仕事が調整ばかりで病む【30代中間管理職はコレで逃げ道確保】

仕事が調整ばかりで病む【30代中間管理職は○○で逃げ道確保】

 

30代ともなると、プレーヤーとして業務をこなしつつも、業務や部下を管理する側に回り始めているひとも多いでしょう。

 

そんな30代中間管理職の仕事内容は、社内・社外との調整ばかりです。

 

ぶっちゃけ、クッソつまんねーっすよね😂

 

お客さん、上司、部下の機嫌取りばかり。
そんなクソつまんねー調整仕事ですが、残念ながらこれからもずっと続くので、早いうちに逃げ出すことを考えたほうがよさそうです。

 

 

こんな調整ばかりはイヤだ!「社内編」

どちらかと言えば、社内の調整仕事のがしんどいかもしれません。
基本、機嫌をうかがうだけで、何の成果にもつながらないですからね。

 

部下の気分を調整

部下がパフォーマンスを発揮できるように、部下の気分を調整します。

 

いい仕事をしたら、笑顔で褒め、感謝を述べ、彼らのモチベーションが下がらないよう配慮します。

 

部下がミスしたことを上司やお客さまにとがめられたときは、「私の責任です」と間髪入れずに言います。
部下の気分が落ち込むのを防ぐためです。

 

「オレも昔はおなじようなミスをしたよ。次から気をつけてくれればいい。」

 

などど、励ましの言葉も添えます。

 

・・・って、なんでこんなことせなあかんのです?🤔

 

本音:自分で勝手にモチベーションあげろや

 

管理職に求められる人間像が美しすぎて、吐き気がします。

 

上司の気分を調整

おなじく調整仕事をメインとする上司が、調整仕事に集中できるように、最大限の気をつかいます。

 

  • 「報告・連絡・相談」はベストなタイミングでおこないます
  • 席についてスグは話しかけないようにします
  • ひと世代前の価値観でも、喜んで肯定します

 

・・・って、なんでこんなことせなあかんのです?🤔

 

本音:アンタを尊敬してるわけじゃねーよ?

 

上司に評価してもらうため・・・いや、気に入ってもらうため・・・いや、社内での立場を悪くしないために必要な調整仕事です。

 

こんな調整ばかりはイヤだ!「社外編」

もちろん調整は社内だけでなく、社外とも頻繁におこなわれます。

 

お客様は神様です

「急ですが納期に間に合いそうにないので、明日休日出勤してもらえますか?」

「今日中に終わらせなきゃいけないので、残業してもらえませんか?」

 

☺️「ハイ、喜んで!お客様のためならどんな無理な要望にもお答えします!」

 

・・・って、なんでこんなことせなあかんのです?🤔

 

本音:そっちの不手際だろ?ふざけんな!

 

ときには、何の根拠もない、単なる個人の好み・こだわりを押しつけられることさえあります。

 

もちろん、ミスがあったなどこちらに落ち度がある場合は、誠意を持って対応すべきだいう意見に異論はありません。
しかし、尻拭いをするために、上司や部下との社内調整を強いられるのは苦痛以外の何ものでもありません。

 

帰る予定だった時間は、もうとっくに過ぎてるよ!

 

情報共有はこっちの仕事!?

「○○の件、Aさんから引き継いだんだけど、進捗はどうなっていますか?」

 

☺️「あー、あの件でしたらこうこうこうで、こうですよ!(一から経緯を説明)」

 

・・・って、なんでこんなことせなあかんのです?🤔

 

本音:担当者同士のコミュニケーション不足しすぎじゃね?

 

業務の都合で、担当者が変わることには仕方のないことです。
しかし、業務引き継ぎはそっちの仕事だろって感じ。

 

そもそも論:なぜ調整ばかりの仕事が多いのか?

諸悪の根源は、長時間労働にあります。

 

普通にやれば半日くらい(あるいはそれ未満!?)で終わる仕事を、ムダに引き延ばしているのです。
8時間も時間があるので、そうでもしないと会社にいる意味がなくなってしまいますからね。

 

悲報:管理職になったら、もっとヒドくなります

プレーヤーとしての業務ができるうちはまだいい。

 

しかし完全に管理職になったなら、さらに状況は悪化していきます。
誰にも邪魔されず、ひとりで黙々と作業できる瞑想のような時間は、いっさいなくなるからです。

 

調整ばかり → 調整専門になります。

 

「昇進おめでとうございます」って言葉なんか聞きたくなかった後悔するほどに、仕事はさらにつまらなくなっていくでしょう。

 

そんな未来を知ってか知らずか、20代のなかには、出世を望まない社員が多い。
出世にとらわれている30〜40代のオッサン社員より、よほど未来を見通す力があるのかも?

