「社員の半数は休業」残りは出社も、ボーナスは均等割?

「社員の半数は休業」残りは出社も、ボーナスは均等割?

 

僕が勤めている会社で、妙なことが起こってます。

 

コロナによる経済悪化で、会社が休業・・・

 

っていうのは、
ここ最近ではめずらしくもなんともない話なのですが、
問題は休業の実施方法。

 

社内で週1休業、つまり週4日勤務の人と、
今までどおり週5日勤務の人といて、
勤務状況がいちじるしく異なってしまっているのです。

 

忙しい部署と、仕事がない部署があるので、
とうぜんと言えばとうぜんなのですが・・・

 

週1日違うだけで、
一週間の労働時間は20%変わってきます。

 

それなのに、給料がおなじなんですよ?

 

これってどう考えてもおかしくないですか?

 

状況が状況とはいえ、なかなか納得が行くものではありません。

 

この状況が半年続いたと仮定しましょう。
(現実にはたぶんもっと続くかも)

 

週1休業だとしたら、1月あたり約4.3日の休業となるので、
半年で25.8日の休業です。

 

1日の労働時間を8時間として、労働時間換算で約206時間。

 

これを売上げに換算すると、
単価4000円として、82万4000円。

このうち、会社の利益が50%とすると・・・

 

週5の人と、週4の人で、
1人当たり41万2000円分、
半年間の会社への売上げへの貢献度が違うということです。

 

それだけの差があるにもかかわらず、
きっとボーナスは均等割となることでしょう。
(そもそも、もらえるかどうかが怪しいですが)

 

なんだか理不尽じゃありませんか?

 

「社員一丸となって乗り切るぞ!」

などと言えば聞こえはいいですが、

 

「個人に還元されない仕組み」

 

がガッツリ露呈しちゃってますね。

 

つくづく、

「サラリーマンって報われねぇよなぁ」

と再認識。

 

とはいえ、僕は週5の人なんでそうおもうだけで、
逆の立場(週4)だったら、

「まあ、仕方ないよね。会社ってそういうものだし」

ってなってたでしょうね。

 

どうにか臨機応変に部署間で人員を入れ替えるなどして、
ボーナスや給料じゃなく、
「労働時間」を均等にしてほしいものです。

 

というようなことを会社に言ったところで、

 

  • 伝家の宝刀「仕方ない(こんな状況だし)」

 

がさく裂し、返り討ちにあうんでしょうな。

 

そう言えばそもそも、労働時間が均等だったコロナ休業前でも、
社員の生産性は均等ではなかったですね。

 

・真面目に働くが、成果はそこそこの人材
・一見不真面目だが、目に見えた成果を出している人“財”
・ロクに成果につながる仕事をせず、居るだけの人“罪”

 

給料的には、

 

人財 > 人材 > 人罪

 

であるべきだとはおもうんですが、
成果主義ではない日本のサラリーマン社会では、
平等よろしく、給料はみなおなじです。

 

仕事の色々な局面で、
「仕方ない」のひと言で終わらされ、
いい加減イヤになりますね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

ではでは。


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です