部下の育成、やるだけムダ。採用ですべてが決まっている!

部下の育成、やるだけムダ。採用ですべてが決まっている!

 

部下の育成は上司の仕事。

 

かもしれませんが、やるだけムダです。

 

なぜなら、採用の段階ですべてが決まっているからです!

 

 

伸びる部下はもともと優秀

  • 1教えただけで、10学んでくれる部下
  • さいしょはイマイチだったけど、
    ある日とつぜん能力に開花した部下

 

どちらのケースも、
教え方がよかったから伸びたのでしょうか?

 

そうはおもいません。

 

彼らは会社に入る前から、もともと優秀だったんです。
成長するポテンシャルがあったんです。

 

上司は、ほんの少しだけその成長を引き出す手助けをしたにすぎません。

 

いっぽう、

  • 10教えても、いつまでも2、3しかできない部下

 

こういう部下の場合、
上司の教え方が悪いから伸びないんでしょうか?

 

いいえ、違います。

 

そもそも、
伸びない無能な人材を採用した会社が悪いのです!

 

「採用」は、社員を雇う当事者、
すなわち社長のもっとも重要なお仕事。

 

その社長が優秀な人材を見抜けていないから、
部下か育たないということが起こるのです。

 

もともと優秀な人材であれば、上司があーだこ一だ言わなくても、
勝手に学び、勝手に成長していきます。

 

現にあなたもそのようにして成長し、
部下を持つ立場になったのではないでしょうか?

 

人は変わらないし、変えられない

人はそう簡単に変わりません。

 

社会に出るまでの約20年を、

  • どう過ごしてきたか
  • どのような考え方に触れてきたか

 

で、9割方の人格・価値観形成は終わってしまっているからです。

 

その価値観が会社の社風に合わなければ合わない部下ほど、
その部下の育成は、年単位の時間のかかるハードなものとなります。

 

凝り固まった価値観をねじ曲げることは、
上司という権力者であっても、容易ではないからです。

 

表面上はしたがっていたとしても、
心の奧底ではどうおもっているかわかったもんじゃありません。

 

それに上司が教育せずとも、長年同じ会社にいれば、
勝手に社風になじんでくるものです。

(人はこれを、「洗脳」と呼びます)

 

ときが経ってもどうしても社風になじまない部下は、
勝手に会社を去っていきます。

 

熱心に教育しようが、何しようが、
成長するときは勝手に成長する(洗脳される)し、
辞めるときは勝手に辞めます。

 

決めるのは、部下本人だからです。

 

たとえ上司であっても、
人を変えようなんてのはおこがましい行為。

 

経験上、恋愛や結婚でもおなじだとおもいます。

 

メンタリストならいざしらず、
相手を自分の思い通りにしようとしても、うまくいかなかったり、
反発を受けてしまうことばかりではないですか?

 

部下が成長しないのは、会社側の問題

部下の育成に気を揉むのはやめましょう。

 

採用の時点で失敗してる、会社側の問題です。

 

採用のほかにも、
たとえば報酬(給料)の問題があります。

 

教えれば教えるほど伸びる、優秀な部下がいたとしましょう。

(今一度言いますが、そんな部下はもともと優秀です)

 

しかしその部下は、優秀であるがゆえに、
報酬に不満を持つようになるかもしれません。

 

残念ながら多くの会社では、
努力と報酬は釣り合わないからです。

 

報酬が見合ってないと感じれば、
部下はみずから成長することをやめます。

 

部下の努力や成果を、上司がいくら賞賛したところで、
結果は変わりません。

 

その状況(努力と報酬が見合わない)が一定期間つづけば、転職なり独立なり、
もっと努力が報われるフィールドへと飛び立つことでしょう。

 

というわけで、報われない部下の育成にではなく、
優秀なあなたがさらに成長するために労力をつかいましょう。

 

つまりは、あなたが飛び立つ番です。

 

プロフィールに書いたとおり管理職にはなり損ねましたが、
人に教える立場ではあるので、
育成する側の気持ちはわからなくはないです。

 

僕の現状を言いあらわすとしたら、

「まぁまぁ伸びたけど、伸びることをやめた部下」

ですけどね😇

 

ではでは(`・ω・´)ゞ

 

あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です