個人で稼ぐ時代は終わる?→あるたった1つの事実を見れば分かる

個人で稼ぐ時代は終わる?→あるたった1つの事実を見れば分かる

 

「個人で稼ぐ時代が来た」だの、
「個人で稼ぐ時代は終わる」だの、
あげくは、「すでに終わった」だの、

 

そんな意見は、ぜ〜んぶどーでもいいっす( ̄▽ ̄)

 

あるたった1つの事実を見れば、
すべてが分かります。

 

 

個人で稼ぐ時代は、はじまってもないし、終わってもいない

あるたった1つ事実とは、以下の事実です。

 

サラリーマン:89.3%
起業家(自営業):10.7%

 

この比率が、
ここ20年で大きく変わっていないことです。

 

就業者数におけるサラリーマン比率の推移

総務省統計局「労働力調査 長期時系列データ」表10より筆者再編

 

たしかに傾向を見れば、
起業家が減っている傾向にあります。

 

しかしこれには、

  • 既存の経営者が高齢化してきた
  • 少子化により、若い経営者が減ってきた

という2つの背景があります。

(中小企業庁:平成28年「中小企業白書」より)

 

決して、個人が稼ぎにくくなったというわけではありません。

 

「個人で稼ぐ=起業する」

 

と定義するのであれば、
個人で稼ぐ人はずいぶん前からいたし、
これからも一定割合いるでしょう。

 

つまり、
個人で稼ぐ時代がはじまったとも、
終わったとも言えないのです。

 

「稼ぎ方が変わった」

 

だけなのです。

 

インターネットの登場が、稼ぎ方を180度変えた

インターネットの登場は、

「個人が稼ぐ時代が来た」

論で理由づけされることの多いできごと。

 

  • ブログやSNSで情報発信してお客さんを集め、
    広告を貼って収入を得る
    (あるいは自分の情報商品を販売する)
  • Amazonやメルカリで商品を転売し、差額で儲ける

 

こういった稼ぎ方は、インターネット登場前には
考えられなかった稼ぎ方だからです。

 

インターネット環境さえあれば、

 

  • 人を雇わず、
  • 店舗を構えず(借金せず)、
  • さらには時間や場所にとらわれず、

 

稼ぐことができるようになりました。

 

その点で言えば、
インターネットの登場によって、
個人が稼ぎやすい環境が整ったのはたしかです。

 

しかし先述のとおり、
“稼ぎ方が変わった”だけです。

 

起業にチャレンジする人が増えたわけではありません。

 

9割は個人で稼ぐこと(起業)にチャレンジしない

起業家とサラリーマン。

 

どちらが稼いでいるかは語らずとも明確ですが、
起業家のほうが圧倒的に稼いでいます。

 

「じゃあ、みんな起業すればいいじゃん!」

 

とおもうのですが、
実際そうはなりません。

 

個人で稼ぐことを考える機会があっても、
それこそ、

「個人で稼ぐ時代は終わった」

という意見を真にうけて、

 

「ああ、やっぱ稼げないんだぁ・・・」

とか、

「どうせ稼げるのは一部の人だけでしょ?」

とか考えて、
やる前から意気消沈し、あきらめる人が大半だからです。

(無論、僕もそのうちの一人でした…)

 

その網目をかいくぐり、
チャレンジするところまで漕ぎつけても、
3ヶ月やそこらであきらめる人がほとんど。

 

その結果がまさに、

「サラリーマン9割:起業家1割」

この比率にあらわれています。

 

早々に戦いの舞台から降りるか、
戦いの舞台にすら上がっていないかのどちらかです。

 

そもそも、戦いですらありません。

 

だって9割方は、挑戦しないのだから・・・

 

つまり、挑戦すれば「不戦勝」です。

 

これを裏づける調査結果もあります。

「起業の準備を始めただけで、起業は95.5%成功する」

という内容のものです。

 

 

にわかには信じがたいかもしれません。

 

しかし日本は、海外の先進国とくらべて、
起業への関心・意識が低い傾向にあります。

 

そもそも起業にチャレンジする人の総数が少ないので、
椅子取りゲームをせずとも生き残れるということ!

