選択肢【B】を選んだ方へ…

 

 

その貴重な選択を、絵に描いた餅で終わらせるわけにはいきません。(僕の使命みたいなものです)

 

これは、「あなたのその選択を実現し、下記のような人生を送るにはどうしたらいいか?」というお話です。

 

☺️残高を気にせず買い物をする

☺️おいしいものを好きなだけ食べる

☺️好きな髪型・髪色にする

☺️好きなだけ趣味に没頭する

☺️好きなときに、好きな場所へ家族と頻繁に旅行に出かける

☺️時間を気にせずゲームに集中する

☺️会社のくだらないルールに縛られずに毎日を過ごす

☺️好きなときにフラッと長期的に休みを取る

☺️目覚ましをかけずに毎日寝坊する

☺️嫌いなひとと接しなくて済む

☺️気が向いたときに仕事をする

 

このような人生を心の奥底では渇望していながらも、現実にはやりたいことを我慢し、働き続ける人生を選ぶひとが大半・・・
生活していくのがやっとな給料を手にするために、一日何時間も犠牲にして働く人生。

 

そんな人生をあと何十年も送ることなんて、ホントは望んでないはずですよね?
それなのに「どうにもならない」とあきらめ、以下のように自分を納得させていることでしょう。

 

「人生の本当の楽しみは、労働から解放される60〜65歳から始まるんだ!😀」

 

なぜそんなことがわかるのかって?
まさに僕もこのような考え方だったからです。

 

でもちょっと待ってください。
本当にそれでいいのでしょうか?

 

ヨボヨボのじーさん・ばーさんになってから上記のような人生が叶ったとしても、得られる満足は、若いときの半分以下でしょう。

 

😵歯はガタガタ、胃は弱っていて、好きなものを満足に味わうことができない

😵髪をイジりたくても、顔がしわしわで似合わなかったり、髪が抜け落ちてしまっている

😵体を動かす趣味がしたかったのに、思うように体が動かなくなっている

😵旅行にいくだけの体力がない

😵目が悪くなって、ゲームをやるのが苦痛

 

そう考えたら、やりたいことをやるなら、そこそこ若い「いま」がもっとも満足が得られるとはおもいませんか?

 

そもそも、60歳まで生きていられるかすらわかりません。

 

それなのに、やりたいことを我慢してでも働き続けること。
それこそが何十年後かに人生の楽しみっぽいもの」を得るための唯一の道なのでしょうか?

 

そんなバカなことがあっていいはずがありません。

 

残された人生があとどれくらいあるのかはわかりませんが、1年でも1か月でも1日でも1秒でも早く、やりたいことをやって過ごす人生を送るべきです。

 

そう心ではわかっていながら、なぜやりたいことを我慢する道しか残されていないように感じてしまうのでしょうか?

 

おそらく、いまの何倍も頑張らないと、収入をアップできないと思っているからでしょう。

 

しかし本当に、そんなに頑張らないと収入アップできないのでしょうか?
いまでも僕たちは、じゅうぶんすぎるほどに頑張っているのに?

 

だって1日8時間(残業も含めればそれ以上)も働いてるじゃないですか!

 

日本の正規雇用者の年間労働時間は、2,000時間を超えます。(非正規雇用者を含めても、1,713時間)
これはドイツの年間労働時間1,363時間の、約1.47倍です。

 

1日の時間はかぎられています。
2,000時間も働いたら、もうこれ以上頑張れません。
(もっと働いてるひとは、働きすぎで精神を病むか、最悪自殺してしまいます。これらはよくニュースにもなってますね)

 

これだけ働いて収入が上がっていかないのだとすれば、これはもう、どう考えたって会社や社会の仕組み・制度がおかしいのです。

 

ドイツが日本の約68%の労働時間で経済がまわっているなら、日本もそうできない理由はないはずなのです。
どこかの国を手本にして国の経済を成長させるのは、よくあることですからね。

 

それなのに日本は、いつまでも「頑張っても報われない」社会のままで、変わろうとはしません。
収入をあげたければ、「もっと頑張れ!もっと働け!」と言います。

 

僕らはこんなに頑張って働いているというのに、おかしくないですか?

