本当に教えたくないから教えない、面白いブログ記事の書き方

本当に教えたくないから教えない、面白いブログ記事の書き方

記事の内容のレベル

評価 :1/3。

読者さんをクスッと笑わせたいブロガーさん向け

フェーーーィ!

教えませェェェん!!!

うぜェーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、

面白いブログ記事の書き方

をご紹介しますね。

くが追及してるのは、「クスっと笑える」タイプの面白いなので、
それ以外の面白さに関しては言及しません。

あしからず。



ユーモアのセンス?ノーノー、ナンセンス!

ありがたいことに、ぼくの書いた記事を、

「ユー、センスがあるネ」

とツイッターで言ってもらえたこともあります。

が、これについては見てくれた人が決めることなので、
どうこう言いません。

れに、ぼくはどうやら、「ナンセンス」を追求してたみたいなんです。

ナンセンスって、

❌センスがない

って意味でつかわれることが多いですよね?

でもこれは誤用で、

🟢無意味な、ばかばかしい

が正用です。

葉としての意味はそうなんですが、
ナンセンスという言葉を文学・芸能にもちいる場合は、

常識や論理性を無視した

って意味になるらしいです。

(「笑いのこころ ユーモアのセンス」織田正吉著より)

まり、

常識[センス]から外れた

って意味で、“ナンセンス”と・・・。

ブログもある種の文学なので、
そういう意味でつかうのであれば、
ぼくの記事にはナンセンスがいっぱいでした。

・・・と、いうわけで、
ナンセンスをどう表現してきたかを、
可能なかぎり論理的に解説したいとおもいます。

文章(会話)のナンセンス

ぼくはブログでキャラクターにツッコませるとき、
日常会話や、芸人さんが漫才でやるような、

起こったできごとに対してまんまツッコむ

という、

  • 常識的
  • 秩序的
  • 論理的

なツッコミはしないように、
チョ〜気をつけてます。

レ、会話なら面白いんですが、
文字に起こしたとたんに平凡になってしまうからですね。

常識的なツッコミが面白いのは、
そのフレーズ自体が面白いんじゃなく、

  • 声色
  • 声量
  • テンポ
  • 動作
  • 雰囲気

が音や映像として伝わるからだとおもいます。

かし、ブログの場合はそうはいきません。

なにせ文字と画像の2次元ですからね。

たとえば、「世界観が大事だ」というテーマの記事のなかで、

美しめの
ずーかま

その世界観ですね。

・・・と言うと、「尾崎世界観」さんでしょうか?

↑とおっさんがボケる会話があります。

れに対して、常識的なツッコミをするとどうなるでしょうか?

美しめの
ずーかま

その世界観ですね。

・・・と言うと、「尾崎世界観」さんでしょうか?

美しめの
ずーかま

それ歌手やん!

美しめの
ずーかま

ですよね?



そこで、ナンセンスを発動するとこうなります。

美しめの
ずーかま

その世界観ですね。

・・・と言うと、「尾崎世界観」さんでしょうか?

美しめの
ずーかま

そうなってくるとキノコですね。

人・・・ではないのでしょうか?

理性はまったく無視して、「キノコ」というワードを栽培してやりました。

ツッコミというより、ボケにボケを返した感じですね。

「キノコですね」

ってボケが来たら、

「それ髪型の話!」

とかって常識的にツッコミたくなるんですが、そこはグッとこらえて、

「人・・・ではないのでしょうか?」

とさらにボケを返します。

で、ここまで来てようやく、
「あ、髪型の話ですね」とオトします。(常識的なツッコミをする)

↑もしそう感じる場合は感性が違うので、
あなたを笑かすのはあきらめるしかなさそうです。

チ自体をなくしてしまうこともあります。

「オチがない」というナンセンス

ですね。

・・・って、

感覚的に書いたことを解説するのはなんだか滑稽なんで、
このへんで終了していいっすか?

ユーモアはカエルと似ている。

解剖すると死ぬ。

・・・って、マーク・トウェインが言ったとか言わないとか。

画像のナンセンス

画像は、「非日常世界」というナンセンスを表現しやすいです。

とえば、

おっさんを恐竜に食わせたり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

おっさんが亀と融合したり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ハエに扮したおっさんがフライアウェイしたり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



識(日常生活)ではありえないことが、目のまえでくり広げられている・・・

それだけでもう、おかしさを感じてしまいませんか?

