仕事が評価されないのは僕らのせいじゃない!会社側の2大原因とは?

仕事が評価されないのは僕らのせいじゃない!会社側の2大原因とは?

 

「めちゃくちゃ仕事をガンバってるのに、全然評価されない!」

「納得・満足のいく評価を得られたことがない!」

 

もちろん、この“評価”というのは、
給料面での評価のこと・・・ですよね?

 

あなたも昇給やボーナスの査定結果を見てガッカリしたことは、
一度や二度ではないでしょう。

 

なぜ、こんなに仕事をガンバってるのに、
正当に評価されないのか?

 

この記事を読めば、きっとその理由が腹に落ちます。

 

 

仕事が評価されないのは、会社に原因あり

仕事をガンバって成果も出しているのだとすれば、
とうぜん、僕らに非はありません!(笑)

 

というわけで、
会社側の問題に焦点を当てて考えてみたいとおもいます。

 

考えられる大きな問題が、2つあります。

 

  • ひとつは「人事評価制度」の問題
  • そしてもうひとつは、「利益構造」の問題

です。

 

ではさっそく、ひとつずつ見ていきましょう。

 

人事評価制度があいまいだから、仕事が評価されない

「ガンバったら結果はついてくる」

 

などとキレイごとをぬかし、
人事評価の方法は、一般社員ではけっして知ることのできない、

ブラックボックス・・・

 

中小企業には、こういう会社が多い気がします。

 

これでは、社員はどうガンバっていいかわかりません。

 

とはいえ、ブラックボックスに中身があればまだマシ。

 

多くの場合、中身はスカスカ。
ただの黒い空き箱でしょう。

 

  • どの仕事で、
  • どういう数値目標を達成したら、
  • どう評価が変わるのか?

 

こういう評価基準が、
ぜんぜん明確になっていないのです。

 

そのため上司たちは、主観で評価せざるを得ません。

 

主観となれば、
好き嫌いで評価をする上司もいることでしょう。

 

こうしたあいまいな人事評価が横行しています。

 

そのせいで僕らのガンバりは、つゆと消えてしまうのです。

 

かぎられたパイ(人件費)を分け合うしかないから、年功序列になって仕事が評価されない

会社が得た利益のうち、
僕らのところにまわってくるのは、「人件費」です。

 

その人件費はというと、会社の売上げ予測などから、

「いくらまで人件費を出せるか?」

が決まっています。

 

その決まった人件費のなかから、社員たちに給料が配られます。

 

 

このシステムが大問題です!!

 

 

たとえば、社員が3名いるとして、
出せる人件費が3000万だったら、

 

  • Aさん:1000万
  • Bさん:1000万
  • Cさん:1000万

 

このように、3人に1000万ずつ分配されます。

 

しかし、ことはそうたんじゅんではありません。

 

たとえば、Cさんだけがものすごくガンバって、
Cさんのガンバりに報いようとするなら、

 

  • Aさん: 800万
  • Bさん: 800万
  • Cさん:1400万

 

というように、
ほかの人(Aさん、Bさん)の給料を下げるしかないのが問題です。

 

本当にCさんだけが頑張ったことが証明できるなら、
こういった割り振りもアリでしょう。

 

しかし前述のとおり、
人事評価制度はあいまいです。

 

「誰がどれだけガンバったか?」

を、客観的に判断することができません。

 

では、どうしたら、
客観的な判断ができるのでしょうか?

 

答えは、「不可能」です。

 

だからこそ、ご存じ、
「年功序列」の分配となるのです。

 

  • 部長:1500万
  • 課長:1000万
  • ヒラ:500万

 

といった具合に分配されるわけです。

 

つまり給料とは、
かぎられたパイを奪い合うゼロサムゲーム!

 

「誰かが多くもらえば、誰かが少なくなってしまう」

という、相対的なものなのです。

 

余談…

相対評価ってことは、
学校の通知表といっしょですね!

と言おうとおもって調べたら、
今は通知表は「絶対評価」らしいです。

理論上、クラス全員オール5がありえるってこと。

それはそれで、評価がむずかしそうですね。

モンスターペアレントがやんやん言ってきそうですし…

 

僕たちサラリーマンは、
決められた大きさのパイを、だまって受け取るしかないのです。

 

その量で、空腹を満たすしかありません。

 

ソンビになるまえに、不満は捨てよう

「仕事が評価されない!」

という不満を持ち続ける人の末路はこうです。

 

ガンバっても報われないので、次第に創意工夫をしなくなります。

 

自分の頭で考えることを、しなくなっていくのです。

 

そしてついには思考停止。

 

「うー、あー」

 

とうめき声をあげながら、
お金や生活のためだけに、
毎日毎日、会社へ向かってぞろぞろと行進する、
ゾンビのような存在になってしまいます。

 

そうなるまえに、いっそのこと、

「仕事をガンバっても評価されない」

という不満は、キッパリと捨て去ってしまいましょう。

 

ガンバったのに、仕事が評価されないですって?

