ブログの順位チェックツールは専業まで不要!→それより記事追加

ブログの順位チェックツールは専業まで不要!→それより記事追加


記事の内容のレベル

評価 :1/5。

数記事〜数十記事投稿して、順位が気になりだした人向け

さも必須であるかのように有料の検索順位チェックツールがすすめられていますが、
結論、専業になるまでは、有料の順位チェックツールなんて要りません。

無料の「サーチコンソール」でじゅうぶんです!



たしかに、企業などが複数のサイトを有していて、一気にチェックしたいとかなら、
有料ツール使用に軍配が上がるかも。

しかし個人のブログで、ましてや月数万の副業レベルで、
有料の高機能の検索順位チェックツールなんて無用の長物。

ぼくも過去には、「GRC」という有料の検索順位チェックツールを、
得意げにブンブンと振り回してました。

ブン。ブン。



(ほかにはRankTrackerなんかも有名ですね)

しかし今となっては、かれこれもう1年以上は使ってません。

ツールの利用料をブログ収益でまかなえないうちは要りませんよ、ハッキリ言って。

ヒャッハー!!
ブログ収益化には必須だぜぇ〜!!

なんて言葉に惹かれてぼくも契約しましたが、冷静に考えてみると、

マメな
ずーかま

え、それで収益マイナスにしてどうするん?

って感じ。

検索順位チェックツールのメリットに反論

ツールを使用するメリットとしてあげられている、代表的なものを3つあげます。

  • 検索順位チェック効率化のため
  • サチコだと、キーワードが検索されなかった日は計測されない
  • リライトすべき記事が明確になる



これに反論していきます。

検索順位チェック効率化のため

とあるパンダ

1キーワードずつ、手動で毎日Google検索をするのってたいへんですよね。

おぉ〜そうなんだよぉ〜。
たいへんなんだよぉ〜ぅ。



・・・って、

だれがやるかーーーい!!!



まぁたしかにやったことありますよ。

今でも「あの記事どうだったっけなぁ?」って検索することはありますよ。

でも、サーチコンソール見れば済む話です。

・・・って言うとすぐさまカウンターとして出てくるのがつぎのメリットです。

サチコだと、キーワードが検索されなかった日は計測されない(歯抜けのデータになる)

とあるパンダ

↑こんな感じの「歯抜けのデータ」になっちゃうから、順位チェックツールは導入したほうがいいですよ。

おぉ〜ぅたしかにぃ〜。
歯が抜けちまったら痛いよなぁ〜。



・・・って、

そんな需要の少ないキーワード
要るかーーーい!!!



もちろん、需要が少ないからと言って、無視していいというわけじゃないですよ?

でもいくら需要が少ないキーワードでも、最低数日に1回とかは検索があるわけで、
それならサチコでも検索順位の変化はじゅうぶん追えます。

 

もし、歯抜けにすらならないデータが出てくるようなら・・・

マメな
ずーかま

え?その記事要る?

を問うのが正解です。

(→検索順位が低すぎるか、検索需要がなさすぎる)

リライトすべき記事が明確になる

とあるパンダ

検索順位を毎日チェックすれば、リライトすべき記事がスグわかりますよ。

ぅおぉ〜っほぉ〜〜ぅそうなんだなぁ?
そんなメリットもあるんだなぁ〜おい。



・・・って、だから・・・

サチコで確認できるわーーーい!!!



サーチコンソールも、検索順位チェックツールも、
けっきょくはGoogleからデータを取得してることに変わりはないんですよね。

そのGoogleが提供しているサチコを見れば、検索順位はちゃんとわかります。

しかも、記事のクリック率(CTR)までわかります。

CTRとは?

Click Through Rate(くりっくするーれいと)の略。

検索結果のページを見た人数のうち、何%の人があなたの記事をクリックしたかをあらわす数値です。

Googleサーチコンソールをブログと連携していれば、CTRを確認することができます。



これは、低額の検索順位チェックツールにはない機能です。

検索順位が良くてもクリック率(CTR)が低かったら意味ない

キーワードの検索順位が上位であるかはもちろん重要ですが、

ずーかマン

その記事、ちゃんとアクセスを引っ張ってきてるかい?

ハーッハハハハハ!!!

