昇進の約束を反故にされ、ブロガーとして覚醒した男の物語…

アクセスアップの秘孔

ブログの表示速度が遅いときの確認項目5つ【速すぎる必要ナシ】アクセスアップの秘孔

ブログの表示速度が遅いときの確認項目5つ【速すぎる必要ナシ】

ブログの表示速度って何秒ですか?3秒?2.9秒?ひょっとして・・・2.8秒?!・・・誤差ッ!!!ってことで、表示速度が遅いと感じたときに確認すべき項目と改善方法を5つご紹介!ぜんぶ盛り込んだら、読み込みが速すぎて逆に見えなくなる?!・・・んなわけない!ハイ、ウゼェ前説おわり!

ここ50記事くらい、キーワード選定なしで書いてるって実話アクセスアップの秘孔

ここ50記事くらい、キーワード選定なしで書いてるって実話

ブログ記事のキーワード選定って、なしじゃダメ?マジメにやらないとダメ?→わりと適当でもイケる。そんな『手抜きーワード戦略』を伝授ゥゥゥゥゥ。マジメすぎると疲れるもんね。気楽に、テキトーに、そんなキーワード選定があってもいんじゃないかしら?まぁ、上位表示されるかどうかは知らんけど。

ブログ初心者さんでも上位ゲット?! 超ロングテールキーワード戦略アクセスアップの秘孔

ブログ初心者さんでも上位ゲット?! 超ロングテールキーワード戦略

ブログ初心者さんでも検索上位(1位)を獲るための戦略…それが、「超ロングテールキーワード戦略」でございま。アクセスは少ないかもしれませんが、少ないアクセスをかき集めるのが、弱者の基本戦略でございま。欲をかいてレッドオーシャンに首を突っ込もうものなら、窒息するだけでございま。狙うべきはライバル不在のブルーオーシャンでい!

強者になる必要なし!ロングテールキーワードでコソコソPV集めアクセスアップの秘孔

強者になる必要なし!ロングテールキーワードでコソコソPV集め

ロングテールキーワード戦略で、コソコソとPVを積み上げ、ブログを成功させるのだッ!!!ロングテールとは、その名の通り「長〜いシッポ」のことで、検索ボリュームは小さいが検索市場の80%を占める超重要なキーワードたちだッ!ビッグキーワード?そんなの狙っても上位表示なんてムリムリ!弱者はロングテール一択!コソコソと尻尾狩り!

活用しないのはもったいない!サーチコンソールの活用方法2選アクセスアップの秘孔

活用しないのはもったいない!サーチコンソールの活用方法2選

2人のサチコが共鳴し合うとき…予想だにしなかったアクセスアップが生まれる…あ、サーチコンソールの活用方法の話です。熟サチコさんは、CTR(記事タイトル)改善担当。若サチコさんは配膳担当…もとい、未知の検索ニーズ発掘担当。どっちのサチコが好きだって?うーん、選べません!どっちも好きになってください!両手にサチコ!

アクセスアップの秘孔

【これはウソ!】 →ブログは3ヶ月我慢すればアクセス急増

「ブログは3ヶ月我慢したら、アクセスが急増するんだ…」「3ヶ月我慢したら、グーグォル(Google)にドメインが評価されるんだ…」だからボクは、我慢するぞ!!!じゃねーんですよ。よっと待ってください。3ヶ月という数字だけが一人歩きしちゃってますよ?ちゃんと解説するんで、何が3ヶ月なのかを、正しく理解しておきましょうぜ。

記事数は関係ないゾ!ブログ50記事到達時のPV・収益のリアルアクセスアップの秘孔

記事数は関係ないゾ!ブログ50記事到達時のPV・収益のリアル

ブログにたかが50記事入れたくらいで夢を見ようなんて甘いぜッ!通過地点も通過地点。アクセスも収益も、ブログのサクセスストーリーも、まだまだ始まったばかりでござる。とはいえ、50記事はすごいよ。10記事書くのだってシンドイからね。その調子で継続しよう!100記事入れたらアクセスがどうなるか、これからワクワクだね!☆

Googleの寵愛ゲット!「質の高いブログ記事」の明確な条件7つアクセスアップの秘孔

Googleの寵愛ゲット!「質の高いブログ記事」の明確な条件7つ

ブログ記事の順位を上げるためには、「質の高い記事を書いてください」・・・って、質の高い記事って何なんだよ。曖昧すぎるんだよ。書き方を教えろよ!→承知いたしました。Googleに高品質と認められるための「7つの条件」をお教えしましょう!でもね、この通りにやったって、すぐに評価されるわけじゃないからね、継続的にやってね。

【読まれないタイトルはゴミ】ブログ記事タイトルの付け方と事例集アクセスアップの秘孔

【読まれないタイトルはゴミ】ブログ記事タイトルの付け方と事例集

!!!「つまらない」「目立たない」「興味を惹けない」ブログの記事タイトルは・・・ゴミ!!言い方がアレですけど、そうじゃないですか?平凡な記事タイトルなんて付けても、誰もクリックしてくれません。クリックさせてナンボ!というわけでクリックを誘う記事タイトルの付け方・テクニック・事例を解説。今日からあなたもコピーライター!