 

頑張れというわりには、頑張っても頑張っても、給料が上がりません。

 

これはけっして、僕らの頑張りが足らないのでありません。

 

日本の労働賃金が、一向に上がらないからです。
賃金を上げない、政府や会社がおかしいのです。

 

つまり、あなたの年収を増やすには、頑張る場所を変える必要があります。

 

その場所とは、「起業」です。

 

起業というと、まっさきに「リスクが高い」と連想しますよね?

 

たしかに従来の店舗型の経営では、お店を構えるのに何百万という資金が必要で、事業に失敗したら借金を負うかもしれないというリスクがありました。

 

しかしインターネットが発達した現在では、そんな金銭的なリスクを負う必要はまったくありません。
お店を構えることなく、パソコン一台(あるいはスマホ)さえあれば、ネット上でビジネスができるからです。

 

副業からはじめられるので、本業をやめて収入が減るリスクもありません。

 

必要な資金は0〜20万、失敗して借金を追うリスクは皆無。
起業は、案外僕らの手の届く高さまでハードルが下がっているのです。

 

だからと言って、「起業=安定」と言うつもりもありません。

 

会社員に比べたら、毎月の収入が不安定であることはたしかです。
しかし成功者は、こう述べています。

 

  • 一度でもまともに稼げるようになったら、収入がゼロになることはない
  • お金はここ(ネット)にあるから、好きな時に取り出せばいい

 

どちらも、「稼げるスキルさえ身につければ、たとえ収入が落ちてもまたすぐに稼げるようになる」というようなことを言っています。
どうしてそんなことが可能なのかと言うと、「稼げるようになるまでの道筋が見えるようになるから」です。

 

逆上がりができるようになったり、

なわとびの2重跳びができるようになったり、

自転車に乗れるようになったりするのとおなじです。

 

稼ぐコツさえつかんでしまえば、どんなジャンルであろうと、どんな商品であろうと、自在に稼げるようになるというわけです。

 

それでもまだ会社員のほうが安定だとおもいますか?

 

たしかに毎月決められた給料がもらえるのは魅力です。
しかし会社員の安定は、会社が安定している前提での安定。

 

終身雇用の神話はすでに崩壊していますし、新型コロナウィルスの影響で倒産に追いやられた企業や、大規模なリストラを実行した企業も多数あります。
そういった企業は、これからもっと増えるでしょう。

 

つまり会社の安定なんてものは、なんらかのキッカケで一瞬にして崩れ去ります。

 

そのときがきたら、あなたがいくらあがいても、結果をコントロールすることはできません。

 

これって本当に、安定と呼べますか?

 

  • いつ0円になるかもしれない、月30万
  • たとえ0円になっても、またすぐ30万稼げるスキル

 

この2つだったら、あなたはどちらが安定だとおもいますか?
冷静に考えたら、後者のほうが「安定」とはおもいませんか?

 

それをわかってはいても、こう考えるかもしれません。

 

「起業するには誰もがおどろくような、斬新でとんでもないアイデアが必要だ!🤔」

 

ですがこれも単なるイメージにすぎず、起業にアイデアは不要です。
実際のところ、成功しているひとのアイデアを真似して、成功する起業家のほうが多いのです。

 

そもそも完全オリジナルのアイデアなんて、この世に1%も存在しません。
いまは成功者と呼ばれているひとたちでも、先人の切り開いた道をなぞってきただけなのです。

 

つまり起業の成功というは、「再現可能な成功」です。

 

しかも成功者の多くは、もともとは僕たちとおなじ普通のサラリーマン。
そんな彼らに再現できて、僕たちにできない理由がありますか?

