【完全版】SEO対策を意識した記事の書き方【SEO初心者さん向け】

【完全版】SEO対策を意識した記事の書き方【SEO初心者さん向け】

記事の内容のレベル

評価 :2/5。

SEOが気になり出したSEO初心者さん向け

SEO対策ってなんだよぉ〜。
何をやればいいんだよぉ〜。
ってかSEOってなんだよぉ〜!
なぁ教えてくれよぉ〜。

ホホホ。わたくしが教えて差し上げましょう。
えっと何でしたっけ?
あぁあれですよ。アレ。
そう・・・えっと・・・ホホホホホ。

マメな
ずーかま

しゃしゃり出てくんなやおっさん。

ずーかマン

トーーーーゥ!!!
ハーッハハハハハ!!!

悩める子羊たちよ。
私が代わりに教えよう!

SEOとは?

Search Engine Optimization(さーちえんじんおぷてぃまいぜーしょん)の略で、
日本語訳は「検索エンジン最適化」です。

検索エンジンとは、そう、あのGoogleとかYahoo!とかで検索するやつです。

検索エンジンの検索結果に、あなたのブログが、
若い番号のページに出てくればくるほど、ブログにたくさん読者さんがきます。

それで、ブログやるなら、読者さんがたくさん集まったほうが稼げるので、
できれば順位を良くしたいわけです。

・・・となると、Googleとかの検索エンジンが、

「どうやってブログの順位を決めているか?」

がポイントになってきますよね?

その順位を決める要素が何かを考え、対策し、上位を狙っていこうとするのが、
「SEO」と呼ばれる対策なんです。



必読!SEOに取り組むまえに知っておきたいこと

ずーかマン

SEOはテクニックじゃない!
イチバン大事なのは、

「ユーザー(読者)さんのためになるか?」

を考えることだ!

ハーッハハハハハ!!!

↑これですね。

SEOはテクニックじゃありません!



というか、テクニックだけじゃ上位表示されません。残念ながら。

昔はテクニックだけで上位表示されたみたいですが、
そーいうのは悪徳業者に悪用されちゃうんですよね。

それを嫌ったグーグォル(Google)は、検索エンジンのアルゴリズムに改良をかさね、
今ではほとんどテクニックに効果はありません。

これからご紹介するSEOのなかには、
もちろん、テクニック的な内容もありますが、
それをやるのは、

ユーザーさんのためになるから

にほかなりません。

テクニックに寄りすぎると、
Googleからスパム判定を受けることもあるので気をつけましょう。

と言ってみたものの、よほど悪質でないかぎりスパム判定を受けるなんてことありません。

健全にブログ運営していれば、まったく心配する必要はないですよ^^

記事全体のSEO対策【SEOを意識した記事書き方】

要点から先に言うと、

どんなキーワードで、どんな記事を書くか?

という話です。

ここからSEOは始まってますよ〜。

記事を書くキーワードを決める

ずーかマン

記事を書くには、「キーワード」を決める必要があるんだ!

ハーッハハハハハ!!!

「なーにあたりまえのこと言ってんだよ」

↑っておもったあなたはだいじょうぶです。

でも、

なんだってぇ?きーわーどぉ?
そんなこと聞いてないぜぇ〜?

って人は、こちらを確認して決めましょう↓



キーワードを決めたら、つぎはこちら↓

検索意図を考える

ずーかマン

いいかい?検索意図というのは、
キミが選んだキーワードを実際に検索する“ユーザーさん”の、

「悩みは何か?」
「その悩みへの答えはどんなものか?」

を考えることだ!

ホホホ。つまり「Q&A」というわけですねぇ。



たとえばキーワードが、

「ブログ アクセス 少ない」

だとしたら、

ブログのアクセスが少ねぇ〜。
どうしたらアクセスが増えるんだよぉ〜。
なぁ教えてくれよぉ〜

というような悩みが考えられますね。

この“悩み”に対する「答えを記事にすればいい」ということです。

答えがわからなかったら、
記事を書こうとしているキーワードで検索してみましょう。

検索結果の1ページ目に表示されている10記事(広告のぞく)は、
いずれもGoogleが、

キーワードから考えられる悩み(Q)に対して、読者さんが求める答え(A)を提供している

と評価した記事たちです。

その記事を参考にすれば、答えが見えてくるでしょう。

ただし!

その10記事たちには「無い視点(答え)」を提供できないか考えてみましょう。

似たような記事を書いても、敗北は目に見えてますからね・・・

他の記事にはない、「独自性」を意識して記事を書いていけると良いですね。

とはいえ、さいしょのうちはむずかしいかもしれません。

そんな人でもカンタンに独自性を出せる方法があります!

それは、

実験して、その結果を載せること

です!

