「早く帰る人=仕事のデキる人」という認識にならない遅れた日本

「早く帰る人=仕事のデキる人」という認識にならない遅れた日本

 

できることなら、
残業なんてせず定時で・・・

 

もっと言えば、8時間労働なんてせず、
仕事が終わったらとっとと早く帰りたいですよね。

 

そんな、8時間以内に仕事を終わらせてしまうアナタ・・・

 

 

超優秀です。

 

しかし今の日本には、
あなたのような人を評価する文化がまだ浸透していません。

 

 

だから日本は生産性が低い

見よ!

 

海外の先進国とくらべたときの、
日本の生産性の低さを!

 

世界の労働者の総労働時間と労働生産性との関係

出典:データで読む産業保健「労働時間と労働生産性」

(↑何度目かの登場)

 

海外からは、

「マジメで働き者」

と称される日本人ですが、
フタを開けてみればとんでもない。

 

ただただ長い時間労働しているだけで、
生産性はこれっぽっちも高くないのです。

 

このような生産性の低さを生み出した原因の1つは、
間違いなく、

「会社に遅くまでいるヤツが評価される文化」

でしょう。

 

日本ではいまだに、
仕事を早く終わらせて早く帰る人よりも、
仕事はすすんでなくても会社に遅くまで残っている人のほうが、
なぜか評価されやすい傾向にあります。

 

遅くまで残っているほうが、
「頑張ってる感」があるからでしょうね。

 

たしかに日本人には、

「頑張りや忍耐」

を美徳とする価値観があるかもしれません。

 

しかし、それとこれとは話が別。

 

会社は利益をあげてナンボ。

 

遅くまで会社に残ってるだけで、
会社の売上げにはほとんど貢献していない・・・

 

そんな社員が評価されるなんてことは、
あってはならないはずなのです。

 

 

しかし、人事評価の現場では、
平然とそのような評価がおこなわれています。

 

だから優秀な人は手を抜く

そんな歪んだ評価がされるもんだから、
能力の高い社員たちは、
しだいにモチベーションを失っていきます。

 

そうして能力の高い社員の力がじゅんぶんに発揮されなくなり、
生産性が落ちているのです。

 

「早く帰る社員」は、
言い換えれば、

「早く帰れる・・社員」です。

 

それだけ能力に余裕があるってことです。

 

そういう社員にはどんどん仕事を回し、
その分給料を上げればいいとおもうのですが・・・

 

実際には給料を上げないクセに、
仕事ばっか回します。

 

優秀なあなたもこのような事実に気づき、

「割に合わない」

と、わざと手を抜き、
わざと生産性を落としていることでしょう。

 

早く帰る人を白い目で見る人が多数派のうちは、
生産性の向上は期待できなさそうですね。

 

だから、起業がいい

早く帰る人が評価される会社や社会になったらいいですよね。

 

しかし、変わるのを待っていたら、
いつまで待たされるかわかったもんじゃありません。

 

ひょっとしたら来年に変わるかもしれないし、
10年経ってやっと変わるかもしれません。

 

あるいは、会社が潰れるまで変わらないかもしれません。

 

というか、社会全体が早く帰る人を評価するようにならないと、
会社は変わらない可能性が高いです。

 

今までの常識をひっくりかえすような制度改革をおこなうのは、
会社にとってはリスクにしか見えないからです。

 

まわりの状況を見てうまくいったのを確認してから、

「じゃあウチも変えよう」

というのが、日本企業によく見られる風潮。

 

つまり、まわりの会社が変わっていないなら、
あなたの勤めている会社が変わることには期待できません。

 

少なくとも、
融通のきかないGGたちが会社からいなくなるまでは、
変化は起こらないでしょう。

 

だったら、
社会や会社が変わるのを待たず、
自分で変えてしまえばいいとはおもいませんか?

 

つまり、『起業』です。

 

起業すれば、

  • 決まった時間に出社し、
  • 決まった時間まで会社に居なければいけない

という概念がなくなります。

 

リモートワークなら、会社に出社する必要はないですが、
やっぱり決まった時間拘束されます。

 

でも起業すれば、
そういう「時間の拘束」から解き放たれ、
すべてを自分でコントロールすることができます。

 

わざわざ自分の能力以下に生産性を落とす必要もないので、
やればやっただけ稼げるというメリットもあります。

 

生産性が高く、利益率が高いビジネスに取り組めば、
働く時間を減らしながら、
サラリーマン以上に稼ぐことだって可能です。

 

そんな起業という選択肢を選べるようになるために、
今のうちから準備をはじめてみませんか?

 

起業の準備はむずかしくありません。

 

だらだらと、頑張らずにできますよ。

 

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

2020年10月13日

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


60歳になるまで
1日5時間をドブに
捨てつづけたいですか?

『働くのは、1日3時間でいい!』

と教えてくれた、

・今までに4000人以上が視聴
・有料参加者の満足率95%

のセミナー動画を、無料でご案内!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です