 

悲報:世の中の流れ的にも、管理職は必要最低限になっていきそう

新型コロナウィルスの影響で、テレワーク・在宅ワークを実施する企業が急激に増えました。

 

社員の通勤にかかるコストや、オフィスの維持管理費が大幅に削減できるため、「在宅ワーク」がこれからの働き方の主流となっていくでしょう。
すでにTwitter社では、「永遠に在宅ワークを継続する」と発表してましたしね。

 

コロナが原因で在宅ワーク化がすすんだかのように見えますが、もともと従来の働き方にムダが多すぎたんです。

 

オンラインでつながれる環境があるのに、海外のひとと仕事をするためにわざわざ社員が海外に出張するとか、正直ムダですよね?

 

いまはまだ、在宅ワークに切り替えることに必死でそこまで手が回ってませんが、今後はよりムダを排除した、効率重視の働き方になっていくでしょう。

 

8時間とか決まった労働時間ではなく、「仕事の成果」で評価される社会になっていきます。(半分予測、半分願望)

 

つまり、「8時間働いてるように見えて何もしていない社員」より、「1時間で仕事を終わらせる社員」が評価されるということ。

 

これが本来あるべき姿ですが、いままでがゆがみすぎていただけなのです。
その “ゆがみ” が、今後数年かけて修正されていくでしょう。

 

ゆがみが修正された(効率が重視される)世界で、従来の調整仕事は不要とはおもいませんか?

 

どう考えたって、8時間会社にいるために、余計な調整仕事を増やしているだけですからね。
効率が重視される社会で、成果につながらない調整仕事をするだけの管理職・・・

 

つまり「調整専用おじさん」は、基本的に不要なのです。

(もちろん、成果重視の敏腕管理職は今後も必要とされます)

 

調整ばかりの仕事から抜け出す方法はコレ!

結論から言います。
その方法とは、「在宅起業」です。(オンラインビジネスが起業するという意味で、「在宅」)

 

組織にいるかぎり、なんらかの調整仕事につかされる機会はかならずあります。
また長く勤めれば勤めるほど、重要なポストにつけばつくほど、その業務の比率は高まっていくでしょう。

 

そんなつまらない調整仕事から抜け出すには、組織から抜け出し、自分でビジネスをするほかに道はありません。

 

「起業なんてムリだ!」とあきらめるのはまだ早すぎます。
資金0〜1万でチャレンジできるからリスクはないので、ダメだったら雇われ人を続ければいいだけだからです。

 

ほかにも、起業に対していろいろなネガティブイメージがあるかもしれません。

 

でもそれってイメージですよね?
あなたが思考をめぐらせて、導き出した結論ではないですよね?

 

きっと、親や大人からそう言われてきたり、周りがそう言ってるからという刷り込まれたイメージではないですか?

 

そのひとたちはいまの自分を正当化したいので、「サラリーマンではあり得ない金額」を稼いでいる起業家を、敵としてみなしているだけ。

 

「きっと悪いことをして大金を稼いでるんだ!」

とか、

「失敗したらリスクがあるし、安定じゃない!」

 

などと言って、起業の世界を遠ざけようとします。
でも、本当は起業のことなんてよくわかってないのです。

 

よくわかってないひとたちの意見を、あなたが鵜呑みにする必要はありません。
自分で考え、自分で導き出して決めるべきなのです。

 

サラリーマンからすると、起業家はスーパーマンみたいに見えますが、よく知らないからそう見えるだけです。

 

サラリーマンだって、起業家だって、おなじ人間。
あなたが望めば、どっちにでもなれるんです。

 

「カンタン・聞くだけ!」

の起業準備の方法を解説した記事。

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

2020年10月13日

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


60歳になるまで
1日5時間をドブに
捨てつづけたいですか?

『働くのは、1日3時間でいい!』

と教えてくれた、

・今までに4000人以上が視聴
・有料参加者の満足率95%

のセミナー動画を、無料でご案内!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です