何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

 

起業に興味があるけど、
まだ起業していない(何の準備もはじめていない)人が、
その理由としてもっとも多くあげているのが、

 

「起業に関する知識が不足している(87%)」

 

という理由です。

出典

起業と起業意識に関する調査 P15

複数回答のうち、

・財務・税務・法務など事業の運営に関する知識・ノウハウが不足している(32.3%)
・製品・商品・サービスに関する知識や技術が不足している(27.4%)
・仕入れ・流通・宣伝など商品等の供給に関する知識・ノウハウが不足している(27.3%)

の合計(87%)

 

別の調査結果でも、

 

「起業の教育制度がない」
「そもそも起業に触れる機会がない」

(出典:2014年中小企業白書 P18)

 

という意見があがっています。

 

これらの調査結果からわかることは、
「起業に関する知識不足」が原因で、

 

「起業に興味があっても踏み出せない」
「そもそも起業に興味が持てない」

という人が多いということです。

 

学校では教えてくれないし、
会社で教えてくれるわけでもなし。

 

そりゃあ起業の知識を持ってない人のほうが多いのもうなずけます。

 

ましてや、大学院で経営の専門知識を学んだ(MBA:経営学修士を取得した)人でさえ、
起業するときに、「MBAの知識は役に立たなかった」と言っているくらい、

 

「生きた起業の知識を学ぶ場は少ない」

のです。

 

そこで本記事では、

生きた起業の知識の身につけ方(起業の準備方法)

について、億稼ぐ起業家から起業の知識を600時間以上学んだ僕が、
徹底的に解説していきます!

 

 

起業家とは、「お金を稼ぐ専門家」

医者は医療のスペシャリストであるように、
プログラマーはプログラミングのスペシャリストであるように、

 

起業家は、「お金を稼ぐスペシャリスト」です。

 

よく、

「プログラミングを学んで独立しよう!」

みたいなスクールがあるんですけど、
プログラミングを学ぶことと、
お金を稼ぐことは、まったく別のスキルなんです。

 

なので、せっかくプログラミングを学んでも、

 

  • おもったほど仕事がない
  • 単価が低い

 

などの理由で、
なかなか独立できないという状況が起こります。

 

これは、国家資格のある仕事でもおなじことです。

 

たとえば美容師や会計士など、
資格を取りさえすれば食っていけるとおもわれがちです。

 

たしかに、需要に対して供給が追いついていなかった時代は、
お店を構えただけでお客さんが殺到したかもしれません。

 

しかし今や、美容師も会計士も掃いて捨てるほど居る飽和状態。

 

「はるばるお店を構えたのに、お客さんが来なくて経営難」

という話はめずらしくもなんともありません。

 

つまり、「お金を稼ぐこと」以外の知識 (スキル)を身につけたとしても、
直接的に起業(経営)の役には立たないのです。

 

「お金を稼ぐための知識」とは?

では、“お金を稼ぐための知識”とは、
いったいどのような知識なのでしょうか?

 

お金を稼ぐための知識は、
以下の2つに分解できます。

 

  • 集客
  • 販売

 

この2つの知識をマスターすれば、
自在にお金を稼ぐことができるようになります。

 

なぜなら、

「お客さんにモノやサービスを売る」

ことで利益を得るのが、ビジネス(商売)だからです。

 

  • お客さんを自在に集めることができて、
  • モノやサービスを自在に売ることができる

なら、お金に困ることはないですよね?^^;

 

たんじゅんな話なんですが、
たんじゅんすぎるがゆえに、
誰も真剣に学びません。

 

広告やチラシをバラまけば、
お客さんがホイホイ来るとおもっているからです。

 

しかし結果は、
先述のとおり(お客さんは来ない)です。

 

それもこれも、

集客と販売の知識がないからです。

 

お客さんを集めることもできなければ、
商品やサービスを欲しがらせることもできないからです。

 

だから、せっかく習得したスキルや資格を活かせず、
起業に失敗し、
サラリーマンで食っていくしかなくなってしまうのです。

 

理屈はなんとなくわかったけど・・・

 

「じゃあ、どうやってお客さんを集めるの?」
「どうやってモノを売るの?」

 

この疑問が浮かんた時点で、あなたの起業の知識は、
ほかのサラリーマンや、起業の知識を知らない経営者より、
すでに頭ひとつもふたつも抜きん出ています。

 

なぜなら、この疑問すら浮かばないサラリーマン・経営者が大半だからです。

 

起業に必要な知識が何か、検討もつかないので、
サラリーマンは、

「何をやればいいかわからない」
「アイデアがない」

と言って、起業をあきらめます。

 

経営者は、

「お客さんがこない」
「売上げが伸びない」

と言って、店をたたんでしまいます。

 

それに引き換え、
あなたはすでに「重要な問い」を得ました。

 

「どうやってお客さんを集めて、モノを売るか?」

 

この問いの答えを探せば、
それが「起業に必要な知識」です。

 

 

ビジネスのアイデア?