 

起業というと華やかな印象がありますが、一定の成功を手にするために経るプロセスは、サラリーマンと大して変わらないのです。

 

「先輩の仕事を見て、やり方を学び、それを真似する」

 

これだけだからです。

 

それで起業できるなら、やってみる価値があるとはおもいませんか?
どうせやることはおなじだし、どちらも収入がゼロになるリスクがあるのなら、リターンが大きいほうを選ぶのが賢いです。

 

  • 会社をクビになって収入がゼロになるリスク
  • 事業を失敗して収入がゼロになるリスク

 

なにか大きな違いがありますか?
さきほども言ったように、お店を構えなければ借金を負うリスクはないので、どちらもリスクレベルはおなじです。

 

しかし、決定的に違うところがあります。

 

それは、「収入ゼロから立ち直ることができるかどうか?」です。

 

会社をクビになっても、年齢が若ければ再就職先はすぐにみつかるでしょう。
しかしクビになったとき、30後半にさしかかっていたとしたら・・・?

 

特別なスキルがなければ再就職先がみつからず、駐車場の入り口で来る日も来る日も車を誘導しつづける警備員の仕事をやるしかないかもしれません。
あるいは、アルバイトで生計を立てるしかなくなってしまうかもしれません。

 

でも、自分で稼ぐ(起業できる)スキルを持っていたら?

 

年齢に関係なく、パソコン1台さえあれば立ち直ることが可能です。

 

パソコンをつかって、ネットで自分でビジネスをすればいいからです。

 

あらためて、どちらが安定と言えるでしょうか?

 

さて、起業のハードルは下がっていて、自分で稼げるスキルがあったほうが将来安心という話をしてきました。

 

起業すれば、お金の不安からは解放されます。
しかし、まだひとつ問題が残っています。

 

それは、「働きすぎ(頑張りすぎ)問題」です。

 

起業とひとくちに言っても、起業家には2種類の人間がいます。

 

  1. サラリーマンより稼いではいるが、下手したらサラリーマンより忙しい起業家
  2. サラリーマンより稼いでいて、かつサラリーマンよりだいぶ暇な起業家

 

前者の起業家タイプの場合、サラリーマン以上の年収を手にしたとしても、お金よりもたいせつなものを失うことになるかもしれません。

 

がむしゃらに頑張った先に、ストレスで体を壊し、家族からは愛想をつかされ、振り返ったらお金しか残っていなかったというのは、起業家あるあるです。
これは起業家だけでなく、年収1,000万以上稼いでるけど、忙しすぎるサラリーマンにもおなじことが言えます。

 

いくらお金が稼げても、やりたいことをやる時間、家族と過ごす時間を削ってしまっては本末転倒。
人生のしあわせとはかけ離れていってしまいます。

 

お金も時間も手に入れないと、起業する意味がないのです。

 

つまり僕らが目指すべきなのは、後者の起業家タイプ。

 

「お金も時間も手にする」

 

そんなうまい話が本当にあるのか?
それを実現してすでに9年以上が経過した、ある起業家の実例をご紹介しましょう。

 

上場一部企業に就職するもサラリーマンを半年で辞め、年商1億円の事業をたった1年でつくった、「加藤将太」さんという起業家がいます。

 

彼は、1日3時間しか働きません。
その状態で、物販月商4,583万を達成し、Amazon法人部門第2位を獲得したりしています。

 

ときには1か月以上も仕事を休んで、海外を旅行することも。
それでいて年商をどんどん伸ばし、都内のタワーマンションに住み、ベンツを所有するなど、お金には何の不自由もない暮らしを送っています。

 

1日3時間しか働かないので、パートナーとの時間もたっぷり取れ、結婚生活も順風満帆。

 

お金と時間の両方を手にした起業家の、お手本とも言える存在です。
そんな彼とおなじような生活をしている、未来のあなたの姿を想像してみてください。

 

その未来に向かってなら、「まぁ頑張ってもみてもいいかな」って気がしてきませんか?

