分野にひとが集中していきます。

 

物販・ブログ(アフィリエイト)・Webライティング・プログラミング・YouTube・動画編集・・・

 

この辺のビジネスで稼げるようなスキルを身につけておかないと、なんだかヤバイ気がしてきませんか?

 

・・・いまならまだ間に合います。

マーケティングスキルを身につければ!

 

マーケティングとは、「商品やサービスが(自動で)売れる仕組みをつくること」です。
固有スキル(プログラミングや動画編集など)が必要な仕事を除けば、オンラインオフライン問わず、幅広いビジネスに活用できるマーケティングスキル。

 

ビジネスでやり取りされるものは何ですか?

 

そう、商品やサービスです!

 

つまり、売り方 (マーケティング)がわかれば、どんなビジネスでもやっていけるということです。

コロナ後の世界には、マーケティングスキルが必須となるでしょう。

 

・物販やりますか?
・ブログやりますか?
・YouTubeやりますか?

 

行動してみるのは大いに良いこと。
コロナ後の世界で先行者利益を得られるのは、いま行動を開始したひとだけだからです。

 

コロナと戦うのも重要ですが、コロナが収束したあとのことを考え、いまのうちから行動しておくことをオススメします。

 

じつは、(高齢化・産業衰退で)現在のようなヒドイ不景気には、遅かれ早かれなるとはおもってました。
しかし、まさかその時期がウィルスによって早められるとは、おもってもみませんでした。

 

2年前にでマーケティングを勉強しはじめた僕でさえ、いま焦っている状況です。
何か行動を起こすプラス、できれば平行してマーケティングスキルも学びましょう。

 

コロナの感染拡大は、世界規模の非常事態です。

 

感染拡大防止のため、休業を義務付けて補償100%の国もあるなか、日本は布マスク2枚でバッシングを受けました。
後日30万支給の話も出ましたが、条件クリアが収入半減以下と激ムズ。

 

これらの動向から察するに、ハッキリ言って日本政府には期待できません。
国がどうかなってしまったとき、唯一頼れるのは自分のスキルだけですよ?

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です