転生したらブログになっててアゴ伸びた件=ブログの始め方

型破りなブログ記事を書くには、けっきょく型を学ぶ必要がある話

型破りなブログ記事を書くには、けっきょく型を学ぶ必要がある話

記事の内容のレベル

評価 :1/3。

現状打破したいブロガーさん向け

美しめの
ずーかま

型破りな記事を書きたいとおもいますか?


え、おもわない?

キィィィン・・・っひひっ!!!

つめたい!

↑信じられないかもしれませんが、これもひとつの型なんですよ。

  • 導入文の型を学ぶ(マネる)
  • 導入文の型をある程度極める
  • 導入文の本質(目的)を理解する
  • 本質を外さずにあらたな型を生む(型破り)


↑という流れを経てできた、ぼく独自の型なんです。

このような型破り・型くずしをして、あらたな型を生み出すには、

まずは型を極める必要がある

って話です。



基礎技術なき型破りは、「型なし」

基礎技術の鍛錬なくして、自由にやるのは、

❌型なし

↑こう呼ばれてるらしいですね。

あー・・・あー・・・



この記事を書くにあたって調べて、はじめて知りました。

・・・えっ?!

有名なのに・・・?



基本となる型がないってことは、
ただ単にハチャメチャやってるだけってことです。

とえば、

野球経験がないのに、イチローの振り子打法みたいな独特なフォームをマネしたり

❌発声の練習や勉強をしてないのに、シャウトして歌ったり

↑こういうことしても、
前者はまともにボールに当たらないし、
後者はのどをつぶしてしまうでしょう。

基本の型がなく、ただめちゃくちゃやってるだけですからね。

(もちろん、才能があっていきなりできるパターンもあるかもしれませんが、
それはまた別の話)

ログもおなじで、型破りな記事を書こうとおもったら、
まずは型に忠実に記事を書く経験を積み重ねないとダメなんす。

ぼくの場合、

🟢だいぶフザけて笑いを取りに行きつつも

🟢なぜか読みやすい(と信じたい)

🟢なぜか学びがある(と信じたい)

↑という今の記事の型に行き着くまでに、
だいたい350記事くらいかかりました。

ぐぅわぁっ・・・つふふっ!!!

信じるだけなら自由!

守破離という概念

守破離(しゅはり)とは?

日本の茶道や武道などの芸道・芸術における師弟関係のあり方の一つであり、
それらの修業における過程を示したもの。(引用:Wikipedia)



・・・とあります。

まり、基礎の鍛錬があるからこそ、
型を進化させることが可能ってことですね。

守・破・離それぞれの過程ですることは以下。

  • 守のフェーズ:師の型を忠実に再現する
  • 破のフェーズ:別の師の教えも取り入れたり、自分で工夫してみたり、型を破る努力をする
  • 離のフェーズ: 型から離れ、まったくあたらしい型を生み出す



で、ブログも芸道なので、
おなじようにこの概念をあてはめることができます。

ぼくのケースに当てはめると・・・

  • 守(〜200記事):1〜2人のトップブロガーの型を徹底的にコピー
  • 破(〜350記事):別のトップブロガーの型もマネしつつ、自分の型を模索
  • 離(350記事〜):変態ライティング爆誕

↑こんなかんじで、やっぱり守破離をたどってきたことになります。

美しめの
ずーかま

はじめから変態だったわけではありません。

美しめの
ずーかま

あ、違っ・・・
わなかった、生まれたときから変態でした。

離のフェーズまで行くと、マジでライバルいない

事を書きつづけて、離のフェーズに来て、
あたらしい型を生み出したら・・・

美しめの
ずーかま

ライバルいないっすね。


これは傲慢でもなんでもなく、ホントにいないんすよ。

ぜなら、「自分だけの型」を手にしたからですね。

そりゃ探せば似たような人はいるでしょうが、
もし競合するような人がいたら、
別のジャンルに行けば済む話なので、問題なし!

それに、基礎鍛錬の上に成り立つ型である以上、
ちょっとやそっとマネされたぐらいでは、コピーできません。

もちろん、いずれはコピーされるのかもしれませんが、
コピーされるようになるころには、

  • 成功している
  • つぎのステージへ行ってる

とおもうので、これも問題なし!

まり、

離のフェーズまで行けば無敵!!

なのです。

のわぁ〜…っははほふっ!!!

言い方が中二!

破のフェーズでくすぶってる人は意外と多い

離のフェーズまで行けば、

中学2年生!

なんですが、
マネマネで成長がストップしてる人が多い印象。

ぶん、まだまだ量が足りてないんでしょうね。

ぼくも350記事とか書きまくってからの「離」でしたし・・・

なので、

離に行くまえにあきらめたらもったいない!

ってことは、声を大にして伝えたいです。

とはいえビジネスは、守のフェーズを極めて成功できる例アリ

ブロガーなら知らない人はいないであろう、マナブ神。

マナブ神の型を極め、マナブ神ほどではないものの、
成功を収めている人は複数人います。

  • Tsuzukiさん:月300万
  • Osukeさん:月20万

(たぶん、ほかにもいるでしょう)



Tsuzukiさんを知らない人は少ないでしょうね。

OsukeさんはツイッターのRTでたまたま見かけました。

で、2人とも、マナブ神の型で書いてるとおもうんですよね。

言い回しとかがもう、マナブ神のソレです。

ブログの雰囲気に違いはあれど、シロウトが文章を見たら、
おなじ人が書いたような印象を受けるんじゃないでしょうか?

れが良いとか悪いとかじゃなくて、

トップブロガーと見間違うような記事を書ける
||
ライティングスキルが高い

ってことです。

その状態である程度の記事数を放り込めば、
成功を手にできる“例”もある・・・

というか、ビジネスの世界だと、
こういうことが頻繁に起こります。

TTP(徹底的にパクる)という言葉もあるくらいです。

を極めれば、型を破ったり離れたりしなくても、

ビジネスで成功は可能

という好例。

物販とかで成功するケースも、まさに「守」ですね。

ぼくはマネしつづけてると飽きてくるタイプなので、
結果的に3人以上の師に浮気しちゃいました。

が、ご紹介したお2人は、ぼくとは対照的に、

型を貫きとおす

という道を選べるだけの忍耐力・精神力を持った、
堅実で実直な方たちなんだとおもいます。

イェェェェス!!!
そこにあるのは何か?

まとめ:きわめれば守でも成功できるけど…離はサイコー!

守をきわめて成功する・・・

ぼくもそんな道を目指したときがありました。

が、なにせ気分屋なもので、

❌ブレにブレまくって

❌回り道して、遠回りしまくって

❌離を選ぶしかなかった

と言えなくもないです。

が・・・!!!


離まで来ると、マジで見える景色が変わります。

🟢ライバルいないし

🟢記事書くの楽しいし

🟢自由だし

🟢成功しそうだし

↑で、良いことづくめ!

いごの“成功しそう”ってのは脳内お花畑のなせるワザですが、
ともかく離まで来ると、

もう一段階ブログに深くハマる

ブログがもっと楽しくなる

ので、稼げなくともつづけましょう!



ではまた!(`・ω・´)ゞ


おすすめ特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。