 

とはいえ、いまはまだ、どう頑張ったらいいのかがわからないことでしょう。

 

その点については、大いに安心してください。

 

いまご紹介した加藤将太さんが、「1日3時間の経営で成功するための再現可能な起業法」を語った、「次世代起業家育成セミナー」という教材があるからです。

 

⬇️実際にセミナーがおこなわれたときの風景

 

彼は「1日3時間経営を実現する道」を切り開くのに相当な苦労をしましたが、僕らがおなじように苦労する必要はありません。

 

彼から示された道を、僕らはたどって再現していくだけでいいからです。

 

これは、整備された道をあとから行く者の特権です。
真新しいことをやろうとせず、真似するだけでもじゅうぶん成功できるのです。

 

僕の知り合いの起業家は、「起業するまでに7年かかった」と言っていましたが、本来ならそのように何年も回り道して起業することになるはずです。
しかし先人の道をたどれば、とんでもなくショートカットできます。

 

しかもその道は、「お金だけでなく時間も手にすることができる道」です。

 

そんな道があるのに、「わずかなお金をもらうために何十年もコツコツと働く道」を、これからも歩み続けるメリットはありますか?

 

さぁいまこそ、あなたの人生の分岐点です。

 

  • ヨボヨボのじーさん・ばーさんになってから人生の楽しみっぽいものを得られる、超絶我慢のルート
  • 「1日3時間の経営で起業成功できる」ルート

 

次世代起業家育成セミナーを見れば、「1日3時間の経営で起業成功できる」ルートを知れます。
セミナーを見終えたとき、「起業で成功できる実感を得たあなた」が、そこにいるはずです。

 

「たくさんのひとに起業を知ってもらいたい」との加藤さんの想いから、ただいまセミナーは無料開放中!

 

LINE友だち追加もしくはメールアドレスで無料視聴アカウント作成後、3秒以内に送られてくるさいしょのセミナー動画は、わずか21分。

 

  • ちょっとコンビニまで歩いて買い物に行くとき
  • ご飯が炊きあがるのを待っているとき
  • つまみを食べながら晩酌をするとき
  • 子どもを寝かしつけるとき
  • ソファーにゴロゴロ寝そべっているとき
  • 湯船につかってゆっくりしているとき
  • トイレにこもっているとき
  • 筋トレなどのワークアウトをするとき
  • 気分転換にドライブをするとき
  • 公園へ散歩に行くとき
  • 通勤電車やバスのなかでゆられているとき
  • 昼休憩でランチしているとき
  • 駅で家族のお迎えを待っているとき

 

などの時間に、ついでに見るだけ!

 

真剣に見る必要はなく、だらだらと見てもオッケーです。
かならずしも「見る」必要もなくて、イヤホンを耳にぶっさして「聞く」だけでもいいです。

 

この “21分” が、あなたの人生を変える21分だとおもって、上記のような場面で21分だけ投資してみてください。
そのようにして投資した21分が、あなたの人生を変えるキッカケとになることを、僕は確信しています。

 

なぜなら僕もおなじようにして、人生が変わったからです。
僕の場合、ソファーに寝転びながら「さーて、お手並み拝見🤔」的な評論家目線でひねくれて視聴を開始したつもりが、気づけば起業を目指して行動を開始してました。

 

別に普段から起業にあこがれていたわけではありません。
ふとしたときに「起業できたら儲かるかなあ」くらいに考えることはありましたが、「どうせムリだろ」とあきらめていました。

 

でも、このセミナーを見て気づいたのです。

 

「やればできそう・・・ムリだとおもってたのは、やり方を知らなかっただけなんだ!」

 

と。僕はやり方を知らないばっかりに、14年間もムダにしていたのです。
この世に産まれ落ちてから、義務教育を終えるまでとおなじだけの期間を!