「あーしたらいい」
「こーしたらいい」

という理論だけの記事は多いですが、
それを実際にやってみて、結果を載せている記事って、案外少なかったりします。

そういうのを記事にすれば、たとえブログ初心者さんであっても、
上位表示される可能性はじゅうぶんあります。

ただし、以下記事に載せたアクセスデータからもわかるように、
開設して6ヶ月くらいは、上位表示されにくいのでそこはご注意を。

ブログのアクセスが少ない!いつ増える?→リアルすぎるデータ公開
  • 独自の視点(独自性)
  • 文字数(情報量)

どちらかが上位記事にまさっていれば、上位に食い込める可能性はあります。

意識して書いていきましょう。

さて、以下からはテクニックよりの内容になっていきますが、
再認識しておきましょう。

ユーザーさんのためにSEOはある

ということを!

記事タイトルのSEO対策

ずーかマン

記事タイトルでできるSEOは、以下の2つだ!

ハーッハハハハハ!!!

  1. 狙ったキーワードをぜんぶ入れる
  2. サジェストキーワードを入れる

狙ったキーワードをぜんぶ入れる

キーワードの決め方の記事でも書いたので、
読んだ人は飛ばしてもオッケーです。

たとえば、

「ブログ アクセス 少ない」

ってキーワードに向けて記事を書くなら、

記事タイトル例

ブログアクセス少ない!いつ増える?→リアルすぎるデータ公開

というように、記事タイトルに狙ったキーワードをぜんぶ入れます。

↓それだけでは飽き足らず、サジェストキーワードも入れていきます。

サジェストキーワードを入れる

サジェストとは「オススメ」の意味です。

グーグォル(Google)とかが、あるキーワードを検索したユーザーさんに、

「他の人はこんなキーワードも検索してますよ」

とオススメするキーワードのことを、
“サジェストキーワード”と言います。

↓こういうやつのことですね。



ここに並んでるキーワードで、
別記事に書けそうなものは、別記事で書いてもいいですが、

「別記事を書くまでもないなぁ・・・」

ってときに、記事タイトルに入れちゃいます。

もしくは、記事タイトルに入れるとムリがある場合は、本文中に入れます。

サジェストキーワードのほかにも、
ツールを使って関連キーワードの洗い出しができます。

わざわざ別記事に書くまでもないけど関連してる…ってキーワードは、
記事タイトルか本文中にふくめておくのが良い。

そうすることで、上位表示されたときに、
サジェストキーワードからのアクセスも引っ張ってくることができるからです。

SEOってこういう地道な作業多いんですよねぇ・・・

本文のSEO対策

ずーかマン

本文中のSEOは、以下の4つだ!

ハーッハハハハハ!!!

  1. 目次を作成する
  2. 見出しにキーワードを入れる
  3. サジェストキーワードを入れる
  4. 指示代名詞を避けてキーワードを入れる

目次を作成する

目次はゼッタイにあったほうがいい!

なぜかって、自分の記事見て、
自分で目次から飛ぶときもありますからね。

ユーザーさんもかならずそういう使い方をするので、

美しめの
ずーかま

ん?目次をつくったら、読み飛ばされて滞在時間が減るんじゃないか?
ん?ん?じゃあ目次はないほうがいい・・・のか?

とか過去のぼくのように悩んでないで、さっさと目次をつくりましょう(笑)

ホホホ。ユーザーさん第一ですからねぇ。

「滞在時間を減らしたくない!」

これでは運営者側の視点になっちゃってますよねぇ。

見出しにキーワードを入れる

記事タイトルだけじゃなく、
見出しにも積極的に狙ったキーワードを入れていきましょう。

ただし、不自然な見出しになるようなら、ムリに入れる必要はありません。

あくまでユーザーファーストを保ちながら、が前提です。

上位表示されると、見出し(目次)が検索結果に表示されるようになるので、
見出しからのアクセス増も見込めます。



ユーザーさんの興味を惹けるような見出しを考えるクセをつけておくと良いですね。

↑(注意)ここで紹介してる“見出しの作り方”を参考にすると、クソつまんない見出しができあがります!

見出し作成経験のない人以外は参考にしないでください(笑)

そんな○○つまらない見出しの作り方を教えるなど、いかがなものですかねぇ。

マメな
ずーかま

経験を積むためには必要な段階だからしょーがないだろおっさん。

サジェストキーワードを入れる

「記事タイトルのSEO>サジェストキーワードを入れる」章でもお伝えしたとおり、
本文中にも積極的にサジェストキーワード、関連キーワードを入れていきましょう。



かなりテクニックよりのSEOではありますが、

ユーザーさんがあなたの記事を見つけられない

という機会損失をふせぐマインドで取り組みましょう!

指示代名詞を避けてキーワードを入れる

「この、これ、その、それ、あの、あれ、いまの、さっきの」

などの指示代名詞(代名詞)は、使いすぎに注意です。

ユーザーさんは、あなたの記事を一字一句のがさず読んでいるわけではないからです。

からなず、読み飛ばします。

さぁ、飛ばしますよ!!!

