働き方の6タイプ【明日の起業家?一匹オオカミ?それとも・・・?】

明日の起業家か?一匹狼か?社畜か?あなたの働き方は?

 

業種はなんであれ、
働く人・仕事をする人は、
以下の6タイプに分類することができます。

 

あなたはどのタイプが合うとおもいますか?

 

 

[1] を選んだあなたは、
仕事熱心で、組織に属することを好む、
典型的なサラリーマンタイプです。

 

しかし熱心であるがゆえに、
会社や上司の洗脳を受けやすく、
ややもすれば社畜になってしまいがち。

 

[2] を選んだあなたは、
組織に属することを嫌い、
群れることを嫌い、
同業者から一目置かれたい、
プロフェッショナルタイプです。

 

要は大門未知子 (from ドクターX) タイプの一匹狼。

 

「ご用聞き?いたしません。」
「つるんで仕事?いたしません。」

 

このタイプの人は、
組織に属する働き方はまったく合いません。

 

[3] を選んだあなた、おめでとうございます。
あなたは明日の起業家です。

 

世のなかに貢献する仕事をつくり出し、
社員を雇って、貢献の輪を世間に広めることに、
よろこびを見出すタイプです。

 

そしてこのタイプが、
もっとも大きな収入を得られるポテンシャルを秘めています。

 

[4] を選んだあなたは、
成功への憧れはあまりなく、

「みんなで楽しく仕事ができればいいや」

という楽観的なタイプです。

 

社内で面倒ごとに巻き込まれさえしなければ、
組織で働くことを不満ともおもわないでしょう。

 

[5] を選んだあなたは、
4とおなじく成功への憧れはあまりありませんが、
命令・指図されることを嫌うタイプです。

 

今の仕事が嫌いじゃなかったとしても、
組織に属しているならいずれ不満がつのるので、
早いところ独立したほうがいいでしょう。

 

[6] を選んだあなたは、
ボランティアや慈善事業など、
かけた手間と報酬が見合わなかったとしても、
みんなで1つのことをやり遂げることによろこびを感じるタイプです。

 

以上の6タイプ。

 

どのタイプが良いとか悪いは、
主観でしかないのでここでは論じません。

 

しかし問題となるのは、

[選んだタイプ]

[現在属しているタイプ]

ことなる場合です。

 

その場合、
多大なストレスだけ(・・)を抱え込むことになります。

 

このブログでは主に、

[2(もしくは2よりの5)のタイプ]

を望んでいるけれど、

[現状では不本意ながら別のタイプ(おそらく1でしょう)に属しているあなた]

に読んで欲しい記事をあつかっています。

 

つまり、

 

  • 誰かに指図されたくない
  • あんまり人と関わりたくない
    (好きな人とだけ関わっていたい)
  • 1人でもくもくと仕事がしたい
  • 働く時間を他人に決められたくない
  • もっと自由時間が欲しい
  • あぁ、自由になりたい!!!

 

とおもっている“あなた”のことです!

 

そんなあなたには、
何らかの「新しい発見」があることをお約束します。

 

なぜなら、
僕は [2] の世界に手が架かるところまでは来れたので、
そこまでの道順(考え方)をあなたに教えることができるからです。

 

僕も [2] のタイプを望みながらも、
[1] のタイプに甘んじていた人間でした。

 

[2] の世界なんて、
僕には行けないとおもっていました。

 

ところが、
ひょんなことから [2] の世界へ行く道順が見えました。

 

[2(または5)] の世界は、

「独立し、人を雇わず1人で稼ぐ」

という世界です。

 

なかには、

 

「別に今のままでいい」
「ムリして稼ごうとはおもわない」
「起業を考えたことは一度もない」

 

という意見の人もいるでしょう。

 

でもおそらくそういう人は、
[1か4のタイプ] を望んでいるとおもいます。

 

あなたがもしそうなら、
残念ですが、お別れの時間です。

 

このブログ内の記事を読んでも、
おそらく時間のムダになってしまうだろうからです。

 

ブラウザの「閉じる(×)ボタン」を押して、
あなたが本当に楽しいとおもえることに、
時間をつかってください。

 

 

しかしあなたが、

[2、5] のタイプを望みつつも、
[1、4] のタイプに甘んじている

もしくは、

[1、4] のタイプだとおもってたけど、
本当は [2、5] のタイプかもしれない

というのであれば、
お約束どおり、かならずや何らかの「新しい発見」があります。

 

読みすすめてますか?

 

では、[2か5] のタイプをお望みということですね。

 

 

ということは・・・

 

 

日々ストレス、たまってませんか?

 

  • やりたくもない、おもしろくない仕事を、
    命令だから嫌々やっている。

 

  • 嫌いな人と関わりたくないのに、
    毎日顔を合わせなければいけない。

 

  • 1人で仕事に集中したいのに、
    無視できないメールや電話や相談が入り邪魔される。

 

  • 朝早く起きたくないのに、
    毎朝おなじ時間に鳴るアラームに起こされ、
    眠い目をこすりながら家を出る。

 

  • 1日8時間も働きたくないのに、
    残業なんてしたくないのに、
    誰かの都合や会社のルールのせいで、
    19時過ぎに帰宅するのはあたりまえ。

 

  • ゲームや音楽(楽器)、映画鑑賞、旅行
    どの趣味にもっと打ち込みたいのに、
    家族ともっと過ごしたいのに、
    仕事から解放される日は週に1〜2日しかない。

 

こんな状況が何年もつづいていたら、
ストレスが溜まらないほうがおかしいです!

 

ところがあなたは、
自分にこう言い聞かせているはずです。

「生活(家族)のためだ、仕方がない!」

 

そして、こうもおもっているはずです。

「第2の人生を、早くはじめたい!」

 

だとするなら、

「定年したら・・・」

なんて悠長なことは言ってないで、
不満を解消するための行動を開始すべきです。

 

人生は一度きり。

 

第2の人生をはじめるのを待ってくれるほど、
“時”は僕らにやさしくはありません。

 

津波のように押し寄せ、
浜辺に書いた文字を一瞬でさらうかのごとく、
あっという間に“今”を飲み込んだかとおもったつぎの瞬間、
“過去”に変えてしまいます。

 

ようやく労働から解放されたとき、

「夢見てたセカンドライフやーー!!」

とはならず、

「目の前に写る老人は、いったいだぁれ?」

と、鏡の前で膝ガクブル((((;゚Д゚))))
したくないなら、

 

今後数年のうちにあくせく働くのはやめ、
第2の人生を考えることがないくらい、
ハッピーな人生をおくらなければなりません。

 

そうする権利・能力が、あなたにはあります。

 

「でも、あたらしいことにとり組む時間がない!」

 

そうですよね。

毎日忙しいですもんね。

 

そんな忙しいあなたに必要なのは、

「時間管理」

ではなく・・・

 

答えはコチラにあります

「時間管理」なんてただの詰め込み【やめるかサボれ!】

「時間管理が重要」はウソ!管理すればするほど時間がなくなる

2020年12月11日

 

ではでは(`・ω・´)ゞ


あなたにふさわしいのは、
どちらの人生ですか?

↓↓ 選択肢【A】 ↓↓

↓↓ 選択肢【B】 ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です