転生したらブログになっててアゴ伸びた件=ブログの始め方

「ブログの作業効率アップ=個性消失」だから、バランスに注意

「ブログの作業効率アップ=個性消失」だから、バランスに注意

記事の内容のレベル

評価 :1/3。
この記事が向いてる人

記事を早く書きたがるブロガーさん

誰もがおもう。

アゴが長くなりたいと・・・

確信がある!

1万人に1人くらいは居る!

誰もがおもう。

アゴが長く・・・

誰もがおもう。

記事を早く書きたいと・・・

そしてこう悩む。

「質と量、どっちが大事なんだ?」って。



作業効率はアゲすぎ注意

アゲすぎに注意だ。テンプラは。

美しめの
ずーかま

カロリー高いからね。

アゲすぎに注意だ。ブログの作業効率は。

とえば、

※リンク先はテンプレを解説した記事

↑これらをテンプレに沿って書いて、
時短だけを目標にしてしまうことです。

薬には作用と副作用があるように、
テンプレ化にも副作用があります。

それは・・・

カロリーが高すぎること!

チッガ〜ゥ!!!

美しめの
ずーかま

バターン化されてつまらなくなることです。


つまりは、個性消失。

しあなたが、ブログ個性を出していきたいなら、
テンプレからは離れる必要がありまっせ。

ただし、あなたがブログ初心者のうちは、テンプレをガシガシつかって、とにかく量をこなしたほうがいいです。

その理由

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

脱テンプレが個性を生む

とえばぼくは、記事の導入部分を仕上げるのに、
1時間以上かかることも。

↑導入文を書く時間とは別に、
「画像つくるための時間が」、です。

なぜそこまでするのか?

対外的な理由は、

「読者さんを楽しませたいから」



そして利己的な理由は、

「人がやってないことをやりたいから」

です。

通なら、導入文書いたら、
吹き出しつくるくらいで終わりですよね?

ぼくはこの流れに飽きちゃったんで、
ブチ壊すことにしました。

んながみんなおなじテンプレをつかって、
有益さ勝負してたら、
正直、違いがわかんなくないですか?

誰が書いてもいっしょなら、
「ぼくが書く価値はない」と判断してのことです。


唯一無二・・・


なんてものはないかもしれませんが、
少なくともそう見える「見せ方」はしていきたいですね。


・・・個性出したいならば!!!


ちろん、

「個性なんてなくても成功する」

っていうのはブログ界の常識ではあるので、
どちらを選ぶかは・・・?

個人的には「これからのブログは個性ないとダメだ」とおもう派です

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「ブログに個性は要らない」は、強者の理論だとおもう件

ブログ作業を効率化するなら、操作系にかぎる

ライティングは型から外れたほうがおもしろくなりますが、
操作はどんどん効率化していきましょ。

とえば、

よく使う装飾・画像・吹き出しはいつでもコピペできるようにしておく

↑のように、作業をパターン化するのはオッケーです。

PCのショートカットキーを活用するのも、
けっこう時短になります。

と、

  • ポチポチ押す操作
  • ドラッグ操作

「速さ」に関しては、なんだかんだ言って、
トラックバッド(mac)よりマウスのがやっぱ優秀。

上記の作業が多い場合は、マウスつかったほうが効率良き。

まとめ:有益さはもう頭打ちで、次点はどう知識を得たいか?

↑そう考えたら・・・

アゴが長くなりたい・・・

楽しく知識を得たい!

じゃないですか。

そうおもいませんか?

益さ・知識にあふれてるブログは多いですが、
「楽しさ・ユーモア」にあふれてるブログは少ないです。

(↑ここに勝機アリ!・・・と勝手におもってます)

テンプレ化して作業効率化もいいですが、

読者さんを楽しませる

この気持ちを忘れずにいきましょ!

まぁ型から飛び出した先に、
また型(テンプレ)をつくってしまうんですが、
それはいちおう、「自分だけの型」ということで。

ぶっとんだおもしろい記事を書く方法

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

本当に教えたくないから教えない、面白いブログ記事の書き方

型を守る方法、型を破る方法、両方解説

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

型破りなブログ記事を書くには、けっきょく型を学ぶ必要がある話

ホイジャーマタ!

ホイジャーマタとは?

東海地方の方言で、「それじゃあまた」という意味。
ちなみに「ホジャマタ」と略しても意味は通じる。


おすすめ特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。