社畜を社畜たらしめているのは、休日の過ごし方である

社畜を社畜たらしめているのは、休日の過ごし方である

 

まさかまさか、休日に会社のための活動とかしてないですよね?

これは実際に、僕が勤めている会社で起こっていたことなのですが、
休日に無償で活動している社畜たちがいました。

 

活動内容は、業務のスキルアップだったり、
資格取得の勉強だったり。

 

その目的が、「社外でも通用する人材となるため」ならいいのですが、
そこはさすがどっぷり社畜。

 

会社(業界)固有のスキルを磨くために、活動に明け暮れていました。

 

こういうスキルって、一歩会社の外に出たら、
ホントに役に立たないですけどねぇ…(副業やって痛感済み)

 

別に学習する意欲自体は否定しませんが、

「会社のために活動するなら、無償でやんなよコノ社畜がっ!」

っておもってしまいましたね。
(まあ僕も世間的には社畜なんですけどね)

 

無償ならやっぱ、「自分のためにやんないと」です。

 

無償で会社のために活動することですら、
自分のためと置き換えられるからこそ、社畜なんですけどね。

 

テレビ、ゲーム、YouTube、飲み会はストレス発散にはなるが・・・

さすがに休日返上までするのは、選ばれた社畜だけ。

 

しかし休日返上しなくても、
テレビ、ゲーム、YouTube、飲み会などに休日のすべての時間をあててしまったら、
休日返上社畜といっしょの結果が待っています。

 

つまりは、社畜で居続けることになります。

 

なぜそう言い切れるのかというと、
僕がまさに上記のような休日の過ごし方をしてきて、
10年以上の社畜歴を持っているからです。(ちなみにまだ現役)

 

アインシュタインが言ったとされる名言に、

「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気と呼ぶ」

というものがありますが、まさにこのとおりの結果になります。

 

社畜をやめたいとおもっている/いないにかかわらず、
“おなじことしてたら、おなじ結果しか生まれない” んですよ。

 

人生の転機なんてものは来ません。
自分から掴みにいかないかぎりは!

 

かと言って、娯楽やストレス発散をするなというわけではなく、
休日のすべての時間をそれらに費やすのがマズイのです。

 

休日の過ごし方で、社畜の未来は変わる

というわけであなたが「社畜はもう嫌だ」とか、
「社畜をやめたい」とかおもってるんなら、
未来を変えるために必要なことはたったひとつ。

 

それは、いつもと違う行動を取ってみること!

 

社畜である現状は、あなたが今までずっと休日に取ってきた行動、
言わば「社畜ルーティン」がもたらした結果です。

 

この社畜ルーティンに少しでも変化をくわえ続けることで、
社畜マインドが次第に薄れていきます。

 

病は気(マインド)からというわけでもないのですが、
社畜という病が回復に向かわないのは、社畜マインドが主たる原因です。

 

まずは、社畜マインドから脱しましょう。

 

社畜マインドが薄まっていけば、やがてあなたの行動に劇的な変化が起こり、
「社畜ではない未来」へ向けて、本格的に動き出すことになります。

 

休日がムリなら、平日でも可

とは言っても、せっかくの休みだし、
やっぱり好きなように過ごしたいですよね。

 

僕も10年以上そうしてきたので、気持ちは痛いほどわかります。

 

なので、休日はあきらめて、平日やるのでもオッケーです。

 

たとえば通勤時とか、昼休みとか、
まとまった時間を取れる機会は平日でも結構あったりします。

 

休日だろうと平日だろうと関係なく、もっともだいじなのは、

「社畜って治るんだぁ!」(何かのCMっぽい感じで)

とおもえるまで、日々の行動を少しずつ変えていくことです。

 

おなじことをして違う結果になることもありますが、
それはたいてい悪いほうに傾きます。

「現状維持は衰退」だからです。

 

しかし、いつもと違うことをすれば、違う結果が生まれるのは必然。

 

今日からさっそく、社畜ルーティンに変化をくわえてみませんか?

 

具体的に何をすべきかは、コチラの記事で。

明日から社畜辞めたい…【辞められないたった1つの原因】

ちくしょう、社畜辞めたい!【辞められないたった1つの原因】

2020年6月17日

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です