否定から入るのは今スグやめよう【損しかしない】

いまスグ否定から入るのはやめよう【損しかない】

 

誰かと談や世間話をしているとき、あなたはこのように返していませんか?

 

  • 「でも…」
  • 「○○じゃなくて、○○でしょ?」
  • 「そうかな?」

 

否定から入ることは悪ではありません。
しかし基本的に、あなたは損しかしません。

 

なので、今日からやめる努力をしてみましょう。
人間関係が良くなって、余計なトラブルやイライラを避けられるかもしれませんよ😉

 

 

否定から入られたほうはかなり不快

こんな記事を書いといてなんですが、どちらかと言うと、僕も否定から入るタイプです。
ところが、さいきん否定から入るタイプと良く接するようになったため、同類ながらにこう感じました。

 

「否定される側はかなり不快だな😠」と・・・

(齢30なかばにして、ようやく気づくおろかさよw)

 

まあ、仕事のやり取りなら否定から入られても許しましょう。
仕事ですからね。

 

否定から入るひとは、ひととは違うスルドイ着眼点を持っていたりするので、ブレークスルーのキーマンだったりもします。

 

しかし、雑談ではアカンかった!

 

仲間内ならまだしも、そこまでじゃない関係で、関係を良くするためにつくった話題の内容をいちいち否定されたら・・・
あなたならどう感じますか?

 

とはいえコレ、やられるまでわかんないんですよね〜。
僕も知らず知らずのうちに、嫁との会話で否定ばかりしていました。

 

それが直接の原因ではないにしろ、RSK (リ○ーンシテクダサイ)話に発展したこともあったとさ・・・

 

という超絶プライベートな話は置いといて(え?くわしく聞かせろって?それはまたの機会に…)、「返し方ひとつで相手の気持ちをひどく害することもある」と気づかされました。

 

否定から入るひとの特徴

僕がまさにこのタイプなんでよくわかります。
否定から入るひとが有している特徴は以下。

 

  • いいカッコしたい
  • 自分のが正しいと思いがち
  • 思い込みが激しい
  • 相手が意見を変えればいいとおもっている
  • 知識をひけらかしたい
  • 白か黒かハッキリさせたがる
  • 心のなかで相手を見下しがち

 

うを、あらためて書き出してみると性格わるっww
でもだいたい、こんな感じです。
(人間なんてこんなもんよ)

 

でもさ、そりゃあ相手は気分を害しますわな。
変なところでプライド高めなのがいけないかもしんないですね〜。

 

否定から入るのをやめる努力をしよう

否定から入られたほうはめっちゃ不快なので、あんまり話したくなくなります。
(アレ?だから友人少ないのか?w)

 

今日からと言わず、「いまスグ!」否定から入るのをやめる努力をしてみましょう。

 

具体的な実践例

別に否定から入らなければ、異なる意見を述べてもいいのです。
具体的には、以下のように実践してみると良いです。

 

  • 「なるほど、そういう考え方もあるよねでも〜」
  • 「言いたいことはこういうことだよね。でも〜」
  • 「そうなんだ!それは○○だね(感想を述べる)。でも〜」

 

なんだよやっぱり否定するんか!っておもうかもしれませんが、ただ否定から入るのとは決定的な違いがあります。

 

その違いとは、「いったん相手の意見を肯定している(受け入れている) 」ところです。
一度意見を受け入れてもらえたら、相手はそれで満足だったりするのです。

 

また、肯定から入ると、「相手の意見と自分の意見をわけることができる」ことにも注目。

 

否定から入られた場合、相手の意見を押し付けられている感覚があります。
しかしいったん肯定されてからの場合、「自分の意見は自分の意見、相手の意見は相手の意見」というように、単なる意見として受け入れることができます。

 

否定から入るひとは、変に答えを出そうとするから相手が不快になるのです。
そもそも雑談に正解・不正解はないし、答えを出す必要はありません。

 

「意見が 2 つあった」

 

こういう結末に持っていくことがたいせつです。

 

ときには、自分の意見を言わず、適度に質問してあいずちを打つだけという方法もあります。
(ただこの方法は、否定から入るクセがついてるひとにはけっこう難しい)

 

とはいえ、相手に合わせるだけだと、それはそれで意見のないひと・おもしろくないひととおもわれてしまうことも・・・
人間ってめんどくさいですね。

 

まとめ :「肯定」はビジネスでも武器になる

お客さん相手のときこそ、相手を否定しないことが「気持ちよく購買決定してもらうコツ」だったりします。

 

何かの商談のときに否定ばっかされて、商品を買う気になんてならないですよね?

 

普段から肯定するクセをつけておくと、あなたがもしビジネスをやろうとしたときにきっと役立ちます。

 

まずは身近な誰かとの雑談の際に、意識してみてはいかがでしょうか?

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です