 

 

そんなものは要りません。

 

ビジネスの世界では、

「TTP(徹底的にパクる)」

という言葉があるように、
アイデアはパクリパクられるのが常だからです。

 

アイデアよりも大事なのは、「集客と販売」です。
集客と販売さえマスターしていれば、
アイデアなんてなくても、

 

どんな商品・サービスでも、
自在に売って稼ぐことができるようになるからです。

 

(たとえそれが、何とかストーンとかいう商品名の、
ただの石ころだったとしても・・・)

 

起業の知識以外に重要な「あるもの」

起業に欠かせない知識は、

「集客と販売」

であることを学びました。

 

しかし、もうひとつ重要な要素があります。

それは知識ではありません。

 

「成功するためのマインドづくり」

です。

 

マインドづくりとは、

「成功できる(した)人と、おなじ考え方になること」

です。

 

たとえば、
あなたはこんな考え方を持っていませんか?

 

  • お金持ちは悪
  • 起業は高リスク
  • 管理職になれば、他社でも通用する人材になれる
  • 老後のために●●する
  • サラリーマンは安定

 

このような考え方が、悪いということではありません。

(僕も全部あてはまってましたし・・・
なにせ、上記は僕の過去の考え方を羅列しただけなので)

 

しかしこれらは、「成功できない考え方」です。

 

悪いというわけじゃなく、成功できないのです。

 

つまり成功したいなら、変える必要があります。

 

このなかでも、僕がイチバン「やべぇ考え方だったな」とおもうのが、

「老後のために●●する」

という考え方です。

 

  • 老後のために生活を切り詰めて、2000万貯金する

 

などという目標をかかげ、
会社で40年間、1日10時間以上も働きつづけることを、
何ともおもっていなかったからです。

 

そうして手に入れた2000万で、
僕はいったい何がしたかったというのでしょうか?

 

そのお金をつかって、

「死ぬまで不自由なく暮らす」

そんなことばかり考えていました。

 

でもこれって、
すごくむなしいことだとおもいませんか?

 

家族と旅行に行ったり、
外食に行ったり、
あるいはのんびり家で過ごしたり、
趣味に打ち込んだり・・・

 

こういう時間を、40年間毎日犠牲にしてまで、
2000万貯金することに躍起になっていたんですから・・・

 

僕は生きる目的が、

「2000万貯金すること」

になっていた気がします。

 

というか、なってました。

 

僕は2000万貯金するために生きてました。

 

でもそうじゃないですよね?

 

本当は、

「(家族と)しあわせな時間を多く過ごすこと」

こそ、人生の目的・しあわせのはずです。

 

そういう時間を手にすることを「成功」と定義するのであれば、
今までの考え方ではいけないのです。

 

なぜなら、

「会社に時間を奪われすぎている」

からです。

 

今のままでは、
(家族との)しあわせな時間を増やすことはできません。

 

では、時間(ついでにお金)に余裕があるのは、
どんな人でしょうか?

 

おそらく、サラリーマンに見本となる人は少ないでしょう。

 

となると、『起業家』です。

 

でも、忙しい起業家はダメです。

 

お金は手に入っても、
時間は今よりも失うかもしれないですから・・・

(もしかしたら家族も・・・)

 

なので、思考を真似すべき相手は、

「暇な起業家」

です。

 

暇な起業家とおなじ考え方になれば、
成功までグッと近づけます。

 

くり返しますが、成功したいなら、
考え方を変えないといけません。

 

今とおなじ道を歩きつづけても、
結末が変わることはないからです。

(僕の場合、貯金2000万を追い求めて、
多くの時間を失って老いる・・・という結末)

 

結末を変えたいなら、
みずから人生の分岐点をつくり出しましょう。

 

まとめると、

“自由な時間を今よりも増やす”

という成功を手に入れたいなら、

“暇な起業家の思考を真似ろ”

ということです。

 

つまりはそれが、
“成功するためのマインドづくり”なのです。

 

考え方の変化なしに、
成功を手にすることはできません。

 

考え方を変えなければ、
会社に時間を(お金も!)搾取されつづけるのみです。

 

聞くだけでOK!な、起業準備オールインワンパッケージ

ここまでの話の要点は2つ。

 

  • 起業に必要な知識は「集客と販売」
  • 成功するには、成功した人の考え方に変わる

 

そして、この2つを学び・実行することが、
「起業の準備」にほかなりません。

 

というわけでここからは、

「具体的にどう学んだら・実行したらいいのか?」

に踏み込んでいきます。

 

どんなむずかしい内容が待っているのか・・・

 

と不安におもわなくてもだいじょうぶです。

 

起業準備をするのはカンタンです!

