社畜脳の育て方【一流の社畜を育てる黄金の七手】

社畜脳の育て方【一流の社畜を育てる黄金の七手】

 

ある日気づいたら一流の社畜となっていた経験を活かし、
自身が社畜になったのは、

「いったいどんなプロセスを経てきたからなのか?」

を振り返ってみました。

 

こうして生まれたのが、
社畜未満の社員を、社畜に格上げするための「黄金の七手」です。

 

一流の社畜脳をはぐくむ「黄金の七手」

  1. 意見は上に届かないことを思い知らせる
  2. 上役には逆らえないことをみずから示す
  3. すすんでサービス残業をする
  4. 「この会社に入社しなかったら、今の自分はない」と言う
  5. 「キミの成長のため」と言う
  6. 「昔はもっとヒドかった」と言う
  7. 「上には上が、下には下がいる」と言う

 

あ、いや、別に世のなかに社畜を増やしたいわけじゃないですよ?

 

「こんなことされたら社畜になっちゃうよ」

的な危険シグナルとして、
知っておいてもらえればいいかなとおもいます。

 

意見は上に届かないことを思い知らせる

社畜未満の社員は、

「意見が上に届き、会社が変わるのではないか?」

という希望を抱いています。

まずはその希望を打ち砕くことから始めましょう。

 

「意見をあげてみたけど却下された」

これを10回も繰り返せば、
たいていの社員は「意見はとおらない」と理解します。

 

それでも意見を言ってくる社員がいても、気にする必要はありません。

彼らも意見がとおらないことなど、とっくに理解しているからです。

ただ、言わないと気が済まないから言ってるだけなのです。

 

上役には逆らえないことをみずから示す

自分より上の立場にいる人の意見・命令には逆らってはいけないことを、
みずからの行動によって証明します。

 

「気持ちは分かるけど、俺もツライんだよ・・・」

などと、共感や同情を誘いつつ、
嫌々ながらも命令を遂行する姿を見せましょう。

 

「立場は違えど、互いに組織の駒」

という事実を認識させ、

「じゃあ仕方ないか」

とおもわせます。

 

うまくいけば、仲間意識さえ持ってくれます。

 

すすんでサービス残業をする

こちらもおなじく、率先垂範によって社畜を育てる一手です。
みずからが、すすんでサービス残業をしましょう。

 

会社の許可を取って、
休日などに無償で自己啓発活動をするのも良いでしょう。

 

ずっと続けていれば、賛同する社員や、
尊敬のまなざしで見始める社員があらわれます。

 

彼らと行動をともにし、社畜思想の根を広げることが、
社畜脳を備える社員を増やすための礎となります。

 

「この会社に入社しなかったら、今の自分はない」と言う

やらされて嫌々やろうが、自発的にやろうが、
2〜3ヶ月もしたら嫌でも成長しているもの。

 

そんな「どの会社に入ろうが得られる当たり前の成長」を、
あたかも「今の会社に入社しなければ得られなかった成長」であるかのように演出し、
恩を着せます。

 

情にアツいタイプの場合、この一手がツボにハマると、
あからさまな裏切りでもしないかぎり、会社に忠誠を誓うようになります。

 

「キミの成長のため」と言う

社員が命令を拒否しそうになったときは、

「キミの成長のためなんだよ」

と言いましょう。

「あなたのため」をよそおい、命令を正当化させる言葉だからです。

 

上昇志向の強い社員には、特に効果的。

彼らはほっといても自己成長するタイプなので、
「成長」というエサをちらつかせれば、
えげつない命令でもしぶしぶ了承する可能性が高いです。

 

ただし、命令を遂行したらちゃんと評価で報いないと、
独立に向けて動き出すので気をつけましょう。

 

とはいえ評価と言っても、
会社の利益構造を無視するほどの特別な評価は必要ありません。

 

「まわりの社員と比べたら評価が高い」ということを伝えれば、
彼らは納得するでしょう。

 

「昔はもっとヒドかった」と言う

人間は「差」に敏感なので、差を認識してもらって、
現状で満足させる一手です。

「日をまたぐのはあたりまえだった」
「会社に寝泊まりしたこともある」
「100時間残業なんて普通だった」

などと、昔と比べて現状はかなりマシであると認識させ、
サービス残業など多少の無理を正当化させます。

 

かならずしも自身がツライ経験をしている必要はなく、
先輩社畜の経験談を語れば、同様の効果が得られます。

 

「上には上が、下には下がいる」と言う

給料に不満を持つ社員に有効な一手です。
こちらも差を認識させ、現状を納得させる効果があります。

「上には上がいるけど、上を見てもキリがない」
「下には下がいるから、オレたちはずいぶんマシなほうだ」

この2フレーズを要所要所で放ち続ければ、
次第に「こんなもんか」と納得するようになります。

 

「まわりと比べて、昔と比べて・・・」

と、ことあるごとに差を認識させることで不満が薄れ、
社畜脳がすくすくと育ちやすくなります。

 

社畜脳に仕上げるには、根気よくインプットし続けること

一夜にして社畜脳は育ちません。

黄金の七手とはいえ、1発で納得するほど、アホな人間はいないからです。

 

くり返しくり返し、くり返しくり返し、
何度も何度も社畜思想をインプットすることで、
時間をかけて社畜が育っていきます。

 

そして社畜脳が完成した者は思考停止し、「社畜ソンビ」と化します。

社畜ゾンビにはまわりの社員も社畜に変える感染力があるため、
つぎなる社畜の育成に一役買ってくれることは間違いないでしょう。

 

・・・というわけで、社畜脳を育成する目線で述べてきましたが、
“社畜を増やしたいわけではない” ことは、冒頭で述べたとおり。

 

社畜ゾンビさんも、
自覚があってまわりを教育してるわけではないところが、
日本の社畜社会のいちばん厄介なところかもしれません。

 

気づかぬうちに社畜脳に変えられないよう、
正気を保っていきましょう。

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


60歳になるまで
1日5時間をドブに
捨てつづけたいですか?

『働くのは、1日3時間でいい!』

と教えてくれた、

・今までに4000人以上が視聴
・有料参加者の満足率95%

のセミナー動画を、無料でご案内!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です