転生したらブログになっててアゴ伸びた件=ブログの始め方

【データで見るブログ】直帰率を活用してアクセスアップを狙う方法

記事の内容のレベル

評価 :1/3。
この記事が向いてる人

月500〜1000PV以上あって、少しでもアクセスアップをしていきたいブロガーさん

どうやら、わたくしの勝ちのようですねぇ。

どんな岩をもぶった斬る鋏(ハサミ)!

それが“チョキ”の能力でございますからねぇ!

ふふははははは!!!

美しめの
ずーかま

って話です☆




「直帰率とは?」をインプットする章

直帰率とは?

ブログへ訪問した読者さんが、1ページだけ見て帰っていった割合のこと。



直帰率の計測はセッションごと。

セッションは、

  • 違うIPアドレスからアクセス
  • 滞在時間が30分経過

すると、同一ユーザーであったとしても、
別のセッションとしてカウントされます。

なので、厳密に言うと、
直帰率はそのまま人数の割合ではありません。

が、その事実さえ知っておいたら、
人数の割合ととらえて問題ナシ!

そのほうが分析しやすいですからね。

直帰率はどこで確認できるので章?

Googleアナリティクスで確認できるで章。

章なんだね。

美しめの
ずーかま

章だよ☆

いったいどこを確認するんだい?

美しめの
ずーかま

ココだよ☆

あらヤダ♡

アナリティクスを開く>「ユーザー」>「概要」をクリック
美しめの
ずーかま

↑これがブログ全体の直帰率だよ☆

(デフォルト設定では直近1週間のデータ)

あらヤダ♡

美しめの
ずーかま

一般的なブログ・サイトの直帰率の平均は、70〜80%くらいと言われているよ☆

美しめの
ずーかま

ちなみに、記事ごとの直帰率も確認できるよ☆

アナリティクス:「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」をクリック

記事ごとの直帰率・・・

ってわけで、この、“記事ごとの直帰率”に着目した、
ブログのアクセスアップ方法を解説しまっす。

直帰率を活用して、アクセスアップを狙ってみま章

事ごとの直帰率を見れば、

どの記事がつぎの記事につながりやすいのか?

を、「科学的に」確認することができます。

サ・・・サイエンスぅぅぅ


つまり、データを活用した科学的なアプローチで、

直帰率の低い記事から、直帰率の低い記事へと内部リンクをつなげる

なんてズルイこともできちゃいます。

アンタちょっと長い男だったよ♡

アゴがね♡


とえば、直帰率50%の記事が複数あるとして、
その記事同士をつなげていくと・・・

1記事目

1000PV(仮定)

直帰率50%の場合、1000人のうち、500人が離脱。

残り500人が2記事目を読む。

2記事目

1記事目の1000PV+500PVで、トータル1500PV

直帰率50%の場合、残った500人のうち、250人が離脱。

残り250人が3記事目を読む。

3記事目

2記事目までの1500PV+250PVで、トータル1750PV!!



と、いうように、
どんどんアクセスが底上げされるのがわかるでしょうか?

仮に直帰率が50%の記事を2回つなげられれば、
アクセスは約1.8倍にもなります!!


まぁ・・・

『直帰率50%が可能か?』

というと、狙ってやるのはけっこうむずかしいです。

が、80%前後は試行錯誤すれば余裕で行きます。

たとえ80%(つぎの記事を読んでくれる人が20%)だとしても、
80%を3回つなげれば、
1000PV が 1240PV になるので・・・

アクセスは約1.25倍ですね!

これってけっこう現実的です。

ただひとつ注意点として、直帰率の低い記事であれば、
何でもかんでもつなげればいいってもんじゃありません。

内部リンクをつなげる記事の関連性が低ければ、
クリックされにくくなるからです。

もちろん、関連性の高い記事だからと言って、
そううまくはクリックされません。

ので、

つぎにどんな記事が読まれやすいか?

をこれまたデータで確認して、
クリックされやすそうな記事を配置してみましょう!

アナリティクスで、ある特定のページから、

  • つぎにどんな記事が読まれているか
  • その割合は何%か

を確認することができます!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

あらたに記事を書いて、順位が上がるのを待つより、

(それもやりつつが理想ですが)

すでにアクセスのある記事から広げていくほうが、
ラクにアクセスを増やせます。

積極的にチャレンジしていきましょ☆

コピーライティングは、セールスのためだけにあるんじゃねぇんだよコンチク章

うもコピーライティングってのは、
セールスに特化したものだとおもわれがちですが、

🟢収益につながる記事

🔴そうでない記事

じつはどちらにもコピーライティングは必要なんです。

記事タイトルは何のためにある?

ひゃい!記事を開いてもらうためです!

見出し(章)は何のためにある?

ひゃい!本文を読ませるためです!

リンクは何のためにある?

ひゃい!クリックしてもらうためです!



ほらね?



気を抜いて書いてませんか?


究極的には・・・

さいしょの一文は何のためにある?

ひゃい! つぎの一文の読んでもらうためです!

2番目の文は何のためにある?

ひゃい! 3番目の文を読んでもらうためです!


・・・ってことなんですよ。


ぜーーーんぶ、“コピーライティング”セヨ。


なので!


内部リンクをつなげるときも、ただリンクを貼るだけでなく、

読みたくなるような一文

を考えたいですね。

読んでくれなかったら○いますので、お願いします

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

↑目立たないよりはいいけど、コレはやりすぎの例ね。

  • 直帰率が低く
  • 関連性の高い記事を
  • コピーライティングでうまくつなげて
  • アクセスアップ

を狙いましょう!

そしてぼくらのブログがアクセスアップした結果、

🟢読者さんのメリットになるようなコンテンツ

を増やしていきたいですね☆

ではまた!(`・ω・´)ゞ

このブログがおもろかったら
クリックして応援してね☆

↓  ↓  ↓  ↓

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。