 

なぜなら、
これからご紹介する音声素材を、
ラジオのように毎日聞いていれば、自然と、

  • 集客と販売の知識(起業の知識)が身について、
  • 成功する人の考え方に変わる

からです。

 

けっきょく僕らは、

「自分の知っている知識」

の範囲内の行動しか取れません。

 

「お金を稼げ」

と言われたら、
誰かに雇われて働くことしかおもいつかないように・・・

 

とはいえ、それしかおもいつかないのは、
別に僕らが悪いとか、能力的に劣ってるわけではなく、
お金を稼ぐことについて、
今まで何も知らなかったからです。

 

しかし、これからはもう遅います。

 

これからご紹介する音声素材で学べば、
「お金を稼ぐ」ということについて、
とことんくわしくなれます。

 

これは言うなれば、
今まで選べなかった選択肢(起業)を、
選べるようにする旅です。

 

最終的にどちら(サラリーマンor起業家)を選ぶかは、
完全に僕らの自由です。

 

しかし、こんなご時世ですし、
選べる選択肢は増やしておくに越したことはないでしょう。

 

それではいよいよ、
起業の知識とマインドを授けてくれる、
僕らの旅の案内人をご紹介しましょう。

 

⬇️この人⬇️

(加藤将太さん)

 

この人こそ、冒頭で僕が「億稼ぐ起業家」と称した人です。

 

彼は起業後、1日3時間の経営で、
わずか1年で1億円の売上げを達成した、
いわゆる「暇な起業家」です。

 

ところが、1日に3時間しか顔を出さないと、
従業員やパートさんから不審におもわれることもあったようで、
仕事で出かけるフリをして、
ドライブやら読書やらをしていたそうです(笑)

 

という余談はさておき、自由な時間はもちろん、
お金も手にした成功の好例ですよね。

 

その彼が無償で提供している、
「次世代起業家育成セミナー」
という音声教材。(動画とセット)

 

これをくり返し聞くだけで、

「起業の知識」と「成功する人の考え方」

の両方を身につけることが可能です。

 

なぜ、聞くだけで身につくのかというと、
「知識の定着」と、「考え方の変化」は、
くり返し音声を聞くことによってなされるからです。

 

知識の定着については、歌詞をおぼえるときといっしょです。
何回も曲を聞いていくうちに、
歌詞を見ずに歌えるようになりますよね?

 

おなじように、くり返し音声を聞くことで、
おどろくほどに知識が定着します。

 

音声を聞いて、

「飽きたな」

とか、

「次に言うことが分かる」

という状況になれば、
知識が定着した合図です。

 

同様に、考え方の変化も、
くり返し聞くことで起こります。

 

1回目:常識がひっくり返る(でも理解できない)
2回目:内容はなんとなく理解しはじめるが、疑ったり半信半疑
3回目:そうなのかもしれないと思いはじめる

 

というように、だいたい3回くらい聞くと、
考えが変わってきます。

 

良い言い方をすれば「変革」、
悪い言い方をすれば「洗脳」ですね。

 

とはいえ、
僕らが損したり、悪行に走ったりする類いの洗脳ではなく、
起業するための洗脳なので、
よろこんで受け入れましょう。

 

「起業する!」と意気込まなくていい

彼の音声教材のすぐれたところは、

「気づいたら変わってる」

というところにあります。

 

別に勉強する気がなかったとしても、
聞きつづけるだけで、

 

  • いつの間にか集客と販売の知識が身についているし、
  • いつの間にか成功する起業家の考え方になっている

のです。

 

つまり、頑張らなくていいんです。

(車通勤ならラジオと置き換え、
電車通勤なら音楽と置き換えるだけでいい)

 

その結果、
あなたが起業をのぞむようになれば、
自然とそのための行動を取るようになるし、

 

のぞんでいなかったと分かったら、
途中で聞くのをやめるでしょう。

 

今や、「懲役40年」とまで比喩される、
つらく苦しいサラリーマン生活。

 

その刑期を大幅に短縮できる知識・考え方が、
彼の音声教材から得られます。

 

40年懲役(サラリーマンをつづけること)に、
少しでも疑問を持ったことがあるなら、
試すだけ試してみるのもアリではないでしょうか?

 

15年も服役していた僕でも変われたので、
あなたもきっと変われますよ!

 

頑張らずに、起業準備をしちゃいましょう!

 

彼が無償で提供する音声教材について、
徹底解説した記事はこちらです。

 

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です