マメな
ずーかま

ブレーキは故障してるから安心して行くとこまで行ってきてね。

そう・・・読み飛ばすので、ウザくない程度に、
指示代名詞に置き換えずに、キーワードをつかいましょう。

たとえば、

指示代名詞ありの例

SEOうんたらかんたら・・・(略)

“それ”は上位表示させるためにやるものではありません。

↑という風に書くなら、

指示代名詞なしの例

SEOうんたらかんたら・・・(略)

“SEO”は上位表示させるためにやるものではありません。

↑このほうが良いってことです。

というのもグーグォル(Google)は、
キーワードの出現率というものをチェックしているからです。

以前キーワード出現率について調査したら、キーワード出現率が高いほうが、
上位表示されやすい
傾向にありました。

キーワード出現率(平均)1〜10 位51〜60 位101〜110 位
A クエリ2.47 %1.69 %0.62 %
B クエリ2.68 %1.89 %1.83 %
C クエリ7.54 %5.57 %5.70 %
引用:ずーかまブログ
文字数(平均)1〜10 位51〜60 位101〜110 位
A クエリ3767 文字3182 文字4977 文字
B クエリ4487 文字3530 文字2518 文字
C クエリ4924 文字2828 文字3478 文字
引用:ずーかまブログ
調査からわかった傾向
  • キーワード出現率が高いほうが順位も高い
  • 文字数が多くても、キーワード出現率が低いと順位も低い



まぁあくまで傾向なのですが・・・

情報の関連性を評価するための最も基本的な要因は、検索クエリと同じキーワードがウェブページに含まれているかどうかです。キーワードがページに出現する(特に見出しや本文に含まれている)場合、そのページの情報は関連性が高い可能性があります。

検索アルゴリズム

とグーグォル(Google)も言ってることですし、
意識はしておいたほうがいいです。

キーワード出現率がどれくらいかが気になる人は、
ツールで確認するのも良いでしょう。

キーワード出現率確認ツール

↑URL、もしくは本文テキストコピペで、キーワード出現率をチェックできます。



ちなみにぼくは・・・確認してません。

意識してるだけです。

それは・・・3年のブログ経験があるからこそ、自然にできることなのでは?

美しめの
ずーかま

ん・・・?あるとおもいます。

マメな
ずーかま

じゃあ「気をつけたほうがいい」ってことで。
傾向も見えてることだしね。

その他のSEO対策

ずーかマン

ここまでのSEOとくらべると、直接的なSEO効果はほとんどないが、
私が普段やっているそのほかのSEOも紹介しておくぞ!

ハーッハハハハハ!!!

  • 画像にAlt(オルト)タグを入力する
  • メタディスクリプションを入力する

画像にAlt(オルト)タグを入力する

Alt(オルト)はオルタナティブの略で、「代替・代案」という意味。

グーグォル(Google)は、そこに画像はあると認識できても、

「それがどんな画像か?」

まではわかんないんですよね。

(↑そのうち認識するようになるかもですが)

なので、“どんな画像か?”テキストで説明するのが、
オルトタグの役割です。

↓ワードプレスに画像をアップロードするときにある、この欄のことですね。



ここにテキストを入れておくことで、

  • グーグォル(Google)がどんな画像か認識してくれる
  • 何らかのトラブルで画像が表示されないとき、代わりにテキストが表示される

というメリットがあります。

美しめの
ずーかま

効果?・・・あんまないっす(爆)

でも、アイキャッチ画像にオルトタグを入れておくと、
画像検索ではわりと上位表示されやすいのでオススメです。

(↑たぶん入れてる人が少ないから)

美しめの
ずーかま

アクセス?・・・あんま増えないっす(爆)

テキストでの検索とくらべて、ザックリ100分の1くらいしかないです、画像検索は。

でも・・・

記事タイトルをコピペするだけ

なんで、やっちゃいましょう。

それだけの手間で、アクセスを1%上乗せできるんですから。

ちなみにぼくは、アイキャッチ画像以外にはオルトタグ設定してません。

SEOガチってたころはやってましたけど、
あんまり結果にむすびついてる気がしなかったんで・・・

メタディスクリプションを入力する

メタディスクリプションとは、検索結果に表示される、
「記事の説明文」のことです。

↓これですね。



メタディスクリプションも、直接的なSEO効果はありません。



入力しなかったらしなかったで、
グーグォル(Google)が勝手に抜粋してつくってくれるのでね。

ただ、間違いなくコピーライティングのスキルは上がるので、
めんどうでもやったほうがいいですね。

ツイッターで記事を宣伝するときに、コピペできたりしますし。

こちらが、メタディスクリプションの作成方法です。

まとめ:SEOは誰のためにやるんでしたっけ?

ホホホ。そんなことわかってますよ。
グーグォル(Google)のためでしょう?

マメな
ずーかま

まじめに聞いててその理解力なら逆にコワイわ。

ホホホ。まぁここまで飛ばしてきちゃいましたからねぇ。
それも仕方ないことです。

マメな
ずーかま

おっさんのドライブの目的地変更ねがいまーす。

ずーかマン

SEOは、「ユーザーさんのため」にある!
忘れないでくれよな!

ハーッハハハハハ!!!



あなたの記事を上位で見かけるのを、楽しみにしてますね!

ではまた!(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。