美しめの
ずーかま

え?感じない?



やっぱりあなたを笑かすのはムリですね。

うブラウザ閉じてもらっていいっすか?

セオリー破壊としてのナンセンス

「ライバルに勝つ」という記事で「カツサンド」を登場させたり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

差別化の記事で「キャベツをかぶったおっさん」を登場させたり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「導入文の書き方」の記事で「背負い投げをするおっさん」を登場させたり
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

↑あ、すべてブログ記事の導入文で起こったことです。

読者さんの悩みに共感して・・・

ってのが導入文のセオリーですが、
その「セオリーをブチ壊す」って意味でのナンセンスさですね。



はいえ、ブログ記事のテーマとまったく関係がないわけではなく、

  • 勝つ→カツサンド
  • 差別化→キャベツ化
  • セオリーを無視する→背負い(セオリー)投げ

というように、言葉遊び的に発想をふくらませているのがコツです。

ずーかま嫁

ただのオヤジギャグじゃん。

美しめの
ずーかま

・・・って言われましたけどね。



ったく関係のないくだりを突如挿入しても、
それはそれで面白いですけどね。

たとえば、ぼくのお気に入りがコチラ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



↑これをつかったときは、マジで前後の文脈関係なくブチ込みました。

だ、こういう飛び道具は何度も登場させると効果が弱まるので、
基本、1〜2記事の使用にとどめてます。

アップデートして再登場させるのは許してます
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ナンセンスのポイントは、違和感と裏切り

ナンセンスな表現が、

  • 面白おかしくて
  • クスっと笑える

のは、

  1. 違和感
  2. 裏切り

↑この2つのポイントを押さえているからだとおもいます。

美しめの
ずーかま

その世界観ですね。

・・・と言うと、「尾崎世界観」さんでしょうか?

美しめの
ずーかま

(いやそれ歌手やろっ!・・・やろっ・・・やろっ・・・)

↑って心のなかで無意識にツッコんでるうちに、
突如死角から「キノコ」が放り込まれる。



の裏切りが違和感を生み、
おかしさからクスっと笑ってしまう。

・・・みたいな?

・・・え?

ナンセンスとセンスの往復ビンタ

はいえ、記事全編をナンセンスで構成すると、
ただただあたまがおかしいだけの、
まったくない秩序のない記事になってしまいます。

ので、ナンセンスを発動したら、
すぐにセンス(常識)に戻してます。

何ごともなかったかのように本文に戻ると、
それはそれでおかしさが生まれたりするんですよね。

ナンセンスとセンスの間を往復してもらうことで、
まるでジェットコースターに乗ってるかのようなある種の興奮状態を誘い、
つぎへつぎへと読みすすませる効果もある・・・

美しめの
ずーかま

・・・と、勝手におもってますがなにか?

終章: ナンセンスを意図的に生み出して、面白いブログ記事へ!

ナンセンスを表現するために必要なのは、才能なんかじゃなく、

ルールや縛りから解放された状態になること!



見渡せば理路整然とした記事ばかり・・・

そんな面白味が欠ける状況になっているのは、
みんなルールや縛りのなかで記事を書いているからです。

ぼくも3年そうしてきました・・・

ど、

もっと自由に書いたら、ひょっとして面白いブログ記事になるんじゃないか?

と思いついたのがキッカケで、
いざ自由に書いてみたら、手ごたえアリアリでした。

ブログやってる時点でナンセンス

でやんす。

せっかくならもっとセンス[常識]を破壊して、
ナンセンスを生み出していきましょうぜ!

※ただいま募集は受け付けていません。
※というかさいしょから受け付けていません。



この記事を書いたことで、
カエルが死ぬんじゃないかとおびえながらも、
誰かの参考になればとおもい、
公開するのであった・・・



ではまた!(`・ω・´)ゞ

このブログがおもろかったら
クリックして応援してね☆

↓  ↓  ↓  ↓

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。