誰にでもできる仕事はクソつまらない!やりがい見つけたら要注意

誰にでもできる仕事はクソつまらない!やりがい見つけたら要注意

 

「なんでこんなつまらない仕事をやってるんだろう・・・」

 

と、人知れず発狂しそうになるときがあります。
その原因を考えたら、

「誰にでもできる仕事」

をやっていたからでした。

 

優秀な人はこの事実に、なんと入社後1年以内に気づくみたいですが、
(もっと優秀な人は、サラリーマンになるまえに起業してる…)

僕の場合なんだかんだで10年以上かかりました。

 

つまらない仕事にやりがいを見つけてしまっていたので、
気づくまでに時間がかかったのかもしれません。

 

誰にでもできる仕事はつまらない・やりがいは無い・価値も低い

誰にでもできる仕事ということは言い換えれば、

「誰でもいい、誰がやってもおなじ仕事」

ということです。

 

そんな仕事にやりがいがあるはずもなければ、
おもしろいはずもなかったのです。

 

“誰でもいい”ということはすなわち、
お金の面から言っても、

「価値の低い仕事」

ということになります。

 

まさかスーパーやコンビニのレジ打ちの仕事に、
時給5000円払う経営者なんていないでしょうからね。

 

ちなみに僕の現在の時給を計算してみたら、
15年も働いてるのにまさかの時給1500円ほどでした。
(各種手当て込み、賞与のぞく)

 

こうして冷静に数字だけを眺めてみると、
レジ打ちや居酒屋のアルバイトの時給と大差ないことが見えてきて、

「世のなかに誰にでもできる仕事であふれてんな・・・」

って感じますね。

 

実際そうでしょう?

 

正社員でもアルバイトと変わらないほどの時給で、
奴隷のように長時間働かされているのです。

 

新入社員にいたっては、
大卒初任給20万、手取り16万ほどが相場・・・

となれば、残業なしの20日稼働で160時間労働として、
時給1000円の計算になり、
まさにアルバイトのソレです。

 

その見返りが「社会的地位」だけなのだとしたら、
そんなものは放り出して自由に生きたくもなるってもんです。

 

おそらく優秀な人は、
こういう世のなかのカラクリにいち早く気づき、
早々に価値の高い仕事へと移っていくのでしょう。

 

しかし20代の頃の僕には、そのような思考力はありませんでした。

 

つまらない仕事でも、やりがいを探すと何か見つかっちゃう

仕事がつまらなければ、
ホリエモンのように「やめてしまえ!」という意見もあるでしょうが、
そう簡単にはいきません。

 

「定年まで働かなきゃ!」

という思考が邪魔をするからです。

 

定年まで働かなきゃ・・・

→でもこんなつまらない仕事をあと何十年も続けるのは辛いから、
何かやりがいを見つけなきゃ!

 

このような思考プロセスを経て、
つまらない仕事にもやりがいを探すようになります。

 

で、やっかいなのが、
必死に探せば何かしらやりがいが見つかっちゃうところ。

 

なぜなら、現状を変えたくない・抜け出したくないという

「現状維持バイアス(先入観・思い込み)」

が働くからです。

 

たとえつまらない仕事でも、
僕やあなたの脳が勝手にやりがいを見つけてきて、
現状維持しようとしてしまうのです。

 

たとえば狩猟時代に、
じゅうぶんな食料と安全な寝床が確保できていれば、
わざわざ危険を冒してまで狩りに出かけることがないように、

 

仕事がつまらなくても、
ほどほどの給料がもらえて、それで生きていけるなら、
わざわざその環境を変えてまで、
新しいことにチャレンジしようとはしないのです。

 

これは人間誰しもが持っている、本能的なものです。

 

というように世のなかのカラクリに気づくのが遅れてしまうのは、
つまらない仕事にも“やりがい”を探してしまうからなのです。

 

そしてそれは、
かならずといっていいほど見つかるという…(泣)

 

やりがいを見つけると、
まるで世界で自分だけにしかできないような、
尊い仕事に見えてきます。

 

しかし、もちろんそれは錯覚で、
本質は何ひとつ変わっていません。

 

つまらなく、価値が低い仕事のままです。

 

価値の低い仕事はジリ貧、価値の高い仕事への移行をオススメ

誰にでもできるマニュアル化された仕事・・・

つまりAIで代替しても問題ないような仕事は、
今後一様に価値が目減りしていくことは明らかです。

 

現状ではAIの導入コストが高く、
まだまだマンパワーを必要とする企業も多いかもしれません。

 

しかし長期的な目で見れば、
そのような仕事の給料が下がっていくのは必然。

 

ジリ貧確定の仕事に、
いつまでもしがみついている必要はありません。

 

今のうちに、
価値の高い仕事へと移行する準備をすすめておきましょう。

 

これからは企業がバタバタと倒れ、
個人が活躍する・・・というか、
個人で稼がざるを得ない状況がきっとおとずれます。

(本業の収入が減って、
副業や複業しないと生活できなくなるとか)

 

そういう状況下で必要になってくるのは、
まず間違いなく「ビジネスの知識」です。

 

もっと具体的に言うと、
「集客や販売」といったマーケティングの知識です。

 

マーケティングの知識を身につけておけば、
個人プレイヤーとして稼ぐこともできるし、
人に教えて(コンサルして)稼ぐこともできます。

 

どんなジャンルのビジネスにも応用できる、
普遍の知識であるがゆえに、その価値も高いものとなります。

 

もちろん、
みんながみんな学べば価値は下がってしまいますが、
実際そうはなりません。

 

なぜなら、
現状維持バイアスにとらわれている人がほとんどだからです。

 

つまり、今からでも全然遅くはありません!

 

あなたの足にくくりつけられている、
「現状維持バイアス」という名の鎖を断ち切り、
価値の高い仕事で稼げるようになりましょう!

 

マーケティングについて学ぶなら、
無料のオンライン学習教材がオススメです。

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


60歳になるまで
1日5時間をドブに
捨てつづけたいですか?

『働くのは、1日3時間でいい!』

と教えてくれた、

・今までに4000人以上が視聴
・有料参加者の満足率95%

のセミナー動画を、無料でご案内!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です