のほうが“より重要”です。

極端な話、1位でもあんましクリックされないとか・・・

そんなこと・・・3年もブログ運営やってるとあるわけですよ、これが。

そんな状況に出くわしたら、やるべきはブログ記事タイトルの変更です。

劇的改善!ブログの記事タイトル変更だけでCTR倍増計画



そういう状況を見抜くのに活用できるのがCTRなので、
順位確認だけできるツールを入れても、あまり意味はありません。

何度も言いますが、
(キーワードの)検索順位の確認は、サーチコンソールでもできます。

検索順位チェックツールより先に投資すべきもの

検索順位チェックツールの導入を前向きに検討できる予算があるなら、
以下に投資したほうがブログ作業が快適に・楽しくなります。

  • 設備・環境
  • 有料テーマ
  • ブログ用の(有料)素材

設備・環境

  • 今よりハイスペックなパソコン
  • 作業用チェア
  • その他PCグッズ



さすがにパソコンは予算オーバー必至ですが、
作業用チェアとかPCグッズなら、順位チェックツールの予算内におさまります。

でも処理が遅くてイライラしてるなら、
買ったほうがいいですよ、新しいパソコン。

ぼくもさいしょの2年はポンコツPCで作業してたんですけど、
遅くてストレスがヤバかったです。

起動まで10分以上かかることもザラでした。

そういうイライラがたまると(これはぼく自身の不徳のいたすところが大きいですが)、
家族にもイライラをぶつけるようにもなっちゃうんで、
検索順位チェックツールよりは“はるかに”優先度の高い投資案件ですね。

有料テーマ購入

ブログで何がいちばんむずかしいか知ってます?

「こぴーらいてぃんぐ」

でも

「まーけてぃんぐ(販売)」

でもありません。

ずーかマン

「それは何か?」って?
「つづけること」さ!

ハーッハハハハハ!!!

  • 無料のテーマを理想のデザインにしようとして、カスタマイズにいちいち時間が取られる
  • 今のテーマに満足していない

なら、さっさと気になるテーマ買ってください。

挫折するまえに!!!

デザインが変われば、モチベーション爆上げですよ。

ぼくもこのブログだけで、

無料→旧STORK(18年9月頃)→「STORK19」(21年3月)

と2回テーマを買ってますが、その度にやる気出ました。

挫折気味の人こそ、こういうものに投資してください。

うぉーーー!!!
キタコレーーーー!!!!



ってなりますから。

ブログ用の素材(有料画像)購入

↓こいつら全員有料(1枚換算で400円くらい)です。



ブログテーマが進化して、カスタマイズの知識がない初心者でも、
オシャレなブログがカンタンにつくれるようになったので、

ブログはデザインじゃねぇぜぇ〜?
文章力だろぉ〜がよぉ〜?

とか言ってられないです。

手書きの変なイラストとかやめてください、ホント(笑)

(↑ぼくもさいしょ手書きのイラストをアイコンにしてましたけどね・・・)

いや、それがポリシーならいいんですけどね。

極力費用をおさえるために自分で描いてるんだとしたら、の話です。

検索順位チェックツールを検討する予算で、お気に入りの画像やアイコンをゲットしてください!

まとめ:順位チェックツール導入するかどうか悩むより、どんどん記事追加!

検索順位を上げてくれるものが何かって、

検索順位チェックツール・・・じゃない❌

んですよ。

ずーかマン

「それは何か?」って?
キミの「思考力・分析力」さ!

ハーッハハハハハ!!!



そこを鍛えるまえにツールで自動チェックとか、要りません。

検索順位チェックはサチコでじゅうぶんです。

思考力・分析力を鍛えるために、1記事でも多く記事を追加してくださいな。

ブロガーは書くことで成長しますから。

成長しなきゃお金を取れる文章も書けませんから。

500記事とか1000記事書いて、

さすがのオレ様でも、この量はちょっと管理しきれねぇ〜ぜぇ〜?

ってなったときに、はじめてツール導入を検討するくらいでだいじょうぶです。

その頃にはきっと、専業ブロガーになってますかね?!

ハイ!
だといいですね!

マメな
ずーかま

またおまえか。


とりあえずサーバー代稼げるようになって、収益プラマイゼロにしてください。

以上です。



ではまた!(`・ω・´)ゞ

このブログがおもろかったら
クリックして応援してね☆

↓  ↓  ↓  ↓

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ずーかま
30代社畜。妻子あり。副業ブログで月2万円の不労所得をつくりました。・・・でも、自動収入は捨てました。理由は、「楽しくなかったから」です。売り込みばっかして、ブログを続ける目的を見失っていたからです。なので今は、ブログを楽しみながら、「ブログやってるけどなかなか稼げない人、ブログ始めて間もない人、これからの人」そういう(特にサラリーマンの)ブログ仲間が、月1万の壁を超えられるようになるための情報ダダ漏れで運営しています。