転生したらブログになっててアゴ伸びた件=ブログの始め方

順位低っ…もしかして内部リンクのせい?【重要性と貼り方】

順位低っ…もしかして内部リンクのせい?【重要性と貼り方】

記事の内容のレベル

評価 :1/3。
この記事が向いてる人

内部リンクのだいじさがいまいちピンと来ないブロガーさん

  • 記事を増やして
  • 質の高い記事も書いて
  • ある程度運営歴も経ったのに・・・



順位低っ!

アクセス少なっ!

美しめの
ずーかま

あるとおもいます。


というか、まさにぼくがその状況のさなかにいます。

(21年10月初旬)

ひょっとしてその原因は・・・

なのかとおもいましてね。

ハハッ。

内部リンク最適化中です。

そんな、“内部リンクの重要性と貼り方”について語りました。

イマイチ効果が見えにくいし、やることは地味なため、
後回しにされがちですが・・・

あらためて必要性を文字に起こしてみたら、
結論、めちゃくちゃ重要でした。

内部リンクと真剣に向き合ったことのない方は、
この機会に要チェック!




内部リンクのイメージ

そうですね・・・

内部リンクのイメージは・・・

『細菌』、ですね。

細菌マン

おっす!

細菌マン

わがはいが細菌マンだお。

細菌マン

内部リンクのイメージを見せてやるから、覚悟しな!

↑内部リンクのイメージ

・・・といった感じのイメージですね。

美しめの
ずーかま

え、めっちゃわかりやすい!

たとえば、「まとめ記事と、個別記事(詳細記事)」を、
内部リンクでつなげるときのイメージが、まさに細菌。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


真ん中にデッカイ胞子があって、
そのまわりにちっさい胞子がたくさんありますよね。

それぞれ、

  • 真ん中のデッカイ胞子:まとめ記事
  • まわりのちっさい胞子:個別記事

と置き換えて見ることができます。

記事どうしのつながりは、
デッカイ胞子とちっさい胞子をつなぐ「菌糸」

で、この菌糸が“内部リンク”ですね。

内部リンクの貼り方と効果(仮説)

🟣デッカイ胞子からちっさい胞子

🟣ちっさい胞子からデッカイ胞子

というように、相互にリンクを貼ります。

※かならずしも相互に貼る必要はありません。

こうすることで、

記事どうしに関連性がある

と、グーグォル(Google)に知らせることができます。

そして、複数のちっさい胞子(個別記事)から、
菌糸がたくさんつながった胞子は・・・

胞子がデッカクなります!!

つまり、

ブログ・サイトのなかでも特に重要

と見なされるようになるってことです。

このように、複数記事から内部リンクを貼られた記事(たとえばまとめ記事)は、
そのほかの記事より評価が高まる傾向があります。

で、評価が高まったまとめ記事からリンクしている個別記事も、
連鎖的に評価が高まる・・・と。

論理的にはそうなりますね。

内部リンクでつなげている記事どうしの評価が、底上げされる感じですね。

細菌マン

むむ?!

細菌マン

ということは・・・

細菌マン

とにかくたくさん菌糸をつなげれば、無限に胞子をデッカクなるのか?!

細菌マン

ゲフフフフ!

細菌マン

記事を量産して、菌糸をつなげまくってやるぜ!

???

細菌マンめ、そんなことは許さないゾ!

細菌マン

お、おまえはもしや・・・?!

細菌マン

マゾ・アソパソ!!!

マゾ・アソパソ

ホントはボクが痛めつけられたかったのに・・・

マゾ・アソパソ

チクショウっ!



グーグォル (Google)は賢く、
ページどうしの内容の関連性を見ているので、

❌関連性の低い記事を量産して、大量に内部リンクをつなげる

みたいなズルいやり方をしても、
内部リンクを集めた記事の評価があがることはありません。

あくまで、

関連性の高い記事どうしを内部リンクでつなげる

ようにしましょう。

そのうえで、
ちっさい胞子どうしも菌糸(内部リンク)でつなげるようにすると、
さらに関連性が高まって良い感じです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


この章で述べたことは、
SEO界隈で一般的に言われていることですが、
仮説の域を出ません。

が、ちょうどぼくが今、
170記事の内部リンクを最適化中なので、
目に見えた結果が出れば別途報告します。

とはいえ、やるかやらないかで言ったら、
ゼッタイに内部リンクは貼ったほうが良い!

読者さんの利便性が高まる

からです。

だって、関連性の高い記事であれば、
「読者さんが知りたい情報の可能性が高い」ですよね?

順位が・・・
アクセスが・・・
SEOが・・・

うんぬんの前に、

  • 読者さんの視点で
  • 読者さん優先で


考えてみましょう。

そしたら、

「内部リンク考えるのめんどくさっ」
「貼らなきゃいけないっぽいからテキトーに貼〜ろぉっ」

・・・とはならないですよね?

細菌マン

ゲフフフフフ!

細菌マン

関連性の低いページをテキトーに貼ってやったぜ!

マゾ・アソパソ

し、しまった!

マゾ・アソパソ

関連性が弱まってチカラでない・・・(ふにゃふにゃふにゃ)

???

マゾ・アソパソ〜〜〜〜

マゾ・アソパソ

ハッ・・・この声は?!

マゾ・アソパソ

アンクル・ジャム!

アンクル・ジャム

オラッ!!

マゾ・アソパソ

あぁふっ!