 

「もっと早くに知っていれば・・・」という後悔が、起業を目指すという行動の後押しにはなりました。
とはいえ、時間をムダにした事実に変わりはありません。

 

あなたには、僕とおなじような後悔はしてほしくありません。

 

「いまよりも良い人生を送る」チャンスを、どうか逃さないでください。

 

「インターネットが普及し、個人が稼ぎやすくなった」という時代の強力な後押しもあります。
一歩踏み出せば、追い風を受けて自転車を漕ぐときのように、少しの力でグングンと前へすすめます。

 

なによりいま行動すれば、この先何十年をムダにせず済みます。

 

  • この先何十年も、朝から晩まで会社やお金のために働かされる人生
  • ほんの1、2年ちょっと、本業プラスアルファで頑張ったら、あくせく働かなくてよくなる人生

 

どちらを選んだほうが、あなたの人生のトータル的な幸福度があがるでしょうか?

 

あなたがもし80年生きるとしたら・・・

 

前者は40年間あくせく働くことになるので、人生の半分が働き詰め。
対して後者は、80年の人生のうち、たったの1/40〜1/80の期間頑張ればいいだけ。

 

と、僕が何を言おうが、最終的な選択権を持っているのはあなたです。
その選択権はぜひ、「あなた自身をしあわせにするため」につかってあげてください。

 

なお、セミナーの無料開放は、視聴人数が一定数に達した時点で終了するそうです。

 

加藤さん曰く、コロナの影響で失業・減給したひとたちの駆け込み寺になっているらしいので、定価である11万円払って見ることにならないように、いまのうちに確認しておくことをオススメします。

 

 

セミナーを見たら、本当に稼いだり起業できるようになるの?

その答えは、加藤さんのセミナーで学んだひとの実績でご確認ください。

 

※左が「実績順」、右が「時系列順」の成果

 

月収 100 万はザラで、月収 1000 万以上も複数人いますね。
月収 100 万到達者は、なんと月に 3 人以上生まれているという、脅威の教育効果!😳

 

でもそれって、彼らがもともと優秀な人材だったからじゃないの?

 

いいえ、違います。
もともとは、あなたとおなじサラリーマンだったひとのほうが圧倒的に多いです。

 

いまはしがないサラリーマンだったとしても、次世代起業家育成セミナーを見て学べば、月収 100 万円以上稼ぐことも、起業することも、夢でも何でもないのです。

 

せっかくなので、セミナー受講者の感想もどうぞ!

 

 

なぜ、そのような有料級のセミナーが無料なの?

スーパーの試食品とおなじ理屈です。

 

「いいもの」だと、より多くのひとに知ってもらうためです。
知ってもらって、有料会員になってもらうためです。

(有料にするのはビジネスを継続させて社員に給料を払うためですが、真の目的は起業するひとを増やし、日本の経済を活性化させるというところにあります。)

 

ただし、有料会員になる義務はいっさい発生しません。

 

これは単なる提案なので、断ったり無視したりすることはあなたの自由です。

 

また断ることによって、あなたに不利益が発生することもありません。
無料で手に入れたセミナー(その他無料でもらえるコンテンツ含む)は、永久にあなたのものです。

 

加藤将太は実在する人物なのか?

この問いに関しては、以下の客観的な情報でお答えします。

 

講師に関する情報

代表講師:加藤将太さん

1984年兵庫県生まれ。京都大学工学部、同大学院MBA(経営管理大学院)を卒業し、株式会社NTTデータ入社。

2010年10月に個人事業主として開業し、2012年1月にココデ・グローバル株式会社を設立、代表取締役社長に就任。創業1年目で1.1億の売上を達成。1年2ヶ月後の2013年3月、Amazon法人部門月間売上高2位(4,583万円)を達成。