 

つまり、ライバルなんていないってことです。

 

あなたのまわりで、

「起業したいとおもっていて、
なおかつ何か具体的な準備をしている人」

は何人いますか?

 

おそらく0人か、
100人に1人もいないでしょう。

 

そう考えたら、95.5%という数字も、
あながち間違いではない気もしてきませんか?

 

本当の敵は、ライバルではなくドリームキラー

  • 個人で稼ぎやすい環境も整ったし、
  • ライバルも少ない

 

それなのに、
なぜ起業にチャレンジする人が増えないのでしょうか?

 

原因は2つあります。

 

まずひとつ目として、
「起業に対するイメージの悪さ」があげられます。

 

  • 生活が不安定になる
  • 失敗のリスクが大きい
  • お金がかかる(借金を抱える)

 

代表的なイメージをあげるとこのような感じです。

 

しかし、イメージと実態は違います。

 

起業への不安と実態を、
起業家の回答からあきらかにした記事が以下です。

 

 

そしてもうひとつの原因は、「ドリームキラー」です。

 

ドリームキラーとは、その名のとおり、
「夢を殺してしまう(邪魔する)人物」のこと。

 

たとえば僕らが、個人で稼ごうと起業を志したとします。

 

すると、どこからともなくドリームキラーたちがあらわれて、
僕らに牙をむきます。

 

彼らドリームキラーの正体は、
僕らのパートナー(伴侶)、親、友人、親戚など。

 

「個人で稼ぐのなんて、ムリなんじゃないの?」
「成功する人なんて、ごく一部でしょ?」
「きっと才能がないと稼げないよ」

 

と否定的なアドバイスをして、
僕らに夢をあきらめさせようとします。

 

ドリームキラーがタチが悪いのは、
彼らに僕らを傷つけようとしたり、批判したりする意図がないこと。

 

心配するからこそ、
上記のようなアドバイスをしてくれるのです。

 

それが分かるからこそ、
アドバイスを素直に受け入れ、
夢をあきらめてしまう人が多いのでしょう。

 

しかしそんなアドバイスは・・・

 

 

「クソくらえ」

 

です!

 

第一、彼らも夢(たとえば起業)のことについて、
よくわかっているわけではないですよね?

 

イメージだけで話をしています。

 

イメージだけのアドバイスが、
どれほど僕らの役に立つでしょうか?

 

彼らと似たような人生を歩みたいなら、
彼らのアドバイスに従うのも悪くないでしょう。

 

でも、夢を実現させたいなら、
アドバイスに耳をかたむけてはいけません。

 

ましてや、自分自身がドリームキラーになって、
自分の可能性を否定することなんて、
あってはいけません。

 

(本、セミナー、動画、音声などで)
夢の近くにいる人、
あるいは夢を実現した人の話を聞くべきです。

 

きっと、今よりも視野が広がることでしょう。

 

まとめ: ポジショントークに惑わされず、突き進もう

今回の記事の要点は以下。

 

  • 起業家とサラリーマンの比率は、
    ここ20年で劇的に変わっていない
  • インターネットの登場により、稼ぎ方が変わり、
    個人でも稼ぎやすくなった
  • しかし、挑戦する人数はたいして増えていない
    (ライバルはいないか、いても少ない)
  • 敵はライバルではなく、ドリームキラー

 

「個人で稼ぐ時代は終わるのか?」

 

この問いに対する僕の見解は、すでに述べたとおり、

「はじまってもいないし、終わってもいない」

ですが・・・

 

「終わるか終わらないか」の二択なら、

「終わらない」

が答えです。

 

なぜなら、個人で稼ぐ(起業する)人の数は、
データで見るかぎり、大きな変動をしていないからです。

 

それを、「個人で稼ぐ時代は終わった」と強引に関連づけてしまっては、
それこそまさにドリームキラーです!

 

個人で稼いで、
髪型・服装・時間・場所・人間関係にしばられない、
自由な生活を送りたいなら、

 

僕たちにできることは、
夢のために、ただ一歩を踏み出すことです。

 

稼げるフィールドが消滅したわけでも、
ライバルが増えているわけでもないからです。

 

やってやりましょう!

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です