社畜とネクタイと私

社畜とネクタイと私

 

社畜にとってネクタイとは、
『首輪』である。

社畜にとってスーツとは、
『拘束着』である。

 

かつてはスーツやネクタイを、戦闘服のように感じていた。

「これから会社という戦場に向かうぞ!」

という気持ちにさせてくれる、気持ちの切り替えアイテムだった。

 

でも、いや待てよ。
向かってるんじゃなくて、「向かわされてる」のではないか?

 

間違いない・・・。
会社という名の戦場に向かわされていたのだ。

 

戦場では上官の命令には絶対服従。
逆らうことは許されない。

 

上官の命令に背くこと、
それは…

「再就職困難」
「住宅ローン不払いによる差し押さえ」
「老後の資金ゼロ」

というような「死」を、みずから招き入れる行為だ。

 

だとすれば、命令に背くことは現実的に不可能。

いつも明るく戦場に送り出してくれる親しい人たちを、
不幸のどん底におとしいれてしまう可能性があるからだ。

 

だから上官が「残業」という名の野営を強要してきても、
文句は言わない。

「クレーム」という名の銃弾が飛んできても、
笑ってこの身に受け止める。

仲間が味方を撃ってしまった「ミス」の尻ぬぐいも、
喜んでする。

ひとりで敵陣に突っ込めという「無理難題」を実現するにはどうしたらいいかと、
頭を悩ませたりもする。

 

もちろん、兵士であるまえにひとりの人間だ。

上官の命令があまりにも常軌を逸しており、
承服しかねるときもある。

 

感情的になりたくもなるのだが、
引きつった笑みを浮かべて任務を続行する。

 

そんな無情な戦いの日々が続くと、
心身に支障をきたす仲間も出てくる。

 

急にすべてにおいて投げやりになったり、
感情を制御できなくなったりなど、
戦場でまったく使いものにならなくなる。

 

しかし、もしそうなっても上官は動じない。

数ある兵士のうちのひとりの負傷など、
取るに足らない出来事だからだ。

 

いくらでも代わりの駒は居る。

適切なケアを受けられない心身不調の兵士たちは、
なすすべなく銃弾に倒れ、戦場を去ってゆく。

 

こうなると不安に駆られるのは、残された兵士たちだ。

 

「明日は我が身」だと恐れおののき、
気づけばその不安を現実に変えてしまう者さえいる。

 

上官の命令に背いても「死」

背かずとも「死」

 

死に囲まれた戦場で、兵士という名の社畜は今日も戦う。

 

私にとってネクタイとは、首輪である。

私にとってスーツとは、拘束着である。

 

もちろん、首輪がつながれている先は、会社という名の戦場だ。

 

逃げようとすれば親しき者たちの顔が浮かび、地面に足がとらわれる。

逃げずに戦場におもむいても、いつ銃弾に倒れるかと恐怖が襲う。

 

そんな葛藤を抱えながらも、兵士の私は今日も戦う。


60歳になるまで
1日5時間をドブに
捨てつづけたいですか?

『働くのは、1日3時間でいい!』

と教えてくれた、

・今までに4000人以上が視聴
・有料参加者の満足率95%

のセミナー動画を、無料でご案内!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です