アンクル・ジャム

オラオラぁッ!!

マゾ・アソパソ

ぉおっふぅ!!

アンクル・ジャム

オラオラオラぁぁッ!!

マゾ・アソパソ

っざぁ〜っす!!!

マゾ・アソパソ

・・・え?ねぇねぇ。

マゾ・アソパソ

なんか、スペア的なのじゃなくて、ホントにあたらしいカオになったんだけど。

マゾ・アソパソ

・・・まぁいいか!

関連性100倍!!

マゾ・アソパソ

くらえ!細菌マン!

細菌マン

や゛め゛ろ゛〜〜〜!!

細菌マン

関連性がたかい゛〜〜〜!!

マゾ・アソパソ

ちょっ。

マゾ・アソパソ

“アーソパーソチ”みたいに言わんといて?


・・・ってことですわな。

内容わすれた!

美しめの
ずーかま

でしょうね。

内部リンクの貼り方を、
“サイト設計”という観点からわかりやすく解説してくれている記事がありましたので、
ここにご紹介させていただきます。

ぼくがこの記事で言ってる内容の補完にもなりますし、

マゾ・アソパソ

サイト設計?何ソレかわいいの?

かわいいよ💛


って方にもオススメです。

マジでわかりやすいです。丁寧だし

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

美しめの
ずーかま

もどってきてくれて、ありがとうございまぁす!


アレ?行ってない?

行ってきなよ、michiさんのブログ。

しばゆーさんっていう図解が得意なブロガーさんの図解を引用してて、
わかりやすさ2倍だよ?

内部リンク設置後の要チェックポイント!

貼った内部リンクがちゃんとクリックされてるか?

を、定期的に確認しましょう。

確認してみて、内部リンクがクリックされていなければ、

『その内部リンクは機能していない・効果が薄い』

ということになりますね。

ある記事を読んだ読者さんが、つぎにどの記事を読んだかを確認する方法

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

内部リンクはSEOのため?→否!読者さんに●●してもらうため!

たとえば、「A, B, C」という3つの内部リンクを貼ったとして、

Aしかクリックされない

・・・という状況はありえますが、

A, B, C の3つともクリックされず、まったく別の記事が読まれている

といった状況は問題。

読者さんに、

  • 知りたい情報がない(=関連性が低い)
  • 興味をそそられない

とおもわれている可能性大だからです。

データだけを信じる、「データ至上主義」になる必要はないんですけど、
データはウソをつきません。

数値が悪かったら見直したほうが、
アクセスアップにつながりまっせ!

マゾ・アソパソ

神父さま?

マゾ・アソパソ

ボクはずっと、ウソをついてきました。

マゾ・アソパソ

ホントはいつも、細菌マンを痛めつけたくなんかなかったんです。

マゾ・アソパソ

ボクが・・・いやボクをっっ!

マゾ・アソパソ

痛めつけてほしかったんです!!

あぁ、なんということでしょう。

あなたに内部リンクのお導きがあらんことを。

エィメェン!

まとめ : 内部リンクは万能じゃないけど、貼らないのは違う

内部リンクをうまくつなげたからといって、
順位アップ(アクセスアップ)を保証するものではありません。


でも、

🟢関連性の高い内部リンクを緻密につなげたブログ

🔴とりあえず記事を量産して、テキトーに内部リンクをつなげた(あるいは内部リンクなしの)ブログ

この2つだったら、間違いなく前者のほうが、
読者さんから好かれる可能性が高いのではないでしょうか?

読者さんから好かれる
||
グーグォル (Google)から好かれる
||
アクセスアップ

というわけです。

そもそもグーグォル (Google)が、
読者さんに焦点をあわせてますからね。


なので、読者さんのために内部リンクを最適化することが、
まわりまわってブログのアクセスアップにつながっていきます。

リンクをペチョって貼るだけじゃなく、
リンクを貼るときのテキスト(文章)にも気を配って、
“読者さんファースト”で内部リンクを貼っていきましょ☆

マゾ・アソパソ

神父さま?

マゾ・アソパソ

ボクはわりと、国民的に好かれてます。

マゾ・アソパソ

でもね、好かれることがよろこびとはかぎらないでしょう?

マゾ・アソパソ

ホントはね、ボクはね、ボクは・・・!!

マゾ・アソパソ

嫌われたいんだ!蔑まれたいんだ!

マゾ・アソパソ

なぜならボクは・・・

マゾ・アソパソ

「マゾ・アソパソ」だからさっ・・・!

あぁ、あわれなマゾ・アソパソよ。

あなたに内部リンクのお導きがあらんことを。

エィメェン!


サイト設計の観点から言えば、

『どの記事からどの記事へ内部リンクをつなげるのか?』

は、ブログ運営をするまえからある程度決まっていたほうが理想的。

ただ現実には、ブログを2、3個連営してきた経験がないとむずかしい・・・

ので、

🟣記事がたまってきたとき

🟣アクセスが伸び悩んだとき

などに、内部リンクの最適化(追加・修正・分析)に着手するようにしましょう!

データを活用して、アクセスアップを狙う方法

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

データ分析してブログアクセス・方向性を劇的改善!マジデジマ

ホイジャーマタ!

ホイジャーマタとは?

東海地方の方言で、「それじゃあまた」という意味。
ちなみに「ホジャマタ」と略しても意味は通じる。


おすすめ特集

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。