 

年功序列だから、仕方のないことなのです!

 

「いつかは、年功序列から成果主義の会社に生まれ変わる!」

なんて、ゆめゆめおもわないことです。

 

年功序列だからこそ、
経営や管理がうまくいっている。

 

こういうケースが、多々あるだろうからです。

 

そんな会社が無理に変わろうとすれば、
どうなるとおもいますか?

 

けっきょく変わらずじまいか、
無理がたたって崩壊するでしょう。

 

断言できます。

 

会社はカンタンには変わりません!!!

 

不満を捨て去り、余計な力を抜きましょう。

そして、淡々と仕事をこなしましょう。

 

不満という名の“情熱”は、ビジネスの世界へ向けよう

とはいえ、淡々と仕事をこなす会社生活をくりかえすだけでは、
“会社へと行進するゾンビ”と大差ありません。

 

「仕事を評価されたい!報われたい!」

という不満は、ある意味「情熱」です。

 

その情熱は、
できればビジネスの世界へ向けましょう。

 

会社でガンバっても、
1年で年収が15万増えたらいいほう。

 

ということは、10年働いても、
150万の年収アップにとどまります。

(しかもこれでいいほう)

 

でも、自分でビジネスをすれば、
4〜5年で月収100万なら、じゅうぶん実現性があります!

(超々本気でやって、1〜2年で達成する人もいる)

 

たとえ4〜5年ビジネスをやって、月10万しか稼げなかったとします。

 

それでも、年収に換算すればプラス120万!

 

10年、会社で身を粉にして働いてプラス150万…

よりは、よっぽど効率が良くないですか?

 

それに月10万“も”稼げるようになったら、

「方法を教えて欲しい!」

という人たちがわんさか出てきます。

 

その人たちにコンサルして(教えて)、お金を稼ぎましょう。

 

そうすれば、ビジネスの収入は爆発的に加速します。

 

コンサルするようになってから、
1〜2年で月収100万を超える例は少なくありません。

 

4〜5年に1〜2年足して、

遅くても5〜7年で月収100万

は、じゅうぶん達成可能だということです。

 

これを「長い」と感じるでしょうか?

 

会社で10年働いても、
月収にしたら30〜40万ほどにしかなりません。

(しかも残業代込みです)

 

さらにもう10年、合計で20年働いても、
月収50万がいいとこです。

(やっぱり残業代込みです)

 

中小企業なら、
ボーナス含め、年収700万が上限といったところでしょう。

 

それより上はのぞめません。

 

時代は、“超”少子高齢化の時代。

 

高給取りが増え、給料が安くて済む若者が減るので、
人件費は膨らむいっぽうなのです。

 

もはや大企業にとっても、
人件費抑制は急務となっています。

(早期退職という名の「大規模リストラ」が、
さかんにおこなわれています)

 

反面、ビジネスの世界はどうでしょう?

 

月収に上限がありません!

 

ガンバりとやり方次第で、

200・500・1000・・・

と、突き抜けていくことも可能です。

 

もちろん、そこまで気張る必要性はありません。

 

月収100万と自由な時間を手にして、
のらりくらりと生きる道を選ぶこともできます。

 

  • 20年で(良くて)月収50万
  • 5〜7年で(最低でも)月収100万

 

どちらがより効率が良いか、言うまでもないでしょう。

 

もちろん後者・・・

ですよね?

 

不満がたまっている状態は、ある意味で良い状態です。

 

それだけ、

「内なるエネルギーに満ちあふれている」

ってことだからです。

 

ソンビとなって会社へと行進することをいとわない、
エネルギーゼロの人々・・・

 

彼らとは、そもそもの持っている熱量が違います。

 

無料でビジネスを学べる、すぐれた教材なんかもあります。

 

そういう助けも借りながら、

不満という情熱を、稼ぐ力に変えていきましょう!

 

月100万稼げるようになれば、

家族からは感謝され、
友人・知人からは尊敬のまなざしで見られるようになり、
生活費やローンなどの支払いの不安から解放されるし、
スーパーやコンビニなどで、値段を気にせず商品を買い物かごにツッコめるし、
月々のお小遣いは、2倍、3倍、いや4倍以上になることでしょう。

 

そのほうが人生楽しいし、しあわせになれるとおもうのです。

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です