「定年70歳とか、無理なんですけど…」ついに懲役50年へ

ついに懲役50年へ【70歳就業法】どうやって懲役を免れたらよいか? 

懲役40年と揶揄されるサラリーマン。

 

その刑期が10年延長されて、
なんと懲役50年時代に突入しようとしています。

 

というのも、21年4月より、
「70歳就業法」(改正高年齢者雇用安定法)が施行されるからです。

 

本法改正で、
希望する社員を70歳まで継続雇用する“努力義務”が、
企業に課されることに。

 

日本人男性の平均寿命は80歳ちょっとなので、

「人生の6割以上をオフィスという監獄で過ごせ!」

ってなわけです。

 

近年リモートワークが主流になりつつあるので、
同僚とともに雑居房に収監されることはなくなるかもしれません。

 

しかし、会社に雇われているかぎり、
どこにいようと、僕らが居る場所が監獄。

 

リモートワークと言えば聞こえはいいですが、
その実態は「出張型独房」ですね。

 

管理職という看守に見張られながら、
独房で黙々と仕事をすることになります。

 

通勤時間がなくなったのはよろこばしいことですが、

「その分、以前より仕事する時間が増えた」

なんて話も聞きます。

 

舞台をオフィスから自宅にうつしても、誰かの手となり足となり、
あくせく働かなければならない状況に変化はないようです。

(ちなみに僕がつとめている会社は、リモートワークにすらなってないし、
今後もならないそうです。アッハァン)

 

なんにせよ、
懲役50年はツラすぎます。

 

だって定年70歳まで働いたら、残り10年しかないやん(´・ω・`)

 

誰も好きこのんで、
70歳まで服役したいわけじゃないですよね?

 

だがサラリーマンの給料は、安い!

 

刑期延長を、自主的に希望せざるを得なくなるでしよう。

 

「いいやそんなのは許されない。刑期を短縮したい!」

 

とおもいますか?

 

ならば、やるべきことは明らかです。

 

  • 起業(ビジネス)のお勉強をして
  • 副業でコツコツ稼げるようになる

ことです!

 

起業とかビジネスって聞いただけで、
「ウッ・・・」ってなるかもしれません。

 

僕もそうでした。

 

でも、始めてみればなんてことはありません。

 

「良く知らないから、怖気づいてただけなんだ!」

 

そう気づくはずです。

 

高校・専門・大学を卒業して、
はじめて社会・会社の門を叩いたときと、なんら変わりはありません。

 

  • やり方をおぼえて
  • くり返しやってできるようになる

だけです。

 

とはいえ、居るだけで固定給がもらえるサラリーマンと違い、
稼げるまであきらめずにつづけるのはタイヘンです。

 

でも、休みながらでも歩みを止めなければ、
徐々に稼げるようになっていきます。

 

僕も本業のかたわら、
亀ペースながらも前にすすんだ結果、
月1.5〜2万円をコンスタント(4ヶ月継続中)に稼げるようになったからです。

 

きっと親や友人に言ったら、

「1万しか稼げてないの?」

と笑われるでしよう。

 

しかし、組織にたよらず、
自力でさいしょの1万円を稼げない人が、

「ある日とつぜん100万円を稼ぐ」

なんてサクセスストーリーは起こりません。

 

逆に言えば、
さいしょの1万円を稼けるまであきらめなかった人だけが、
10万・100万と売上げを伸ばすことができるのです!

 

あなたが1万円を自力で稼いだとき、僕はそれを、

「なんだ、1万円か」

と笑ったりしません。

 

「1万円も? !スゴイ! ! !」

 

と言います。

 

やった人にしか、そのタイヘンさ、スゴさは、
ゼッタイにわからないからです。

 

「そんなタイヘンなこと、やりたくない!」

 

というなら、それもいいでしよう。

 

ただしその場合、自力で10万・100万を稼げることは、
一生ありません。

 

それこそ、懲役50年まっしぐらです。

 

とはいえ、それが悪いこと、
恥すべきことだとはまったくおもいません。

 

むしろ、毎月決まった収入が得られるのは、

「やっぱ安心だよな〜」

とおもったりもします。

 

でも、ある程度の不安定さ(変化)を受け入れなければ、
年収的な成長がないのも事実です。

 

どのみち、
強制的に釈放される(会社が倒産する・クビになる)可能性もあると考えれば、

「会社にいようが、独立しようが、不安定さはつきもの」

と言えます。

 

だとしたら、
安い固定給をもらいながら「いつクビになるか」とビクビクするより、
高収入を得るためにチャレンジしたほうがいい!

 

そうおもいませんか?

 

どうせ、チャレンジするリスクはゼロなんだし。

 

だって稼げるようになるまで、
会社を辞めなければいいだけですから。

 

えっと、
何をやったらいいか、皆目見当がつかない?

 

だいじょうぶです。

 

ぼくもおなじでした。

 

「副業やってみたいけど、何やったらいいかわっかんねーぞ!」

 

そんな僕を救ってくれたのが、
とある楽ちんなビジネス勉強法でした。

 

なんと通勤中にラジオのように聞き流すだけで、
ビジネスにくわしくなると言うのです。

 

通勤中に英語教材を聞き流しても、
英語はしゃべれるようになりませんでした。

 

でも日本語でビジネスの考え方・知識を聞き流したら、
ビジネスにくわしくなれました。

 

なぜなら日本語だからです。

 

「どんな理屈やねん」

とおもったかもしれませんが、
いやマジで、日本語であるがゆえに、
くり返し聞いたら、いやでも記憶に定着するのです。

 

「それもう聞いたわ!」

ってなったら、知識定着のサイン。

 

そのときあなたは、
どんなに要領が良くて頭の良い同僚よりも、

「稼ぐための地カ」

は上を行ってます。

 

↓そんな“聞くだけ勉強法”についてもっとくわしく!

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

何をしたら?何から始めれば?起業の準備方法を徹底解説

2020年10月13日

 

ではでは(`・ω・´)ゞ

あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です