書籍流通支援システム、法人向けデータマーケティング支援システム等の開発・販売をおこなう一方で、MBAで学んだ知識や、実際に0から短期間で事業を軌道に乗せた経験をもとに、法人向けの経営セミナー・コンサルティング事業もおこなう。

 

引用:マーケティングコンサルタンツ株式会社

【YouTube での自己紹介】

 

【各種メディアへの出演・掲載履歴】

 

怪しい・・・

その感想はごもっともです。
しかし中身のないセミナーを無料で配ったり、お金を騙しとったりすることにメリットはありません。

 

  • 悪評が広まる → ビジネスがしづらくなる → 撤退

 

というように負の連鎖が起こるのが必然で、一時的に稼げたとしても、長期的にビジネスを継続させることができなくなるからです。
そういう理由で、短期的に稼いでは逃げてを繰り返すのが悪徳業者。

 

しかし加藤さんは、9 年以上ものあいだ実名でビジネスをし続けています。
つまり加藤さんにとって、悪の手法を用いることはデメリットにしかなりません。

 

さきほども言ったとおり、「スーパーの試食品」という位置づけなので、安心して視聴を開始してください。

 

スーパーの試食品が、実際の商品と違うことがありますか?

 

ないですよね😉

 

登録したら怪しいメールが送られてこない?

絶対にありません。
そういった消費者を騙す手法にメリットはないことは、すでにお伝えしたとおりです。

 

個人情報を抜き取られたりしない?

無料視聴に個人情報の入力は不要です。

 

LINE で「友だち追加」するか、メールアドレスを入力するだけ。
それらから、あなたの個人情報に紐づく情報を取り出すことはできません。

 

もし気に入らないことがあった場合、解除はカンタンです。
(LINE なら友だちブロック → 友だち削除。メールなら解除 URL をクリックで即解除可能。)

 

ビジネスを学ぶのは、いまからでも遅くない?

何歳からでも遅くはありません。

 

次世代起業家育成セミナーを見て、50 〜 60 代からビジネスを始めたひとでも、成功例があります。
あなたの職場の定年間近のおっちゃんを思い浮かべてみてください。

 

ヤツら(おっと失礼😝)にできて、あなたにできないはずがないですよね😉

 

いまは何をやったらいいかわからなくても大丈夫?

はい、大丈夫です。
なぜなら次世代起業家育成セミナーには、実例や具体例が、たくさん詰まっています。

 

あなたがやりたいとおもえるビジネスのヒントが、きっと転がっています。

 

副業バレしたくない・・・

気持ちはよくわかります。

 

しかし本当に困ったとき、あなたを助けてくれるのは会社ではありません。
業績が悪くなれば、会社は平気であなたのクビを切ります。

 

そのことがわかっているのに、会社のルールを律儀に守る必要がありますか?
最悪の状況が訪れたとき、頼れるのは自分のスキル(もしくは身内)だけです。

 

副業バレを気にして二の足を踏んでいると、たちまち路頭に迷う瞬間がおとずれるかもしれません。

 

  • 会社のルールを守ること
  • 何が起きても大丈夫なように、稼げるスキルを身につけておくこと

 

どちらがあなたの人生において優先度が高いかと言えば、絶対に後者ですよね?

 

(ボソッ・・・副業で利益が出たら、「仮想通貨」か「ふるさと納税」って言っておけばある程度はごまかせます。ごまかしてるあいだに、利益をブチ抜いて起業してしまえばいいのです😎)

 

  • やりたいことを我慢し、安い給料で 1 日何時間も働かされる人生
  • やりたいことを我慢せず、雇われずに 1 日 3 時間だけ働く人生

 

あらためてあなたは、どちらを選びたいですか?

 

何十年も我慢しなくていいのです。

 

後者の人生を目指し、いまここから歩き始めましょう。

 

僕も道半ばなので、いっしょに頑張りませんか?
何か気になること、困りごとがあれば、お問い合わせページからお気軽にご相談ください☺️

 

\一定数で締め切り!/